ディープインパクト産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る(牡馬編)【POG2020-2021】


こんにちは、Lateです。
5月も折り返し地点。ザッツPOGが発売されるとそろそろだな~と新シーズンの到来を感じます。

私は指名リストはほとんど埋まっているのですが、例年の傾向的にここからどれだけ入れ替わるか想像ができません…(笑)。直前まで追い切りなどを見て、じっくり判断していきたいところです。

さて、今回はPOGの主軸となるディープインパクト産駒を取り上げていきます。この産駒はほとんどが注目馬になるので、厳選が本当に難しいです。そんな中でどの馬をピックアップしたか…ぜひ最後までご覧ください(^^)


ディープインパクト産駒の特徴を予想する


2018年産ディープインパクト産駒の牡馬は全部で65頭でした。
そのうちの19頭がノーザンファームの生産馬になります。

多くの新種牡馬が台頭しても衰えを知らないディープインパクト産駒。POG2019-2020シーズンも堂々とリーディングトップをキープしています。

さらに、クラシック制覇を期待されるコントレイルの誕生も衝撃的でしたね。アベレージも非常に高く、種牡馬としてのポテンシャルは引き続き抜けているでしょう。

ディープインパクト牡馬の簡単な狙い目として、海外G1ホースとの配合馬が挙げられます。サトノフラッグ、サトノインプレッサ、アルジャンナ、アドマイヤビルゴ..など素質は必然的に高くなるため、狙いを絞りやすいです。また、馬体重は480kg前後あればクラシックを戦い抜ける下地が整っている可能性が高くなります。

一方でコントレイルの母は国内で未勝利。母父Unbridled's Songと4代に含まれるStorm Catの爆発力に注目していないと指名できなかったと思います。コントレイルのような馬を狙うのであれば、母の実績だけでなく配合面にも目を向けていかなければなりませんね。

ディープインパクトはすでにこの世を去り、新たにデビューを迎える産駒は当世代を含めて残り3世代となりました。体調の悪化により例年よりも種付け数が減ってしまっています。POGで指名できるチャンスは残りわずかですので、確実に狙いを定めていきましょう🏇


特に注目すべきディープインパクト産駒の牡馬8頭!!


アークライト(ヒストリックスターの2018)


ディープインパクト×ヒストリックスター
(母父:ファルブラヴ)
❑厩舎❑ 藤沢和雄(美浦)
❑馬主❑ キャロットファーム
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★★

まずはメディアからの評価が間違いなくトップクラスのアークライトを紹介します。確実にドラフト1位で消えてしまうであろう藤沢和雄厩舎のディープインパクト産駒です👀

当馬について一番に特筆すべき点はやはり全姉が桜花賞馬のハープスターであること。衝撃的な末脚を繰り広げたあのレースは伝説級の評価を受けていますよね。そして、母×ディープの仔はハープスター以来となりますので、久々の一発を期待している方も多いのではないでしょうか。

この手の良血馬は人気先行型が多い印象ですが、アークライトに関しては陣営からの評価も高く信頼度は極めて高いように感じます。馬体から放たれている大物感も2歳馬離れしている雰囲気がひしひしと伝わってきます。

すでにゲート試験を合格済みで、デビュー予定も6/21の東京・芝1600mと発表されました。このまま順調であれば初戦は圧倒的1番人気が予想され、この時点では勝負になる相手がまず見当たらない気がします。どこまで突き進めるか楽しみな逸材ですよ✨


ランドオブリバティ(ドバウィハイツの2018)


ディープインパクト×ドバウィハイツ
(母父:Dubawi)
❑厩舎❑ 鹿戸雄一(美浦)
❑馬主❑ 吉田照哉
❑生産❑ 社台ファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

社台ファームのディープインパクト産駒は敬遠されがちですが、血統の良さは間違いないため私は狙い目だと考えています。サトノインプレッサやデゼルなど楽しみな存在が出てきていますからね。

ランドオブリバティはそんな社台ファームの中でトップクラスの評価を受けています。母であるドバウィハイツが米G1ホースで、半姉のリバティハイツが重賞勝ちを果たしていますので素質の高さにも納得ができます。馬体重も470kgで、もう一声馬格が欲しかった血統としてはベストな数値です。

個人的にDubawiは、持続力に優れていて東京向きな血統であると評価しています。やや晩成型であると思いますが、すでにゲート試験に合格しており始動の早さを見込めます。そこまで目立つタイプではないので、大人数のPOGでドラフト2位あたりで獲れるならかなりお得ではないでしょうか🎶


レアリサンド(ドリームオブジェニーの2018)


ディープインパクト×ドリームオブジェニー
(母父:Pivotal)
❑厩舎❑ 高野友和(栗東)
❑馬主❑ ターフ・スポート
❑生産❑ 谷川牧場
❑Lateの期待度❑ ★★★★★

