ハーツクライ産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る【POG2020-2021】


こんにちは、Lateです。
POGの新シーズン開幕まで約2週間となりました。

出来ればそれまでにこのシリーズを一区切りさせたいのですが…、予定では5本ほど残っているため急ぎ足でまとめていかなければ..!!

中途半端なところで途切れてしまった時は、お察しください(笑)。それでは、今回も次世代の活躍馬を探っていきましょう🎶


ハーツクライ産駒の特徴を予想する


2018年産ハーツクライ産駒は牡馬・牝馬合わせて124頭でした。
そのうちの38頭がノーザンファームの生産馬になります。

ハーツクライ産駒の3歳世代からはサリオス・ワーケア・マイラプソディなどが牡馬クラシック路線へ。牝馬クラシック路線にはクラヴァシュドール・ウーマンズハートなどが乗り、上々の成績を挙げています。POG開幕前からもハーツクライ産駒のラインナップは特に注目されていましたし、期待通りの結果になりましたね。

クラシック制覇の可能性はまだ残していますが、不運なことに牡馬・牝馬ともに強力なライバルが立ちはだかります。しかし、逆転しても不思議ではないくらいの実力を持っている精鋭が揃っています。

今年からデビューする2歳世代の繁殖ラインナップは、昨年ほどではありませんが依然として高水準となっています。産駒の数も100頭⇒124頭に増加していますので、来期もクラシック級の逸材が潜んでいる可能性は高いです。

2歳から活躍できるハーツクライ産駒には、育成の段階で牧場の方や厩舎サイドの評判が良い馬が多いです。早くから馬体の完成度が高い馬が活躍する傾向が強いのかもしれません。サリオス・クラヴァシュドール・ワーケアなどは多くのメディアでも推されていました。今年も評判が良い馬を積極的に狙っていきたいですね。

血統相性はデインヒル系が抜群に良いです(サリオス・ワーケア・シャドウディーヴァ・カテドラルに含まれる)。また、Giant's Causewayなど(クラヴァシュドール・ウーマンズハート)の米スピード血統もプラスに働くと思います。これらの血が入っていればスタミナとスピードを兼ね備えたクラシックタイプになる可能性が高いです。

…簡単に振り返ったところでさっそく2歳世代の注目馬をチェックしていきましょう🎶


特に注目すべきハーツクライ産駒の注目馬8頭


ルナベイル(ピラミマの2018)


ハーツクライ×ピラミマ
(母父:Unbridled's Song)
❑厩舎❑ 藤沢和雄(美浦)
❑馬主❑ シルクレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

まずはハーツクライ産駒の中では世代トップの注目度を誇る藤沢和雄厩舎のルナベイルをピックアップしてみました。厩舎×馬主×生産ラインのどれを取っても文句なしの一頭ですね。

全兄にはG1を2勝、2017年のダービーで2着の活躍を見せたスワーヴリチャードがいます。兄弟は8頭のうち7頭が2勝以上を挙げている優秀な一族です。母であるピラミマは、ハーツクライとの相性が抜群なUnbridled's Songの産駒。全姉エマノンも4勝していますし、ルナベイルも高確率で走ってくるでしょう。

馬体重は480kg前後。藤沢和雄厩舎に入るだけあって育成段階での評価も抜群です。ハーツクライ産駒の武器であるフットワークの大きさに加え、高いスピード能力も兼ね備えているそうで素質の高さが窺えます。1歳上のルナシオンも間違いなく素質の高い逸材でしたので、当馬も早い段階から高水準の走りを見せてくれるはずです👀


クローヴィス(リリサイドの2018)


ハーツクライ×リリサイド
(母父:American Post)
❑厩舎❑ 矢作芳人(栗東)
❑馬主❑ キャロットファーム
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★★

秋以降のデビューを目標にじっくりと調整を進めているのが矢作厩舎のクローヴィス。ドラフト制のPOGでは1位で狙っている方も多いのではないでしょうか。

当馬の魅力はなんといっても史上最強級の名牝リスグラシューの全弟であることでしょう。姉は2歳重賞から活躍し、素質だけでも通用するほどの走りを見せていました。近3年の兄妹は今ひとつですが、リスグラシュー以来のハーツクライ産駒で大きな期待がかかります。

すでに結果が出ているように、母であるリリサイドに一番マッチする種牡馬はLyphardクロスが絶妙に濃くなるハーツクライだと考えています。ですので、全兄弟となれば特に期待値が上がります。

今回は牡馬ということもあり、姉とはタイプが異なる可能性もありますが..完成したらハーツクライの代表産駒になれる可能性も秘めています。矢作師からは"姉と同じで奥手なタイプ"との評価を受けており、POG向きではないかもしれませんが先々がとても楽しみな一頭です✨


グラティアス(マラコスタムブラダの2018)


ハーツクライ×マラコスタムブラダ
(母父:ウォーエンブレム)
❑厩舎❑ 加藤征弘(美浦)
❑馬主❑ スリーエイチレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

