キズナ産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る(牡馬編)【POG2020-2021】

お久しぶりです。Lateです☘
しばらくブログほったらかし状態でごめんなさい..!!
また空き時間にゆったりと更新していけたらと思います。
(週に2本~を目標に..)

さて、次期POGのスタートまで残り2か月を切っていますので、今回から2歳注目馬ピックアップシリーズをやや急ぎ足で投稿していきたいと思います。

最初に取り上げるのはキズナ産駒。現3歳世代が初年度産駒でオープンでも大活躍中ですよね!ここまで奮闘してくるとは私も予想できませんでした。間違いなく来期のPOGからは人気となる種牡馬ですので、しっかりと抑えておきたいですね✨

2017年産 キズナ産駒の活躍馬を振り返る


現3歳世代のキズナ産駒(牡馬)は全90頭でした。
その中で13頭が1000万ptを超えています。(4/15時点)

オープンクラス以上で勝ちを収めたのは..

・クリスタルブラック(京成杯)
・ビアンフェ(函館2歳ステークス)
・キメラヴェリテ(北海道2歳優駿)
・ケヴィン(若駒ステークス)

…そこまで繁殖牝馬に恵まれていなかったイメージでこれはとても優秀だと感じます。短距離からクラシック路線まで幅広く対応が可能で、母の良さを高水準にして引き出すことができる特徴が大きな武器でしょう。

また、非社台系生産馬が非常に多いのにも関わらず、全体的な獲得賞金アベレージも非常に高いです。POGでは指名まではいかなくとも、数頭は指名リストにしっかりと抑えておきたいところですね。それでは、次世代キズナ産駒の注目馬をチェックしていきましょう✨

特に注目したいキズナ産駒 厳選7頭!!


トーセンアラン(アドマイヤキラメキの2018)


キズナ×アドマイヤキラメキ
(母父:エンドスウィープ)
❑厩舎❑ 池江泰寿(栗東)
❑馬主❑ 島川隆哉
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

セレクト億超えのクラシック候補

(4/18 追加)
こちらはセレクトセールにてキズナ産駒としては破格の1億4,040万円で落札された一頭です。夏前の入厩を予定していることもあり、ドラフト1位指名候補として狙っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

母父にはフォーティナイナー系のエンドスウィープ。キズナ産駒は母にダート寄りなミスプロ系の血が濃いめに入っていると、末脚の粘り強さに繋がり好印象があります。

兄妹には海外G1で2勝を挙げたトーセンスターダム、その他にネオスターダム・センテリュオなど2頭の4勝馬がいますね。センテリュオは重賞入着経験がないものの、エリザベス女王杯では4着に入るほどの実力馬です。

祖母はトーセンジョーダン・トーセンホマレボシと2頭の重賞ホースを出していますし、母系全体のレベルの高さはかなりのもの。産まれたのが5月と遅めなのが気になるところではありますが、それくらいの出遅れはリカバーできるだけの素質を秘めていそうですね。全く走らないというケースは想像できないため、POGに向いている一頭だと思います✨

アシュラム(カメリアローズⅡ2018)


キズナ×カメリアローズⅡ
(母父:Oratorio)
❑厩舎❑ 藤沢和雄(美浦)
❑馬主❑ フクキタル
❑生産❑ パカパカファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★★

*藤沢和雄厩舎のキズナ産駒というだけで魅力あり*


ディープブリランテを輩出したパカパカファーム生産のキズナ産駒。そして、藤沢和雄調教師が預かる最初で最後のキズナ産駒になりそうな一頭です。

母系にはこれといった活躍馬は見当たらないものの、母父にはワーケアと同じOratorioで2歳戦からの活躍が期待できます。その他にもGalileo,Shirley Heightsなどスタミナの必要な馬場を得意とする血が集まり、クラシック路線に焦点が向きそうな雰囲気がありますね。

