2歳勝ち馬評価と今週の一等星【10月編・POG2019-2020世代】

-
Late
こちらのページではPOG2019-2020デビュー世代を対象とした新馬戦と未勝利戦の勝ち馬を全頭評価しています。また、各週のMVPに相応しい一頭をピックアップしてコメントを付けています。更新は基本的に毎週月曜日になります。評価については完全に管理人の主観になりますので、たとえ低い評価であっても悲観せずに楽しんで見てもらえれば幸いです!

※ここ最近では多忙のため更新できない週があると思いますが、勝ち馬評価表の方は毎週更新できるように努力します!

勝ち馬の評価基準について


S+:怪物!クラシック制覇レベル!!
S:重賞制覇級・クラシックの有力候補へ!!
A:重賞を勝てる素質は充分に秘めている!!
B+:高評価!重賞でも上位に来れる素質あり!!
B:成長次第ではオープンレベルのレースでも!!
C+:期間内2勝レベル!!
C:メンバーに恵まれれば期間内に2勝レベル!!
D:2勝目はやや遠い…??

2歳勝ち馬評価(2019年10月)




今週の一等星(10月1週目)


🌟ディアスティマ(スウィートリーズンの2017)


当週に開催されたサウジアラビアRCではA+評価のサリオスが評価に違わぬ走りで重賞初勝利を挙げました。2着馬のクラヴァシュドールも牝馬らしからぬ根性があったのですが、やはりサリオスの格が一段階上であると感じさせられましたね。どちらもクラシック路線を盛り上げてくれそうでこれからのレースもとても楽しみになりました。

新馬戦からはまさかのダートから初戦に挑んだダノンアレー、堀厩舎×さくらコマースのサクラトゥジュールなど気になる好素材たちが続々と初勝利を果たしております。未勝利戦からもミレニアムクロスやペルラネーラといった良血馬たちが2戦目でしっかりと勝ち上がりましたね。どちらも昇級してからすぐに通用しそうな雰囲気がある期待馬でした。

そして、今週の一等星には新馬戦のパドックから漆黒の馬体が一際目立ち、実戦では未完成ながらも上々のレースぶりで快勝したディアスティマを選出しました。いや、本当にたてがみや馬体の格好良さは2歳馬の中でもナンバーワンだと思います。

そんな好馬体の持ち主であるディアスティマなのですが、レース前の高野調教師のコメントはかなり控えめだったようで...心配機能の高さは評価されているものの、動きやスピードが今一つとのことでした。しかし、母に米G1ホースを持つ当馬にとってそんなことはお構いなし。実戦では2番手から好位をキープし、2番手から上がり2位の脚を使い見事な勝利を収めました。さすがはノーザンファーム空港にいた頃の評価がトップクラスなだけはありますね…!!

周りでも仰られている方も多いですが、同じ厩舎にいたシャイニングレイのような先行して押し切ることができるディープインパクト産駒といった印象を受けました。レースセンスがありそうですし、距離は伸びても十分に対応できる可能性は高いでしょう。今年の2歳世代はハーツクライ産駒に逸材が集まっていますが、ディープインパクト産駒からもディアスティマのように楽しみな逸材が揃ってきました。今後の大舞台で有力馬たちが熱い戦いを繰り広げてくれることが待ち遠しいばかりですね✨👀
関連記事