シルヴェリオなどPOGで注目の2歳馬紹介!【ミーアシャム】

-
Late
2歳馬紹介


このシリーズでは、開催が迫るPOG2019-2020シーズンに向けて、注目の2歳馬たちを毎回2頭ほどに分けて取り上げていこうと考えています。血統背景や配合などの観点から考察したメモを見て楽しんで頂ければ幸いです。

※記事の一部で新たにみなさんのツイートを引用して感想を書かせていただいております。もし、ツイートした本人で紹介を控えて欲しい方がいらっしゃいましたら、すぐにツイートを削除させて頂きますので、メッセージフォームやTwitterのダイレクトメッセージなどでご連絡くださいませ。


★今回の注目2歳馬(もくじ)★
🏇シルヴェリオ
🏇ミーアシャム



シルヴェリオ(シルヴァースカヤの2017)



*父名* ハーツクライ
*母名* シルヴァースカヤ
*母父* Silver Hawk
*厩舎* 池添学(栗東)
*馬主* サンデーレーシング
*生産* ノーザンファーム


シルヴェリオの考察・情報✎


今回紹介する1頭目は、ハーツクライ産駒の大物として最有力なシルヴェリオ。すでに日刊競馬POGさんでは指名馬ランキング5位の人気となっています。ドラフト制のPOGではまず間違いなく1位で消えますね..!!

そんなシルヴェリオが期待されている理由のひとつは一族のパフォーマンスがずば抜けていること。シルヴァースカヤの初仔は豪州のG1ホース、そしてシルバーステートは幻のダービー馬と呼ばれるほどのポテンシャルを秘めていました。国内の重賞で結果を残せた兄弟はおりませんが、出走していれば間違いなく上位に入っていたことでしょう。

▧兄弟の成績と適性▧
1:Seville(豪州G1ホース)
2:ヴィルジニア(通算3勝・芝マイル)
3:オリハルコン(通算2勝・芝中距離)
4:アルギュロス(未勝利)
5:シルバーステート(通算4勝・芝中距離)
6:ヘンリーバローズ(通算1勝・芝中距離)
7:リスト(未勝利)

兄弟の成績はそこまで目立つ訳でもありませんが、シルバーステートやヘンリーバローズのレースを見るとその凄さがわかります。怪我さえなければ…という一族ですが、今回はハーツクライ産駒なので馬体の頑丈さがある程度はプラスされているかもしれません。

5月時点で馬体重は500kg前後。調整メニューを順調にこなしており、デビュー予定は6/23(日)のメイクデビュー阪神(芝1800m)となったようです。キズナ産駒の有力馬であるリメンバーメモリーとの対戦になりますが、馬なりで突き放してしまうのでしょうか。かなりの名勝負になる予感がしますよ~✨


シルヴェリオに関するエピソード📚





デビューまでは驚くほど順調なシルヴェリオ。一戦一戦を確実に、大切に使っていけばきっと大きな舞台まで届くはずです。鞍上はシルバーステートでコンビを組んでいた福永騎手だと良いですね✨



ミーアシャム(ダークサファイアの2017)


Linked to ミーアシャム | 競走馬データ - netkeiba.com



*父名* キンシャサノキセキ
*母名* ダークサファイア
*母父* Out of Place
*厩舎* 池添学(栗東)
*馬主* サンデーレーシング
*生産* ノーザンファーム


ミーアシャムの考察・情報✎


2頭目として取り上げるのが同じくサンデーレーシングのミーアシャム。父はキンシャサノキセキということで、早い時期から実力を発揮してくれることが期待できる一頭です✨

血統を見てみましょう。母であるダークサファイアは通算1勝馬で芝1200mに勝ち鞍があります。一族は馬格がありマイルまでは距離が持つため、活躍の場は短距離路線だけに留まりません。また、兄妹のサフィロスは京王杯2歳ステークスで2着、コーディエライトは新潟2歳ステークスで2着などの重賞実績があります。キンシャサノキセキやダイワメジャーとの配合は相性が良いという訳です。

▧兄弟の成績と適性▧
1:アウトオブオーダー(通算2勝・芝ダート短距離)
2:アンドラダイト(未勝利)
3:スタープラチナ(未勝利)
4:ローガンサファイア(通算4勝・芝短中距離)
5:ゴールドスーク(通算4勝・ダート短中距離)
6:サフィロス(通算2勝・芝短中距離)
7:コーディエライト(通算1勝・芝短中距離)
8:ブルスクーロ(通算1勝・芝短中距離)

父や兄弟のレースぶりを見ても距離の限界はマイルですので、最終目標は桜花賞かNHKマイルCになるかと思います。一族の武器である始動の早さを生かしてどこまで上手に勝ち上がれるかがポイントになります。

すでにゲート試験に合格しており、6/8(土)のメイクデビュー阪神(芝1200m)に向けて調整を進めています。新馬戦の鞍上は川田騎手ということでとても心強いですね。ここを勝てば函館・札幌・小倉の2歳重賞が視野に入ってくるでしょうから、POG的には美味しい一頭になってくれるかもしれませんよ✨


ミーアシャムに関するエピソード📚





パワーとスピードを兼備していることが窺える立派な馬体が魅力的なミーアシャム。母の年齢が高いことが少し気になる点ではありますが、2歳時までは大きな影響はないかと思います。順調なのが何よりの武器なので頑張ってほしいですね✨



素質は最高クラスのシルヴェリオ、超速攻型のミーアシャム

今回は池添学厩舎から注目の2頭を紹介してきましたがいかがでしたか??

シルヴェリオはとてつもないポテンシャルを秘めている血統の持ち主で、シルバーステートのファンだった私としても指名リスト入りは確実な一頭です。そして、6月上旬のデビューを予定しているミーアシャムも勝ち上がりには苦労しない一族ですので、あっさりと決めてくれるのではないかと思っています。指名すれば1シーズンを通して楽しめるのではないでしょうか✨

それでは最後に予告を。次回は引き続きゲート試験に合格した2歳馬から国枝厩舎の2頭を紹介する予定です。どちらも良血の2頭となっていますのでお楽しみに♪

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘


関連記事