兄弟は浜田厩舎⇒野中厩舎⇒池添兼雄厩舎ときて、アシュラムは藤沢和雄厩舎へ。馬体の出来がとても良かったんだと思いますね。順調に行けば大舞台で活躍できる素材でしょう。

ローウェル(アンティフォナの2018)


キズナ×アンティフォナ
(母父:Songandaprayer)
❑厩舎❑ 斉藤崇史(栗東)
❑馬主❑ シルクレーシング
❑生産❑ 社台コーポレーション白老ファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

*堅実派にオススメな高水準スピード血統*


こちらはPOGでも指名リストに入れる方が多くなりそうなキズナ産駒ですね。母であるアンティフォナは、4番仔としてラウダシオン(父:リアルインパクト)を輩出。短距離重賞などで功績を挙げ、すでに6000万ポイントを稼ぐ活躍ぶりを見せています。

半兄にあたるアンブロジオ(父:ローズキングダム)も短距離スピード型で、期間内に2勝+ファルコンSで4着などの活躍。どんな父でも対応してくれる優秀な母であることがわかりますね。父がキズナであれば1800mあたりまで対応してくれそうな雰囲気もあります。

ローウェルのここまでの調整過程は非常に順調だそうで、早期移動が視野に入っているコメントも見かけます。しっかりと安定感のある血筋ですので、これは指名リストに入れておきたい一頭ですよ✨

バスラットレオン(バスラットアマルの2018)


キズナ×バスラットアマル
(母父:New Approach)
❑厩舎❑ 矢作芳人(栗東)
❑馬主❑ 広尾レース
❑生産❑ 三嶋牧場
❑Lateの期待度❑ ★★☆☆☆

*血統の奥が深く見逃せない一頭*


まず、矢作厩舎のキズナ産駒ということで目が離せない一頭になります。母は未出走ですが、日本の馬場と相性が良いNew Approachの産駒で面白みがあります。

また、叔母にあたるシリアスアティチュードは愛G1を2勝しており、母としても重賞3勝を挙げているスティッフェリオを輩出。母系はなかなか雄大なスケールを秘めていますね。馬格がしっかりとしているタイプで、血統からも芝・ダート両用で条件を問わない走りに期待ができそうです。

テイクバイストーム(マザーウェルの2018)


キズナ×マザーウェル
(母父:シンボリクリスエス)
❑厩舎❑ 武幸四郎(栗東)
❑馬主❑ 前田幸治
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

*騎手起用に期待ができる速攻型*


こちらは3月時点で入厩済みで早期デビューに期待できるキズナ産駒。武豊騎手の起用も期待できそうなラインであることも魅力的なポイントになります。

Roberto系のシンボリクリスエスを母父に持ち、マイル王者のシンコウラブリイが祖母に入る抜群な配合。母系からはロードマイウェイやムイトオブリガードなど重賞活躍馬が続々と出ており、半兄にあたるタイセイトレイルもアルゼンチン共和国杯(G2)で2着の実績があります。

この優秀な母系で父がキズナとなると当然期待は大きくなりますし、兄弟である5頭中の3頭が3勝以上を挙げている点も評価できます。指名リスト入りの可能性は十分にあるのではないでしょうか✨

グランスエーニョ(ポルケテスエーニョの2018)


キズナ×ポルケテスエーニョ
(母父:Medaglia d'Oro)
❑厩舎❑ 宮田敬介(美浦)
❑馬主❑ DMMドリームクラブ
❑生産❑ ノーザンファーム
❑Lateの期待度❑ ★★☆☆☆

*"ポスト国枝"候補が育て上げる優良母系*


ノーザンファーム出身の新鋭・宮田敬介厩舎から活躍が期待される一頭ですね。祖母であるミスエーニョは、デビュタントS(G1・ダート1400m)を制覇した実績を持つ活躍馬になります。