非社台系からもクラシックを狙える素質があるディープインパクト産駒は多いです。その中でも注目なのが谷川牧場生産のレアリサンド。

全姉には少し前にPOG界を盛り上げたファンディーナがいます。デビューからG3までを3連勝、無敗で挑んだ皐月賞は牝馬にも関わらず1番人気の支持を集めた逸材です。無理のないローテーションであったらG1を獲れていた..と今でも思っています。

新馬戦から大物感のある走りをできる一族は数が少なく貴重な存在です。兄妹たちは馬格が雄大すぎましたが、レアリサンドは500kg前後で完璧なサイズ感に出ました。すでに入厩の話も出ているようですし、この血統にはもう一度ワクワクさせて欲しいですね(^^)


レッドジェネシス(リュズキナの2018)


ディープインパクト×リュズキナ
(母父:Storm Cat)
❑厩舎❑ 友道康夫(栗東)
❑馬主❑ 東京ホースレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

ここ最近は記憶が薄れてきていますが、ディープインパクト産駒といえば母父Storm Catとの配合がニックスとして有名です。3歳世代は今ひとつでしたが、まだ活躍馬が出てきそうな配合です。

友道厩舎のレッドジェネシスは、配合面で期待ができる一頭になります。祖母にはサドラーの血も含まれており、新たな一面も見ることができそうなのも魅力です。ただ、母系から活躍馬が出ていない(日本で出走していない)のが不安点ではありますね。

日刊競馬POGでの指名者数は10位。陣営の評価と配合の信頼度の高さが窺えます。レッドジェネシスは父にとても似ているそうで、THE・ディープという感じの走りを見せくれることが期待できます。デビューは順調であれば6月の阪神とのこと。厩舎も心強いですし、POGでは狙いやすい一頭ではないでしょうか🎶



シャフリヤール(ドバイマジェスティの2018)


ディープインパクト×ドバイマジェスティ
(母父:Essence of Dubai)
❑厩舎❑ 藤原英昭(栗東)
❑馬主❑ サンデーレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

サンデーレーシング×ノーザンファームの鉄板ラインからは、皐月賞馬アルアインの全弟にあたるシャフリヤールをピックアップしました。馬体重は440kg前後とやや小さめですが、一発タイプの血統ですから要注目ですね。

母であるドバイマジェスティは、これまで様々なタイプの仔を出しています。アルアインは良い意味でディープらしさが薄いですし、ヒメノカリスはディープインパクト産駒らしい瞬発力タイプです。牡馬に出るとパワーが先行するイメージですが、シャフリヤールは瞬発力タイプの香りを漂わせるコメントが多い印象でした。馬体重的にもアルアインとはタイプが異なる可能性が高いですね。

馬体はもう一声欲しいところですが、血統の良さはお墨付き。レースではディープ産駒らしい末脚の決め手が弾けてくれるでしょう。現在は比較的ゆっくりとした調整が進められておりデビューは秋以降になることが予想されます。血統だけでも指名を検討する価値はある一頭ですよ✨


メルカデオ(ワッツダチャンセズの2018)


ディープインパクト×ワッツダチャンセズ
(母父:Diamond Green)
❑厩舎❑ 中内田充(栗東)
❑馬主❑ G1レーシング
❑生産❑ 追分ファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★★

漆黒で雄大なスケールの馬体が圧巻のメルカデオ。関係者からの評価もトップクラスですが、個人的にもG1レーシングさんの世代一番馬はこの馬だと思っています👀

全姉であるロッタチャンセズも注目馬ではありましたが、馬体重が390kg前後という点でノーマークにしていました。しかし、デビューは2月と遅れたものの、新馬戦ではいきなり勝利を掴み取った点に素質の高さを感じました。母ワッツダチャンセズは米G1ホースですし、馬格がベストで牡馬となると..かなり良いところまで辿り着ける器があるのではないでしょうか。

私は馬体診断があまり得意ではありませんが、ひと世代で2~3頭ほど馬体からただならぬ風格を感じることがあります(今期はデゼルなど)。今年はメルカデオがその一頭で、感覚的な要素が強いですがとても楽しみにしています。阪神または東京の中距離前後で素晴らしい走りを見せてくれることに期待しましょう🎶


サトノスカイターフ(シーヴの2018)


ディープインパクト×シーヴ
(母父:Mineshaft)
❑厩舎❑ 池江泰寿(栗東)
❑馬主❑ サトミホースカンパニー
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

毎年のようにクラシックへ所有馬を送り出している里見オーナー、今年はサトノフラッグがクラシック路線に乗りました。次世代の牡馬筆頭格として期待されるのがサトノスカイターフです。

母であるシーヴは、初仔としてケンタッキーオークス馬のCathryn Sophia(父Street Boss)を輩出しました。産駒が日本で走り始めたのは1歳上のシャリーアルマリカ(父Street Boss)から。いかにも米血統な高いスピード能力を秘めています。

