【POG】キズナ産駒と佐々木厩舎のラインは絶対に狙った方がいい話

-
Late
POG速報_nale

今回は4月14日発売のサラブレにPOG・馬券特集としてキズナ産駒が取り上げられていましたので、内容をちょこっとご紹介しつつ、私の個人的な見解も入り交えていきたいと思います✨

キズナ産駒は新種牡馬としてPOG2019-2020シーズンから子供たちがターフに姿を現します。ディープインパクトの血を継ぐ後継種牡馬になってくれることへの期待が大きいですね。新種牡馬ですから未知数な要素がとても多く、実際に実戦で走ってみるまでポテンシャルの高さはわかりません。しかし、POGではこういった新種牡馬から"当たり"を指名することがランキング上位に入るための大きなポイントとなります。

今回ご紹介する1つのトピックの中にもキズナ産駒のポテンシャルを見測るヒントが散りばめられているでしょう。みなさんもこの記事を読んだ後にいろいろと考察をしてみてください^^

キズナ産駒でもう一度ダービーを狙う


馬房を全部キズナ産駒でいっぱいにしてもいい
(サラブレ4月号 014ページより引用)

これはかつてキズナを管理した佐々木晶三調教師のコメントになります。佐々木師はキズナと出会った時にこの馬でダービーを獲れるという衝撃を感じたそうです。キャンター(歩き方の一種)を見ても、何度もダービーを獲れると確信していたようですね。このようなエピソードは普段から近くで馬を見ている関係者さんからしか手に入らないのでとても参考になります。

そんなキズナを一番近くで見ていた佐々木師ですが、2歳馬からすでに9頭ものキズナ産駒を管理することが決まっているようです。章の冒頭で引用したコメントからは、すでにキズナ産駒に対する熱が半端ではないことが伝わってきます。産駒たちが能力や性格を受け継いでいれば、あとは師がキズナと同じように大舞台へのレールを敷いてくれるでしょう。



佐々木厩舎×キズナ産駒の精鋭たち


🏇エヴァン(母:ケープジャスミン・ノースヒルズ生産)
🏇シャムロック(母:ララア・社台ファーム生産)
🏇ドラゴンスレイヤー(母:スイートメデューサ・ノースヒルズ生産)
🏇プロークルサートル(母:クールアンフルール・上山牧場生産)
🏇リメンバーメモリー(母:フィオドラ・社台ファーム生産)
🏇ルリアン(母:フレンチバレリーナ・ノーザンファーム生産)
🏇ロジーナ(母:ケープタウンシチー・幌村牧場生産)

インタビュー内では9頭のキズナ産駒を管理する予定と仰っていたのですが、netkeibaで確認できたのは上で挙げた7頭のみでした。まだ入厩していない秘蔵っ子が隠れていますね。

佐々木厩舎×キズナ産駒は間違いなくPOGでは最注目のラインとなる訳ですが、この中から期待馬を質問された師がはじめに解答したのがリメンバーメモリー(フィオドラの2017)になります。どうやらセレクトセールの時から抜けた素質やオーラを感じていたみたいです。

これは抜けていると思った。
(リメンバーメモリーと出会った時の佐々木師による感想/サラブレ4月号 015ページより引用)

"抜けている"、"オーラがある"というワードは、本気でPOG馬を選んでいる方は見落とさずチェックしています。この記事の執筆者である私もこれを見た瞬間にリメンバーメモリーの血統表を確認しました。POGセンサーがビビッと反応。

母父はLord of Englandと国内ではあまり例が少ない配合でしたが、現在軽くトレンドとなっているドイツ血統。母は2011年生まれとまだ若く、フレッシュで活力のある組み合わせというのが良いですね。..これ以上綴りはじめると止まらないため、リメンバーメモリーに関しては2歳馬紹介の記事で深く取り上げたいと思いますのでお楽しみに♪

キズナ産駒は新種牡馬リーディングを争う


今回の記事で伝えたかったのは、キズナ産駒には新種牡馬リーディング争いに加われるほどのポテンシャルと可能性を秘めていることでした。そして、その中でも佐々木晶三調教師が手掛けるキズナ産駒には特に注目した方がいいということです。私もキズナ産駒への印象が変わり、リメンバーメモリーはPOGで指名を検討したいと思える存在になりました。

最後に、今回取り上げたインタビューではリメンバーメモリー(フィオドラの2017)、エヴァン(ケープジャスミンの2017)、プロークルサートル(クールアンフルールの2017)、フレンチバレリーナの2017、ララアの2017について佐々木師からのコメントが掲載されています。サラブレは有料媒体なので過度な引用はできないのですが、気になった方はサラブレ4月号を読んでみてくださいね。

ちなみにサラブレを読む際は楽天マガジンをおすすめします。店舗で購入するよりも半額以下の値段で利用できますので、ぜひお試しくださいね。それでは、このあたりで失礼します♪








関連記事