ミスエーニョは母として2016年のファンタジーS(G3)勝ち馬であるミスエルテを輩出。ヘネシーを経由してStorm Catの血も含んでおり、キズナとの3×5クロスが成立しています。母父はサドラー系のMedaglia d'Oro。そのせいか500kgを超えるパワフルな馬格を受け継いでいるようです。バランス良くスピード能力を発揮できるならば面白い一頭ではないでしょうか。

レガーメダモーレ(ヒカルアモーレの2018)


キズナ×ヒカルアモーレ
(母父:クロフネ)
❑厩舎❑ 萩原清(美浦)
❑馬主❑ キャロットファーム
❑生産❑ 社台コーポレーション白老ファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

*長距離で期待できるスタミナ配合*


半兄には日経新春杯で3着の実績のあるシュペルミエール、叔父母にはアーデント・シャルールなど中長距離で活躍できるグレイトフィーヴァーの母系。

兄弟達がそうであるように、母父クロフネの脚のズブさと粘り強さが大きな特徴になります。レガーメダモーレの馬体重は540kgとやはり重量級ですが、それほど重さは感じられず芝でも対応ができる雰囲気がありますね。5月生まれということもあり、POGで指名するには向いていないかもしれませんが..かなりの将来性と奥の深さを感じる一頭です。

覚えておきたいキズナ産駒 4頭!!


レプンカムイ(ローレルアンジュの2018)


キズナ×ローレルアンジュ
(母父:パラダイスクリーク)
❑厩舎❑ 橋口慎介(栗東)
❑馬主❑ 前田葉子
❑生産❑ 村上幹夫
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

ノースヒルズと関わりの深い橋口厩舎のキズナ産駒。母であるローレルアンジュは1999年産まれで高齢になりますが、ダート重賞のエンプレス杯(G2)を制覇した実績がある5勝馬です。

その4番仔として誕生したキョウエイギア(父:ディープスカイ)は、2016年のジャパンダートダービー馬になるほどの実力馬でした。半兄であるツクバローレルもPOG期間に2勝していますし、父がキズナに変わったことで芝でも新たな一面を見ることができそうですよ。

ヴィゴーレ(ヴァイセフラウの2018)


キズナ×ヴァイセフラウ
(母父:キングカメハメハ)
❑厩舎❑ 松永幹夫(栗東)
❑馬主❑ ノースヒルズ
❑生産❑ ノースヒルズ
❑Lateの期待度❑ ★★★☆☆

ノースヒルズ生産のキズナ産駒からはすでにビアンフェ・アブレイズ・キメラヴェリテなどの重賞ホースが登場。当馬の母は重賞を4勝した実績を持つヒットザターゲットと同血になります。

ヴィゴーレの母母父には葦毛の名馬タマモクロスの血が入っており、芝の長距離路線で強さを発揮するスタミナが引き継がれている可能性が高いことからクラシック適正も感じさせます。

預託先である松永幹夫厩舎はここ数年でラッキーライラックやリオンリオンなどをクラシックに送り出すなど上昇中。それに加えてノースヒルズとのコンビとなれば期待値はさらに高まる一頭ですね。

サステナブル(ベネラの2018)


キズナ×ベネラ
(母父:フォーティナイナー)
❑厩舎❑ 長谷川浩(栗東)
❑馬主❑ ノースヒルズ
❑生産❑ 武田牧場
❑Lateの期待度❑ ★☆✩✩☆

北海道セプテンバーセールにて2,062万円で落札されたキズナ産駒になります。兄妹は4頭おり、計6勝を挙げるハイアベレージ型の血統です。

この勝利はいずれもダートのもの。母父がフォーティナイナー、叔父にサウスヴィグラスなどの要素からもダート路線での活躍を予感させます。長谷川浩厩舎は同産駒のケヴィンを出していますから、これまたマークしておきたい一頭です。

マイネルワンチーム(ネヴァーフェイドの2018)


