トライフォーリアルなどPOGで注目の2歳馬紹介!【アルムブラスト】

-
Late
2歳馬紹介


このシリーズでは、開催が迫るPOG2019-2020シーズンに向けて、注目の2歳馬たちを毎回3頭くらいずつ取り上げていこうと考えています。血統背景や配合などの観点から考察したメモを見て楽しんで頂ければ幸いです。

また、みなさんがPOGで指名したくなるような魅力がある馬たちをピックアップしていきますので、POGユーザーの方々には必見の内容になっていると思います^^

それでは今回も注目の2歳馬たちを紹介していきますね!今回のテーマは新種牡馬リアルインパクト産駒から早期デビューに期待ができる2頭をピックアップしてみました。トキオリアリティーの血が騒いで走ってくること間違いなし!?

※記事の一部で競馬ユーザーの方々のツイートを引用して感想を書かせていただいております。もし、ツイートした本人で紹介を控えて欲しい方がいらっしゃいましたら、すぐにツイートを削除させて頂きますので、メッセージフォームやTwitterのダイレクトメッセージなどでご連絡くださいませ。




★今回の注目2歳馬(もくじ)★
🏇トライフォーリアル
🏇アルムブラスト



トライフォーリアル


Linked to トライフォーリアル | 競走馬データ - netkeiba.com



*父名* リアルインパクト
*母名* エンプレスティアラ
*母父* クロフネ
*厩舎* 萩原清(美浦)
*馬主* シルクレーシング
*生産* ノーザンファーム


トライフォーリアルの情報🏇


まずは萩原清厩舎とシルクレーシングがタッグを組み育成を手がけることとなったトライフォーリアルから紹介します。トライフォーリアルはノーザンファーム生産のリアルインパクト産駒で、ラインに関しては重賞の舞台でも期待ができます。

血統を見ていきましょうか。母であるエンプレスティアラ、現役時代は未勝利に終わっています。クロフネ×Seeking the Goldとややダート向きの血で構成されています。1200m~1600m向きの適性が伝わるのではないでしょうか。

トライフォーリアルは母の9番仔にあたり、兄弟には3勝馬が2頭、2勝馬が1頭とそれなりの成績を残しています。2歳上の半姉となるレッドレグナントは桜花賞への出走を果たしていますから、血統ポテンシャルは水準以上と見ていいでしょう。母は2004年生まれと若くないため、まだ若いリアルインパクトとの組み合わせで母系の活力を奮い立たせることができるかもしれません✨

叔母にはステファノスやフィニフティを輩出したココシュニックがおり、2000mを超える長距離レースにも対応できる下地は整っています。ステファノスはディープインパクト×クロフネと似た配合で結果を出しているのが心強いですね。

そんな好配合で魅力的なトライフォーリアルは、4月上旬に萩原厩舎へ入厩しました。また、その後すぐにゲート試験にも一発で合格したようで、順調に最速デビューへの路線を駆けています!

母の血が濃く出ているようなパワフルな馬体は、3月下旬の時点で530kg前後まで成長。芝のレースを使うのであればこれ以上の馬体増は避けたいところですが、磨きがいのありそうな奥深さを秘めています。このままリアルインパクト産駒の一番手としてスムーズにデビューを迎えてほしいところです🎶

トライフォーリアルに関するツイート✎




馬体重だけを見るとどうしてもダートの方が向いているようなイメージがありますが、父であるリアルインパクトも500kgを超える馬体で活躍しましたからね。トキオリアリティーが持つ高水準の血統ポテンシャルが試されます。





トライフォーリアルの祖母であるゴールドティアラはフェブラリーSで2着に入ったダート界の実力馬でした。母系のスピードが生きてくれば、リアルインパクトの株を大きく上げる活躍をしてくれそうですね✨



アルムブラスト


Linked to アルムブラスト | 競走馬データ - netkeiba.com



*父名* リアルインパクト
*母名* ヴァンフレーシュ
*母父* サクラバクシンオー
*厩舎* 高橋文雅(美浦)
*馬主* サンデーレーシング
*生産* ノーザンファーム


アルムブラストの情報♪


続いてはサンデーレーシングのリアルインパクト産駒であるアルムブラストを紹介していきます。預託先の高橋文雅厩舎は、目立った活躍馬はおりませんが地味な血統から中堅馬を多く出しています。

アルムブラストは3月の東京スポーツ新聞で注目2歳馬として取り上げられた一頭になります。順調に乗り込まれており、スピード能力にも定評があるそうです。トライフォーリアルと同じくリアルインパクト産駒の早期デビュー馬として6月の東京デビューを狙っているんだとか♪

血統について綴ります。トキオリアリティー×Kingmamboは、アイルラヴァゲインがマイルで重賞勝ちを果たしている配合。母であるヴァンフレーシュはサクラバクシンオー産駒ということで、高いスピード能力を生かし2歳オープンのカンナSを勝利しています。アルムブラストにもそのスピードが伝わるでしょう。年齢は父と母ともに若く、フレッシュで活気のある血で構成されていることは良いですね。

母系からはこれといった大物は出ておらず、1~3勝馬といった小粒が揃っている印象。半兄にあたるウインドスケールは、父がダイワメジャーでかなり重めの馬体に。完成に時間がかかりそうで、血統のわりに晩成傾向が強いのかもしれません。

それにしても、リアルインパクトからはダート種牡馬と言ってもおかしくないくらい雄大な馬格を持った産駒が出ますね。評判通りのスピードが本物なら東京の新馬戦からサウジアラビアRCのような、グランアレグリア路線を辿ってくれる可能性があります✨

アルムブラストに関するツイート✎




パッと見た雰囲気はディープインパクトが強く出ている印象を受けますね。ディープの切れ味を抑えつつリアルインパクトの力強さを兼備していることが理想的。POG2019-2020シーズンを盛り上げてくれそうな一頭ですね✨





トライフォーリアルと同様にゲート試験を難なく突破しました。デビュー戦ではいきなりからリアルインパクト産駒の対戦カードが実現する…なんてこともあり得るかもしれませんね!



リアルインパクト産駒の真価が問われる

今回はリアルインパクト産駒の注目馬を2頭ご紹介しましたが、いかがでしたか?

執筆者の予想では、リアルインパクト産駒は新種牡馬の中ではエピファネイア産駒に次ぐ2番手くらいに走ってくると考えています。(キズナ産駒はその次)

リアルインパクトに含まれているトキオリアリティーの血は、ネオリアリズムなども輩出したポテンシャルの高さがあります。基本的にどんなタイプの配合でも相性問わず走るため、ロマンを感じざるを得ないです。

次回は角居厩舎から注目馬を2頭ほど紹介する予定です^^ 思ったよりも多くの方に見て頂いているので、忙しくても頑張れます!それでは、このあたりで失礼します♪

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘


関連記事