母系にSeattle Slew、Unbridled、Secretariatが含まれている点はコントレイルと共通しています。兄妹たちとはタイプが変わり芝のクラシック向きとなる可能性が高いでしょう。9月の阪神あたりにデビューの焦点を当てているようで、順調にいけば王道路線を歩んでくれる一頭ではないでしょうか✨


ヨーホーレイク(クロウキャニオンの2018)


ディープインパクト×クロウキャニオン
(母父:フレンチデピュティ)
❑厩舎❑ 友道康夫(栗東)
❑馬主❑ 金子真人ホールディングス
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

高齢ということもありそろそろ厳しいかな…と、ここ2年は指名候補から外していたクロウキャニオン一族。しかし、3歳世代はストーンリッジがきさらぎ賞で2着などの活躍を見せ、この一族の安定感を再認識させられました。

そして、12番仔となるヨーホーレイクは"兄妹の中で一番の出来"とも。カミノタサハラなどを差し置いて一番となると、どれだけの素質があるのか期待せずにはいられません。友道師は当馬をマカヒキのようなタイプと評価していますので、当然クラシック路線を目指すことになるのでしょう。

安定してオープンまでは行ける血統で、その先はどこまで通用するかが課題になります。ゲート試験にはすでに合格済みで、早い始動も見込めます。堅実にポイントを稼いでくれて一発にも期待ができるため、POG初心者の方にもおすすめできる一頭ですよ☀






…以上、ディープインパクト産駒の注目馬(牡馬)たちでした。
残念ながら今回は紹介しきれなかった候補馬は以下の通りです..!!

🏇レッドベルオーブ(全兄にレッドベルジュール&ゲート試験合格済み、堅実派にオススメの一頭✨)
🏇ザレストノーウェア(セレクト約4億の良血馬&半姉にミッキークイーン)
🏇シテフローラル(半兄にサトノクラウン&全兄フィリオアレグロが活躍中👀)
🏇ガルフォート(叔母にシンハライト&小柄ながらもすでに動きは抜群)

まだまだ伏兵が潜んでいると思いますので、
よかったらご自身で探してみてくださいね。


ディープインパクト産駒(牡馬)の活躍馬を予想してみる。


◎レアリサンド
○メルカデオ

ディープ産駒の2歳馬を見渡してみて、率直にいうと例年よりも魅力に欠ける印象を受けました(期待値の基準が高いせいもあり)。モーリスやドゥラメンテなどに良い繁殖が取られていることも大きいかと思います。ですので、選択したのは思い切ってスケールを感じた2頭のみです。

本命はファンディーナの全弟にあたるレアリサンドにしました。馬体の雰囲気、血統、調整の順調さなどどれを取っても兄妹の中で一番の資質があります。これはクラシックに乗せないといけない逸材だと見ています✨

対抗としては風格十分なメルカデオを評価しました。見慣れない母父Diamond Greenが未知数ではありますが、長めの距離が合う母系で一撃の可能性を秘めています。ぜひともダービーを見据えて欲しい一頭です。






今回はここまでになります。
気になる一頭は見つかりましたか?

だんだんと頭数は減ってきていますが、それでも良い馬が多くて厳選に苦労したディープインパクト産駒たち。POGで指名できるのも残りわずかですし、多少マイナス要素があったとしても獲っておきたいですね。


次回は牝馬編をお届けします☀
Thank you for Reading!!
Written by Late ☘
関連記事

コメント

コメント(2)
流石のディープ産駒
いつも楽しみに拝読致しております。
今回はレアリサンドとメルカデオを高評価されてらっしゃるんですね。
レアリサンドはファンディーナ以来のディープ産駒となれば、いやが上にも期待は高まりますよね。
ただ、高野厩舎のクラシックと言えば先のファンディーナを始めアウィルアウェイ等牝馬のイメージが強い点は気掛かりですが。
個人的にはアークライト、レッドジェネシスをドラフト指名予定です。
次回更新も楽しみにしております。

G2大関

2020/05/15 23:23 URL 編集返信
Late
➥G2大関さん

ありがとうございます(^^)
レアリサンドは確かに厩舎の不安はありますね。余裕を持ったローテーションでレースを使ってくれると思いたいです。
アークライトとレッドジェネシス、競合になりそうですがどちらも獲得できると良いですね✨

Late

2020/05/17 00:05 URL 編集返信
コメント投稿

検索フォーム

最新記事

Information
【POG】早期デビューの注目2歳馬リスト!開幕直前の最終チェックに★【Part1】
ロードカナロア産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る【POG2020-2021】
ハーツクライ産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る【POG2020-2021】
ディープインパクト産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る(牝馬編)【POG2020-2021】
ディープインパクト産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る(牡馬編)【POG2020-2021】
ドゥラメンテ産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る(牝馬編)【POG2020-2021】

MESSAGE FORM

管理人への連絡はこちらから(:D

名前:
本文:


プライバシーポリシーと免責事項
当サイトはリンクフリーです🐎

thank you 250,000acs!!

最近の人気記事