【POG】金子真人ホールディングス所有馬から次世代の重賞級を見抜く

-
Late
こんにちは、Lateです。
時が過ぎるのは早いもので来週にはNHKマイルCが開催されますね。
前年は私の指名馬からギベオンとレッドヴェイロンが出走し、ツースリーフィニッシュと絶好調の結果になったマイルの総決算なのですが..。今年は出走馬がなしという状況に(泣)

セリユーズやブーザーあたりが頑張ってくれると思っていたのですが、なかなか想像通りにはいかないですね。ダービーのヴェロックスに一縷の期待を託すことにします✨

さて、今回はトップクラスの大物馬主さんである金子真人ホールディングスの素質馬の中から重賞級ホースを見抜いていこうと思います。ここの勝負服は着ているだけで馬の能力がプラスされる特殊能力でもあるのかってくらいに走ります。はじめに近4年の活躍馬をチェックしておきましょう♪

金子真人ホールディングス×活躍馬【近4年】


POG2015-2016
マカヒキ(ダービー1着)
マウントロブソン(スプリングS1着)
イモータル(共同通信杯2着)

POG2016-2017
ポポカテペトル(菊花賞3着)

POG2017-2018
ワグネリアン(ダービー1着)
ユーキャンスマイル(菊花賞3着)
アンコールプリュ(フィリーズレビュー2着)

POG2018-2019
ヴェロックス(皐月賞2着)
ビーチサンバ(阪神JF3着)
ウーリリ(毎日杯2着)

どの年度も25頭前後の馬を保有してらっしゃいますが、その中には高確率でクラシック級の逸材が潜んでいることがわかります。しかも、隔年でダービー制覇を果たしたりと..凄まじい成績です。POG2019-2020シーズンも引き続き楽しみなこのライン、次項では次世代の素質馬たちを現時点でわかる範囲で情報をまとめてみました。

金子真人ホールディングス×牡馬【POG2019-2020】


🐎アゼリの2017(馬名:アウサンガテ)
父ディープインパクト・中内田厩舎

🐎アパパネの2017(馬名:ラインベック)
ディープインパクト産駒・友道厩舎

🐎ウィンターコスモスの2017(馬名:アルベロベッロ)
ディープインパクト産駒・堀厩舎

🐎キャレモンショコラの2017(馬名:サイクロトロン)
ロードカナロア産駒・音無厩舎

🐎クロウキャニオンの2017(馬名:ストーンリッジ)
ディープインパクト産駒・藤原厩舎

🐎サムワントゥラブの2017(馬名:マッチザハッチ)
ブラックタイド産駒・厩舎未定

🐎ジンジャーパンチの2017(馬名:ポタジェ)
ディープインパクト産駒・友道厩舎

🐎マシュマロの2017(馬名:ピオノノ)
キングカメハメハ産駒・奥村武厩舎

🐎ピンクカメオの2017(馬名:ケイマーダ)
キングカメハメハ産駒・音無厩舎

🐎ルンバロッカの2017(馬名:ソステヌートペダル)
オルフェーヴル産駒・大和田厩舎

🐎フラーテイシャスミスの2017(馬名:テイルウォーク)
マジェスティックウォリアー産駒・池江厩舎

🐎ブルーロータスの2017(馬名:スコーレ)
キングカメハメハ産駒・池江厩舎

🐎ポップコーンジャズの2017(馬名未定)
キングカメハメハ産駒・厩舎未定

🐎ムーンライトダンスの2017(馬名:ヒュッゲ)
ハーツクライ産駒・友道厩舎

🐎レジネッタの2017(馬名:ライフレッスンズ)
ロードカナロア産駒・国枝厩舎

🐎リトルダーリンの2017(馬名:フィニステール)
キングカメハメハ産駒・厩舎未定

🐎メジロジェニファーの2017(馬名:ソードライン)
ジャスタウェイ産駒・堀厩舎

金子真人ホールディングス×牝馬【POG2019-2020】


🐎ミスアンコールの2017(馬名:パイネ)
ディープインパクト産駒・国枝厩舎

🐎ミスパスカリの2017(馬名:ミヤマザクラ)
ディープインパクト産駒・藤原厩舎

🐎リラックススマイルの2017(馬名未定)
ディープインパクト産駒・厩舎未定

🐎ムードインディゴの2017(馬名:ルビーカサブランカ)
キングカメハメハ産駒・須貝厩舎

🐎ドルドラムズの2017(馬名:イドラ)
Curlin産駒・奥村武厩舎



POG2019-2020シーズンにデビューを迎えることとなる金子真人HDさんの所有馬は現時点で確認できる限りでは上記の22頭となりました。この世代も楽しみな良血馬たちが目白押しですね✨

この中のディープインパクト産駒で最も注目を集めそうなのがラインベック。母は牝馬クラシック三冠馬のアパパネになります。7月の中京デビューを視野に入れているほどの順調ぶりなのでPOG的にも要注目です。そして、同じくディープ牡馬のポタジェもPOGでは人気となりそうな一頭。半姉に2015年のオークスで2着のルージュバックがいる実績のある血統の持ち主ですね。

危険な香りがするのはアウサンガテ。兄弟にロイカバードやシルヴァンシャーがいる血統ですが、4月時点で馬体重は420kg台と牡馬にしては物足りないです。1億超えホースと言えどこれは指名がし辛いところ。

新興勢力ではロードカナロア産駒のライフレッスンズが面白いかと思います。母は桜花賞馬のレジネッタ、兄弟のキングカメハメハ産駒たちは強く、Kingmamboとの相性が良さそうですからね。また、ソードラインはこの中で唯一のジャスタウェイ産駒。これまでオーナーとは縁のなかった血統で、何か光るものを感じたのか..ヴェロックスに続く活躍に期待できるかもしれません。

一発がありそうなのはセレクトセール2018で好馬体が評価され8,200万円で落札されたソステヌートペダル。半兄ロッカヴェラーノはオルフェーヴル世代の皐月賞で6着と奮闘..その怪物が父となりもう一度クラシックへ。

牝馬ではワグネリアンの全妹となるパイネが注目を集めています。1歳上のカントルもPOG期間内に2勝を挙げていますし、大コケすることはないかと思いますが..馬体重が4月時点で410kg台というのが悩みどころになりそう。Curlin産駒のイドラは隠し玉のような雰囲気を放っています。生産の日高大洋牧場は名馬スペシャルウィークを輩出した歴史のある牧場です。詳細は謎に包まれておりますが、ロマンに満ち溢れた一頭ですね。

Lateの本指名候補【POG×金子真人HD】


◎アパパネの2017(馬名:ラインベック)
○レジネッタの2017(馬名:ライフレッスンズ)
▲メジロジェニファーの2017(馬名:ソードライン)
☆ルンバロッカの2017(馬名:ソステヌートペダル)

最後に私のPOG本指名候補を載せておきますね。ここ2年はワグネリアン・ヴェロックスとピンポイントで大当たりを指名しているのでこの領域ならやや自信はあります!

といっても1番手はかなりの人気になりそうなラインベックさん。血統もラインも調整過程も完璧すぎて逆に怖いのです。夏場の中京で相手になる馬はいるのでしょうか、とても楽しみです。

正直なところ、この世代は絶対に指名しなければ!と感じた一頭はおりません(主観)。ただ、それでも重賞級がゴロゴロ出てくるのが金子馬さんたちの凄みですので、事前の調教で判断したいと考えています…!! それでは、長くなりましたがこのあたりで失礼します♪

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘


関連記事