育成段階での評判の良さという面では加藤厩舎のグラティアスに注目です。セレクトセールで2億を超える値がついた高額馬ですね。

母であるマラコスタムブラダ(亜G1ホース)が非常に優秀で、2番仔として衝撃のスピード能力で2歳王者となったレシステンシアを輩出しました。ダイワメジャー産駒の代表馬となり得る逸材です。

今回の父はタイプが異なるハーツクライになり、やはり姉とは違う面もあるようです。ですが、長距離向きの落ち着いたタイプとのことで、牡馬クラシック路線への適性が高いかもしれません。東京デビューとのコメントもあり、最近の傾向を顧みればチェックは必須ですね✨


サンデーアーサー(シンハディーパの2018)


ハーツクライ×シンハディーパ
(母父:ウォーエンブレム)
❑厩舎❑ 岡田稲男(栗東)
❑馬主❑ 杉野公彦
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

2019年のセレクトセールで3億に近い値が付いたとても高額なハーツクライ産駒です。岡田厩舎がこれほどの高額良血馬を管理するのは初めてで不安要素もありますが、非常に大きなチャンスではないかと考えています。

母であるシンハディーパは1勝馬。産駒の2頭はともに1勝である成績を見ると、さすがに3億は高すぎるのではないかと思います。しかし、祖母は名牝シンハリーズ、叔母にシンハライトなどで牝系は文句なしに優秀..。半姉のシンハリングも一頓挫ありましたが、オープンまでは行ける器です。

馬体重は470kg前後。ここまでの調整は非常に順調で、4/15にはゲート試験を突破しています。阪神あたりでの早期デビューも視野に入っているかもしれませんね。前向きな気性とバネの利いた走りを武器に値段にも劣らないほどの走りを見せて欲しいですね✨



アンドルディース(ウィキッドリーパーフェクトの2018)


ハーツクライ×ウィキッドリーパーフェクト
(母父:Congrats)
❑厩舎❑ 国枝栄(美浦)
❑馬主❑ サンデーレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

牝馬の仕上げに定評のある国枝厩舎からは純白の馬体が眩しいアンドルディースをピックアップしました。

母であるウィキッドリーパーフェクトは、アルキビアデスS(米G1/ダート1700m)を優勝した実績があります。また、半兄となるハートレーはホープフルS(当時はG2)の勝ち馬で、血統的にも早熟傾向が強くPOG向きな一族です。

ステイゴールド系と配合した兄弟たちは気性が難しく、能力を発揮できない面がありました。アンドルディースに関してはそういった面はなく、むしろ性格は良いそうです。マイルから中距離以降にも対応できる血統ですし、楽しみがありそうな一頭ですよ🎶


レディスキッパーの2018


ハーツクライ×レディスキッパー
(母父:クロフネ)
❑厩舎❑ 矢作芳人(栗東)
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

こちらも成長待ちの段階でデビューは秋以降になる可能性が高いですが、魅力的な血統を持つ注目馬です。

当馬の全姉には2017年のオークスで3着に入ったアドマイヤミヤビがいます。怪我により早い段階で繁殖入りとなってしまいましたが、3歳時にはアエロリットをも凌いだ逸材でした。母にはデインヒルの血も入っていますし、ウインドインハーヘアの牝系というのも心強いです。最近ではルフトシュトロームがこの牝系から台頭してきました。

まだ弱い面があるそうで、POG本でもほとんど取り上げられていない一頭ですが..注目している方は多いはず。特に頓挫している訳ではありませんので、順調にデビューを迎えることができれば素質通りの走りを見せてくれると思いますよ✨


ノワールドゥジェ(プチノワールの2018)


ハーツクライ×プチノワール
(母父:シングスピール)
❑厩舎❑ 宮田敬介(美浦)
❑馬主❑ シルクレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

青毛ファンにはたまらない漆黒の馬体のノワールドゥジェは、新規開業として楽しみな宮田厩舎の期待馬です。

半姉である2歳女王のローブティサージュ(父ウォーエンブレム)は、スプリントからマイルまでの重賞レースで活躍した実力馬です。また、半姉ブランノワールもマイル路線でオープン入りを果たしていますし、スピードに長けた一族であることがわかります。シングスピール×Machiavellianという欧州の血も、東京や阪神で抜群の持続力を発揮してくれるでしょう。

父が長距離向きのハーツクライに変わったノワールドゥジェは、ローブティサージュを彷彿とさせる雰囲気があります。兄妹と同様にマイル付近が主戦場になりそうですが、距離の融通は利くと思います。気性面がネックではありますが、大きい舞台で一発の可能性を秘めた一頭ではないでしょうか👀


カフェブリリアントの2018


ハーツクライ×カフェブリリアント
(母父:ブライアンズタイム)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ タイヘイ牧場
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

