サクセッションなどPOGで注目の2歳馬紹介!【ロジアイリッシュ】

-
Late
2歳馬紹介


このシリーズでは、開催が迫るPOG2019-2020シーズンに向けて、注目の2歳馬たちを毎回2頭ほどに分けて取り上げていこうと考えています。血統背景や配合などの観点から考察したメモを見て楽しんで頂ければ幸いです。

※記事の一部で新たにみなさんのツイートを引用して感想を書かせていただいております。もし、ツイートした本人で紹介を控えて欲しい方がいらっしゃいましたら、すぐにツイートを削除させて頂きますので、メッセージフォームやTwitterのダイレクトメッセージなどでご連絡くださいませ。


★今回の注目2歳馬(もくじ)★
🏇サクセッション
🏇ロジアイリッシュ



サクセッション


Linked to サクセッション | 競走馬データ - netkeiba.com



*父名* キングカメハメハ
*母名* アディクティド
*母父* ディクタット
*厩舎* 国枝栄(美浦)
*馬主* キャロットファーム
*生産* ノーザンファーム


サクセッションの考察・情報✎


国枝厩舎の2歳馬から紹介する1頭目がキングカメハメハ産駒のサクセッション!全兄にあたるクルーガーが先日のクイーンエリザベスSで2着に大健闘してくれましたね✨ こうなると当然同血の弟にも大きな期待が寄せられます。

まずはラインから。国枝厩舎×キャロットファーム×ノーザンファーム生産馬は、POG2018-2019シーズンにディキシーナイトがオープン勝ちを果たしています。クラシックの戦線でも経験の豊富さを生かし柔軟に対応してくれる優良ラインですね。

次にの血統を見ていきましょう。母であるアディクティドはドイツの生産馬で、現役時代には同国のG3レースを優勝した実績があります。母父には安田記念で2着のディクタットがおり、マイルから長距離まで幅広い距離で活躍が期待できます。

▧兄弟の成績と適性▧
1:アウストル(未勝利)
2:クルーガー(通算5勝・マイラーズC優勝・芝中長距離)
3:アリストライン(通算1勝・芝中距離)
4:アディクション(未勝利・芝中長距離)

兄弟からはパワーとスピードを兼備した走りが目立つクルーガーの活躍が目覚ましいですね。母とハーツクライとの相性はいまひとつでしたが、キングカメハメハとの配合でもう一度輝けるチャンスがあるでしょう。ここまで順調にゲート試験合格まで来ており、6月の東京開催でのデビューを予定しているそうです。兄に続く大物候補として抑えておくべき一頭でしょう🎶


サクセッションに関するエピソード📚


「クルーガーの全弟だけど、スピードというよりもトータルでいい。マイルから2000メートルまでいけるんじゃないかな。」(引用:週刊Gallop 丸ごとPOG P173より)

国枝調教師からサクセッションに対してのコメントになります。力強さが溢れる血統の持ち主ですが、総合的な能力が高いようです。重め感もなさそうですし、距離適性も幅広い可能性が大きいのは魅力的ですね。馬体重は500kg前後だそうで、クルーガーよりもコンパクトで好印象✨



ロジアイリッシュ



*父名* ハーツクライ
*母名* クイーンビーⅡ
*母父* Le Havre
*厩舎* 国枝栄(美浦)
*馬主* 久米田正明
*生産* ノーザンファーム


ロジアイリッシュの考察・情報✎


続いてはこちらも早期デビューが決定しているハーツクライ産駒のロジアイリッシュを紹介します✨

国枝厩舎×ノーザンファームのラインは文句なし。馬主はロジユニヴァースでダービーを制覇している久米田正明さんで妙味があります。先日の京王杯スプリングCではロジクライが活躍していましたね。

さて、血統なのですがこちらもなかなか面白いんです。母はフランスの生産馬であるクイーンビーⅡ、現役時代にはカルヴァドス賞(仏G3・芝1400m)を優勝しています。そして、母父には今後要注目のLe Havre。POG2018-2019シーズンには、このLe Havre産駒のプールヴィルが重賞を制覇しましたからね。

母系から目立った活躍馬が出ていないのが微妙なポイントですが、まだまだデータが少ないので仕方ありません。ここまでは最速デビュー組の中で順調に調整が進められており、6/2(日)のメイクデビュー東京(芝1600m)に出走を予定しているようです。馬体重は480kg前後とハーツクライ産駒らしく馬格は十分にあります。


ロジアイリッシュに関するエピソード📚


「坂路で3ハロン44~45秒の時計を出しています。調教のペースを上げていっても、体重が減らずにいい動きを見せています。体重を維持できているので、調教メニューも組みやすいですね。気持ちもゆったりとしているし、距離はもちそうですよ。」(引用:週刊Gallop 丸ごとPOG P26より)


ノーザンファーム早来・佐藤厩舎長からロジアイリッシュに対するコメントになります。気性には問題がなく、牝馬にしては十分すぎる馬格の持ち主で体質で困ることは少ないかもしれません。オークスも十分に見据えることができる素質があるのではないでしょうか🎶



総合力のサクセッション、長距離向きのロジアイリッシュ

今回は実績の豊富なキングカメハメハ産駒とハーツクライ産駒からそれぞれ一頭ずつをご紹介しましたが、いかがでしたか??

サクセッションはクルーガーの大舞台での活躍ぶりやアーモンドアイをはじめとする国枝厩舎の勢いがあったりと、POGユーザーからは多くの注目を集める楽しみな一頭です。そして、ロジアイリッシュはハーツクライ×Le Havreという期待の配合。POGシーズンの開幕週にデビューを迎えるので、ささっと勝利して新潟2歳ステークスあたりを目指してほしい好素材でした✨

さて、最後にいつも通り予告を♫ 次回は藤沢和雄厩舎第2弾として、本指名に最適な二頭をピックアップする予定です。ぜひお楽しみに✨

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘


関連記事