キズナ×ネヴァーフェイド
(母父:ステイゴールド)
❑厩舎❑ 相沢郁(美浦)
❑馬主❑ サラブレッドクラブ・ラフィアン
❑生産❑ 前田ファーム
❑Lateの期待度❑ ★★★★☆

兄弟である3頭はいずれも未勝利なのですが、どこか一発がありそうな予感がするのはキズナ産駒×相沢厩舎だからでしょうか。

生産はまだ活躍馬と言えるほどの素材が少ない前田ファーム。しかし、馬体や歩様などを評価する"軽種馬1歳馬育成管理品評会"では、牡馬の部で最優秀賞を受賞しているんです。…やっぱり光るものがありそうな一頭ですね。





…以上、キズナ産駒の注目馬(牡馬)たちでした。
残念ながら今回は紹介しきれなかった候補馬たちは以下の通りです..!!

・リアンデュソン(ラックビーアレディトゥナイトの2018)
・ネビーイーム(ヴェルヴェットクイーンの2018)
・ウインクリアビューの2018
・イフティファール

まだまだ伏兵が潜んでいると思いますので、
よかったらご自身で探してみてくださいね。

キズナ産駒(牡馬)の活躍馬を予想してみる。


◎アシュラム(カメリアローズⅡの2018)
○ローウェル(アンティフォナの2018)
★マイネルワンチーム(ネヴァーフェイドの2018)

本命は藤沢和雄厩舎のアシュラムにしました。兄妹たちの活躍は今ひとつですが、クラシック向きの血統かつ名門厩舎という点が大きな魅力です。気性面もまったく問題がないことや、フクキタル陣営さんからクラシックを見据えた期待度の高いコメントが出ていたり。…こちらは個人的にドラフトの中位指名を狙いに行くと思います🎶

次点でNHKマイルC路線向きのローウェル。半兄のラウダシオンが速攻型でとにかく優秀でしたからね。POG期間内に高確率でポイントを稼いでくれそうですし、これは指名リストに入れておいて損はないでしょう。兄妹と同じような活躍をイメージできる一頭です。

大穴には個人的に熱めな相沢厩舎のマイネルワンチーム。こちらは言葉では表せない"何か"を感じる一頭です。…なんでしょうね?(笑) キズナ産駒ってこのような何とも言えないラインや血統から一発が出ている気がします。それに、何事においても直感って意外と大切だったりしますよね✨





結構なボリュームになりましたが、いかがでしたか?
しばらくはこんな雰囲気で記事を書いていこうと思っています。
もし気に入っていただければ、引き続き読んでくださると嬉しいです(^^)


牝馬編に続きます ➸➸
Thank you for Reading!!
Written by Late ☘
関連記事

コメント

コメント(2)
今年も楽しみ
昨年、仲間内でやっているPOG指名馬の参考にさせて頂きました。
今年も楽しみにしております。

-

2020/04/17 12:04 URL 編集返信
Late
励みになります。
コメントありがとうございます(^^)
まさか参考にしてもらえているとは嬉しい限りです。
期待に応えられるような記事を書けるように頑張りますね!!

Late

2020/04/17 18:45 URL 編集返信
コメント投稿

検索フォーム

最新記事

Information
Lateのドラフト指名馬を紹介します【POG番外編】
【POG】早期デビューの注目2歳馬リスト!開幕直前の最終チェックに★【Part3】
【POG】早期デビューの注目2歳馬リスト!開幕直前の最終チェックに☆【Part2】
キングカメハメハ産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る【POG2020-2021】
【POG】早期デビューの注目2歳馬リスト!開幕直前の最終チェックに★【Part1】
ロードカナロア産駒の注目2歳馬から活躍馬を探る【POG2020-2021】

MESSAGE FORM

管理人への連絡はこちらから(:D

名前:
本文:


プライバシーポリシーと免責事項
当サイトはリンクフリーです🐎

最近の人気記事