リアアメリアなど注目の2歳馬紹介!【クラヴァシュドール】

-
Late
2歳馬紹介


このシリーズでは、開催が迫るPOG2019-2020シーズンに向けて、注目の2歳馬たちを毎回3頭くらいずつ取り上げていこうと考えています。血統背景や配合などの観点から考察したメモを見て楽しんで頂ければ幸いです。

また、みなさんがPOGで指名したくなるような魅力がある馬たちをピックアップしていきますので、POGユーザーの方々には必見の内容になっていると思います^^

それでは今回も注目の2歳馬たちを紹介していきますね!今回のテーマは"中内田充正厩舎"第1弾。今やクラシック常連の名門厩舎と肩を並べるほどの馬質を誇り、ダノンプレミアムやダノンファンタジー、ヴェロックスなど多くの実力馬が所属しています。有力馬には川田騎手を手配してきますので、POGで当たりを指名することができればかなりのアドバンテージに。POG2019-20でも目が離せない存在になることは間違いありません♪

※記事の一部で新たにみなさんのツイートを引用して感想を書かせていただいております。もし、ツイートした本人で紹介を控えて欲しい方がいらっしゃいましたら、すぐにツイートを削除させて頂きますので、メッセージフォームやTwitterのダイレクトメッセージなどでご連絡くださいませ。


★今回の注目2歳馬(もくじ)★
🏇リアアメリア
🏇クラヴァシュドール



リアアメリア




*父名* ディープインパクト
*母名* リアアントニア
*母父* Rockport Harbor
*厩舎* 中内田充(栗東)
*馬主* シルクレーシング
*生産* ノーザンファーム


リアアメリアの情報♪


はじめに紹介するのがディープインパクト産駒のリアアメリア。POG2019-2020では最上位クラスの人気を集めることが予想される一頭になります。

まずはラインのチェック。中内田厩舎×シルクレーシング×ノーザンファーム…中内田厩舎とシルクの組み合わせは珍しいですが、単体で見ればクラシックまで戦い抜ける完璧のラインになっています。

続いて血統を見てみましょう。母であるリアアントニアは、2013年のBCジュベナイルフィリーズ(米G1・ダート1700m)の優勝馬。スーパーフェザーの母にあたるオーサムフェザーも優勝しているレースです。Unbridled's Songの父系ですので、重め感は多少ありますがディープインパクトとの相性は悪くありません。

馬体は見栄えのする漆黒で品があります。バリバリのダート馬というイメージはなさそうですが、姉であるリアオリヴィアと造りが似ています。リアオリヴィアもデビュー前にはかなりの前評判だったので、ちょっとだけ心配ではありますが💦

リアアメリアはゲート試験に3月中に合格を果たしておりここまでは順調。6月のデビューを目指しているだけにとても早いペースと言えますね。馬体重は3月時点で470kg前後。栗東入りもしており、4/4には坂路で56.6-40.5-26.4-13.2(馬なり)と初めての時計を出しました。いきなりから水準時計に迫るタイムを出していますから、能力に関しては高水準なのでしょう。あとは実戦で芝向きの走りを見せてくれれば、前評判に見合った活躍をしてくれそうです✨


リアアメリアに関するメディア♪



(via:YouTube)
2019年3月時点でのリアアメリアの調教映像を見ることができます。やはり母からの遺伝が強いせいか、ややダート向きの筋肉と歩様に見えます。動き自体はとても良く見えますので、いい具合に馬体が柔らかくなってくれば大きな舞台にいけるはずです♪





6月の開催に向けてとても順調なリアアメリア。この調子でPOG2018-2019の2歳女王となった同厩舎のダノンファンタジーと同じコースを辿るというのが理想的なビジョンですね。桜花賞に最適な血統なだけに、芝への適性があることを願いたい♪



クラヴァシュドール




*父名* ハーツクライ
*母名* パスオブドリームズ
*母父* Giant's Causeway
*厩舎* 中内田充正(栗東)
*馬主* 山紫水明
*生産* 下河辺牧場


クラヴァシュドールの情報♪


こちらもリアアメリアと同じタイミングでゲート試験に合格したハーツクライ産駒のクラヴァシュドール!

多くの謎に包まれたラインですが、中内田厩舎×山紫水明のコンビはクロフネ産駒のパクスアメリカーナで重賞制覇を果たしています。POG的には今後も注目していかなければならないラインですね。

次に血統を見ていきましょう。父はハーツクライ、母父にStorm Cat系のGiant's Causewayという血統配合。Giant's Causewayの血はパワーとスピードを兼ね備えており、成長力に期待できるのですが、ダート色が強くクラシックまで届くイメージはないですね。母母父もサンダーガルチなので、重めに出ていると思います。

牝系図を見てみると、活躍馬はまったく見当たりません。これはいくら強いラインであっても致命的なことで、POG的には指名し辛いところです。POG2018-19シーズンでは、ノーワンやシュヴァルツリーゼが活躍を見せているハーツクライ産駒ですが、ハーツクライ産駒は種牡馬として限界が見えてくる頃なので取捨が難しいです。ただ、早期デビュー組に入りそうですから、POG期間内に勝ち上がってくる確率は高いと思いますよ✨


クラヴァシュドールに関するメディア♪




リアアメリアとともに早期デビューを視野に入れているクラヴァシュドール。調教ではいつもリアアメリアと一緒に併せているようです。現時点では内容に差はなさそうで、完成度に関してはこちらも高いことが考えられます♪



来年の重賞馬はこの中に…!?

今回は中内田厩舎の2歳馬からPOGで活躍が期待できそうな2頭をピックアップしました。リアアメリアは姉が思うように活躍できていませんが、これだけ前評判が良いと期待してしまいますね!

クラヴァシュドールに関してはまだまだ謎が多い一頭なので、POG的に指名はしづらいところ。しかし、リアアメリアとともに厩舎のなかでも調教の進行度は一番手ですからね!このまま順調に早期デビューしてくれば面白いのではないかと考えています✨

次回は預託厩舎などに関係なく、POG2019-2020シーズンからお披露目される新種牡馬から2頭を取り上げる予定です。引き続きお楽しみにしていてくださると幸いです、それでは♪

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘


関連記事