最後は穴っぽいところからピックアップしてみました。まだ厩舎や馬主さんなどの細かい情報は判明していませんが、重賞ホースの初仔ということで期待ができる一頭です。

母であるカフェブリリアントは、阪神牝馬S(G2)を優勝した実績があります。その他にもマイル付近の重賞で何度も入着している実力馬ですね。RobertoにCaerleonなど中長距離のタフな決戦に欠かせない血が入っており、1600m~2400mあたりの幅広い距離に対応できると見ています。

いずれ判明するであろう厩舎は、母と馬主さんが同じであれば堀厩舎になる可能性が高いのですが..情報が少ないです。タイヘイ牧場としては縁があるエース級の血統で楽しみな反面、初仔でギャンブル要素は強いですが穴として意外性のある一頭ですよ🎶






…以上、ハーツクライ産駒の注目馬たちでした。
残念ながら今回は紹介しきれなかった候補馬は以下の通りです。

🏇グレアリングアイ(ゲート試験合格済み、叔父にアルバートドック[重賞2勝])
🏇ミッキーセレスタ(母は米G1ホース)
🏇リリーブライト(母は異なるもののリスグラシューと同血)
🏇バディーラの2018(半兄にダノンプラチナ[朝日杯フューチュリティS1着])

まだまだ伏兵が潜んでいると思いますので、
よかったらご自身で探してみてくださいね。


ハーツクライ産駒の活躍馬を予想してみる。


◎クローヴィス
○ルナベイル

今期は奥手なタイプが多く、早期デビュー予定馬が少ない印象を抱きました。もともと晩成傾向ですし、ノーザンファームなどは育成の優先度を下げている可能性がありますね。

本命にはリスグラシューの全弟にあたるクローヴィスを選びました。デビューは遅めになるのですが、それをカバーできるだけの素質があると考えています。馬格も十分で均整の取れた好馬体、もう一発ありそうな好配合を高く評価しました。

対抗にはこちらも人気どころでルナベイルを選びました。ハーツクライ×母父Unbridled's Songの配合は安心感があります。全兄のスワーヴリチャードで実績は文句なし、勝ち上がりにはまず困らないタイプで堅実にポイントを稼いでくれることを期待しています。






今回はここまでになります。
気になる一頭は見つかりましたか?

ディープインパクト産駒もそうでしたが、来期はハーツクライ産駒も成績は下降すると思っています(今期の出来が良すぎましたね💦)。

それではどの種牡馬が代わりに上昇するのか..そこで、次回は個人的に豊作世代であると考えているロードカナロア産駒を取り上げます。お楽しみに!


Thank you for Reading!!
Written by Late ☘
関連記事

コメント

コメント(4)
お疲れ様です。ハーツ産駒の分析、ちょっと楽しみにしておりました、が
自分でもリストアップしていた牝馬二頭以外だと、迂闊にもその存在に気づかなかった矢作先生のところのレディスキッパー18が万全で出てきたらちょっと怖いかな?……総じて今年のハーツは難しいかもしれませんね

酔夢

2020/05/23 04:12 URL 編集返信
残り5本と言う事は
カナロア・キンカメ・ルーラー・ダメジャー・オルフェ
でしょうかね?意表を突いてブラックタイド産駒かもしれませんが(笑)。
現2歳のハーツ産駒は魅力血統が一線級じゃない厩舎に預託されたりと特に牡馬は取捨選択が難解なイメージです。
そんな中でも私のイチオシはノースヒルズのヴィヴァン♂です。
初仔ながら母馬はノーザンダンサー、ロベルト、ミスプロのクロス持ちで底力を引き出してくれそうです。
コントレイルに続いて欲しいと願っていますが、去年の私のイチオシはスワーヴカエサル(フーハイナの2017)とシルヴェリオだったので信用ならないかもです(笑)

G2大関

2020/05/23 09:06 URL 編集返信
Late
➥酔夢さん

今年のハーツはマークを薄めにしても大丈夫な予感がします(笑)。思わぬラインから大物が出てきたりもするかもしれませんが..。レディスキッパーの2018はもっと情報が出て欲しいところです..!

Late

2020/05/24 00:57 URL 編集返信
Late
➥G2大関

素晴らしい予想です!(笑)
今年のPOGは特に難易度が高いですよね。
ヴィヴァン..!池江厩舎×ノースヒルズはアブレイズが出ましたし面白いかもしれませんね。注目しておきます(^^)

Late

2020/05/24 01:02 URL 編集返信
コメント投稿

検索フォーム

最新記事

Information
Lateのドラフト指名馬を紹介します【POG番外編】
【POG】早期デビューの注目2歳馬リスト!開幕直前の最終チェックに★【Part3】
【POG】早期デビューの注目2歳馬リスト!開幕直前の最終チェックに☆【Part2】
キングカメハメハ産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る【POG2020-2021】
【POG】早期デビューの注目2歳馬リスト!開幕直前の最終チェックに★【Part1】
ロードカナロア産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る【POG2020-2021】

MESSAGE FORM

管理人への連絡はこちらから(:D

名前:
本文:


プライバシーポリシーと免責事項
当サイトはリンクフリーです🐎

thank you 250,000acs!!

最近の人気記事