リメンバーメモリーなどPOGで注目の2歳馬紹介!【ルリアン】

-
Late
2歳馬紹介


このシリーズでは、開催が迫るPOG2019-2020シーズンに向けて、注目の2歳馬たちを毎回2頭ほどに分けて取り上げていこうと考えています。血統背景や配合などの観点から考察したメモを見て楽しんで頂ければ幸いです。

今回ピックアップした2頭は来期からお披露目となるキズナ産駒からリメンバーメモリーとルリアン!どちらもすでに馬体&稽古の動きの評判が良く、POGでも絶対に注目しておきたい2頭ですよ♪

※記事の一部で新たにみなさんのツイートを引用して感想を書かせていただいております。もし、ツイートした本人で紹介を控えて欲しい方がいらっしゃいましたら、すぐにツイートを削除させて頂きますので、メッセージフォームやTwitterのダイレクトメッセージなどでご連絡くださいませ。


★今回の注目2歳馬(もくじ)★
🏇リメンバーメモリー
🏇ルリアン



リメンバーメモリー



*父名* キズナ
*母名* フィオドラ
*母父* Lord of England
*厩舎* 佐々木晶(栗東)
*馬主* 前田晋二
*生産* 社台ファーム


リメンバーメモリーの考察・情報🐎


はじめに紹介するのはキズナ産駒と佐々木晶厩舎のラインは絶対に狙った方がいい話でも触れたリメンバーメモリー。謎に包まれた母系ながらもとても魅力のある一頭で、POG2019-2020にはぜひ注目して頂きたいです。

預託先は当馬の父であるキズナをダービーホースへと導いた佐々木晶厩舎へ。馬主も同様に前田晋二さんということで、G1タッグが再び組まれることになりました。さらに、前田オーナーは佐々木調教師に対して"キズナ産駒で一番良い馬を預ける"と仰っていたエピソードがあります。つまり、リメンバーメモリーが前田オーナーの中で一番良く見えたキズナ産駒ということになりますね。これは期待が大きいことは間違いありません..!!

続いて血統を見ていきましょう。まず母となるフィオドラですが、ドイツの生産馬で日本でのレース実績がありません。しかし、現役時代には独オークスであるディアナ賞(G1・芝2200m)を優勝している実績があります。サラキアの母であるサロミナをこのレースを優勝しており、実績としては十分と言えるでしょう。これだけの馬をはじめにキズナと配合するのはなかなか思い切ったことです。

リメンバーメモリーの次男にあたるフィオドラの2018は、ディープインパクト産駒であることから、初仔にはキズナを付けて一発を狙いたいという意思が微かに伝わってきます。

母父であるLord of Englandは幅広い距離で活躍した経験があり、1600mの伊G1や2400mの独G1を優勝しています。距離面から考えるとキズナとの相性は抜群で、クラシックでの活躍も視野に入れることができます。

最後に近況ですが、4月中旬に入厩済み。すでにコースで調教を開始しています。ここまではとても順調にきており、POGシーズンの開幕となる阪神でデビューを狙っているようです。目指すは王道クラシック路線、これは私も指名を検討しておきたい一頭です♪

リメンバーメモリーに関するエピソード✎


「これはいいよ」と佐々木調教師は第一声。すごくほれ込んでいる様子です。「気性はキズナそっくり。ききわけがいいし、元気がある。乗りながら成長しているし、走りはディープに似ている感じ。楽しみだね」と声が弾みます。さらに、心強い材料としては4月入厩を予定しているという点。「阪神デビューを狙っていきたい」と力が入っていました。
(引用元:スポーツ報知 https://hochi.news/articles/20190330-OHT1T50170.htmlより)
リメンバーメモリーに対する佐々木師からのコメントになります。気性面はキズナ、走りはディープインパクトあればレースセンスと末脚の切れ味がありそうで相当な期待ができますね!阪神のタフな舞台も合いそうですし、キズナ産駒初の大物はこの馬かもしれません✨



コンビを組んでほしいのはやっぱり武豊騎手ですよね!リメンバーメモリーという馬名の通り、キズナとの想い出が蘇るような走りを期待しておきましょう✨

ルリアン




*父名* キズナ
*母名* フレンチバレリーナ
*母父* フレンチデピュティ
*厩舎* 佐々木晶(栗東)
*馬主* サンデーレーシング
*生産* ノーザンファーム


ルリアンの考察・情報🐎


続きましてキズナ産駒×佐々木晶厩舎のラインからもう一頭ご紹介しますね。こちらはサンデーレーシングの募集馬で、生産はノーザンファームとリメンバーメモリーよりも恵まれたラインのキズナ産駒になります。

佐々木厩舎×サンデーレーシングといえば、インティライミが2005年のダービーで2着の実績があります。秋華賞3着のアロマティコなどでも実績を出しているため信頼度は上々ですね。

血統を見てみると、母母にバレークイーンの文字が。フサイチコンコルドやアドミラブルなどを輩出した名牝系になりますね。この時点で血統背景は十分と言えるでしょう。

ルリアンは母フレンチバレリーナの8番仔になります。兄弟の成績と適性を以下にまとめてみました。母の年齢的にはギリギリといったところでしょうか、まだ若いキズナの血の活力でカバーして欲しいところです。

🐴ルリアンの兄弟成績
1:スーブルソー(4勝・ダート中距離)
2:アソルータ(2勝・芝ダート中長距離)
3:アンレール(3勝・芝中距離)
4:プリモンディアル(3勝・芝中長距離)
5:パヴェダイヤモンド(1勝・ダート中距離)
6:ロジバレー(1勝・ダート長距離)
7:マメールロア(未勝利)

ディープインパクト産駒の全兄妹であるアンレールとプリモンディアルがなかなかの強さを発揮しているのは好材料です。母系や兄弟たちをざっと見ても適性は中距離以上の芝が合うのではないでしょうか。勝ち上がり率が非常に高く、重賞で一発というよりは堅実に勝ち星を積み重ねるタイプではないかと思います。

ルリアンの馬体重は480kg前後とすでに理想的な雰囲気を醸し出しております。早期デビューに向けての調整も順調のようで、調教ではかなり動くようです。良血一族ですし、勝ち上がりはあっさりと決めてしまうかもしれませんね✨

ルリアンに関するエピソード📚


ルリアン(牡、父キズナ、母フレンチバレリーナ)はフランス語で「絆」という意味の馬名。こちらはバレークイーンの一族で、近親にフサイチコンコルドやアンライバルドがいますね。「もう出来上がっている感じで、いいキャンターをする。デビューも遅くはないと思うよ」と評価します。
(引用元:スポーツ報知 https://hochi.news/articles/20190330-OHT1T50170.htmlより)
佐々木師からルリアンに対してのコメントになります。早ければ6月の阪神デビューも視野に入ってきそうですね。ん~このキズナ産駒も指名候補に入れたくなってしまいました!✨



主役候補のリメンバーメモリー、穴目の良血ルリアン

今回はキズナ産駒のリメンバーメモリーとルリアンをご紹介しましたが、いかがでしたか??

リメンバーメモリーはセレクトセールの落札金額が証明するように一級品の馬体の持ち主。紹介したエピソードからもなんだか活躍する予感が漂ってきますね。私はPOGでキズナ産駒を指名するならこれにしようかと考えています💡

そして、ルリアンも魅力のある血統の持ち主でしたね。バレークイーンの一族からは何度もクラシック級の逸材が出てきますし、堅実に走る母を持つルリアンの走りも楽しみなところです✨

最後に予告です。次回はあの手塚厩舎の大注目馬(わかりますか?)とゴールドシップ産駒からそれぞれ1頭ずつ紹介する予定ですのでお楽しみにしていてくださいね。それでは、今回はこのあたりで失礼します♪

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘



関連記事