ダブルアンコールなど注目の2歳馬紹介!【ヴェルトライゼンデ・アブルハウル】

2歳馬紹介


このシリーズでは、開催が迫るPOG2019-2020シーズンに向けて、注目の2歳馬たちを毎回3頭くらいずつ取り上げていきます。血統背景や配合などの観点から考察したメモを見て楽しんで頂ければ幸いです。

また、みなさんがPOGで指名したくなるような魅力がある馬たちをピックアップしていきますので、POGユーザーの方々には必見の内容になっていると思います^^

それでは今回も注目の2歳馬たちを紹介していきますね!今回のテーマは"池江泰寿厩舎"第1弾。POG2018-19シーズンには、クラージュゲリエとサトノルークスが皐月賞への路線に乗り、ダノンチェイサーはNHKマイルCの最有力馬候補になっていますね。POGで上位を獲るために1頭はこの池江厩舎から抑えておきたいくらいの名門です!それでは、本編をどうぞ♪

※記事の一部で新たにみなさんのツイートを引用して感想を書かせていただいております。もし、ツイートした本人で紹介を控えて欲しい方がいらっしゃいましたら、すぐにツイートを削除させて頂きますので、メッセージフォームやTwitterのダイレクトメッセージなどでご連絡くださいませ。



ダブルアンコール



*父名* ディープインパクト
*母名* ドナブリーニ
*母父* Bertolini
*厩舎* 池江泰寿(栗東)
*馬主* DMMドリームクラブ
*生産* ノーザンファーム


ダブルアンコールの情報♪


はじめに紹介するのはバヌーシーことDMMドリームクラブさんの一口馬であるダブルアンコール!競馬界の一時代を賑わせたあの名牝の全妹ということもあり、POG2019-20シーズンでは指名者数が上位になることが予想されます。

全姉はジェンティルドンナ♪ 2012年の牝馬クラシックをすべて優勝し、三冠馬となった実力は飛び抜けたものがありました。その後もジャパンカップで2連覇を果たし、ドバイシーマクラシックを勝利したり..有馬記念では衝撃のラストランもありましたね! とにかく一線級の牡馬たちを捻じ伏せていく姿がとても逞しかったです。

その偉大な名牝を輩出したのがドナブリーニ。他にも初仔として生んだドナウブルーが重賞制覇を果たしている素質のある血統です。しかし、ここ最近の産駒たちは成績が奮わず、ドナウブルーとジェンティルドンナ以降の3番仔から8番仔までは、1勝止まりという厳しい成績になってしまっています。その大きな原因は400kg前後となる馬格の小柄さから由来する、力強さに欠ける点や体質面の難しさなどが挙がります。それでもレゲンデ、ヴィルトゥース、ドナアトラエンテはデビュー戦でいきなりから勝利しています。やはり相当なポテンシャルを秘めているのでしょう。



さて、気になる現在のダブルアンコールの馬体重なのですが..3月時点で439kgだそうです!ここ最近の兄妹たちよりは一回り以上サイズがありそうですね。池江調教師からは夏を越したあたりに良化してくるのではないかとコメントが出ており、まだ馬体には線の細さがありますが成長を楽しみにしている様子です。調教ではハロン15秒台をクリアしているように、動きの面からは能力の高さが窺えます。このまま順調に進んでいけば、ジェンティルドンナ以来の活躍馬になってくれるかもしれません。この一族を指名し続けている方は期待してもいいと思いますよ✨

ダブルアンコールに関するトピック♪



2017年に行われたセレクトセールでは、4億円近い価格で落札されたダブルアンコール。かなり割高な印象は受けますが、値段が値段なだけに陣営の気合の入り方も違ってくるのではないでしょうか♪





DMMバヌーシーの公式調教映像になります。2月の時点で坂路15秒台のラップを出せるのは高い能力の表われでしょう。まだまだふらついていて真っ直ぐ走れてはいませんが、伸びしろも十分に感じることができます♪


ヴェルトライゼンデ




*父名* ドリームジャーニー
*母名* マンデラ
*母父* Acatenango
*厩舎* 池江泰寿(栗東)
*馬主* サンデーレーシング
*生産* ノーザンファーム


ヴェルトライゼンデの情報♪


池江厩舎の注目2歳馬、続いてはまさかのドリームジャーニー産駒!ヴェルトライゼンデを紹介していきます♪

ドリームジャーニー産駒というと、目立った活躍馬は特に思い浮かばないかと思います。ミライヘノツバサが日経賞で2着に入ったことくらいでしょうか、実際に産駒の成績を見てもやはり活躍が目立ちません。しかし、このヴェルトライゼンデに関しては一味違う雰囲気を醸し出しているようなんです!とりあえず母の血統を見ていきましょうか♪

母であるマンデラは、サラキアやフォイヤーヴェルクの母が優勝している独オークス(G1)で3着の実績があります。ヴェロックスやワールドプレミアなどで評価を上げているドイツ牝系ですね。そのワールドプレミアが1歳上の半兄になりまして、さらには2012年の皐月賞で2着となったワールドエースも兄弟にあたります。

一族から考察すると、ヴェルトライゼンデの本質的な距離適性は1800m以上、皐月賞やダービーにも対応が可能でしょう。また、ヴェルトライゼンデの母系は、牝馬ではまったく成績を残していない傾向が見られます。牡馬ではアベレージが高いというのが面白いポイントです。

池江師からは、厩舎のディープインパクト産駒たちと同等の伸びやかさがある馬体を大きく評価されているみたいでとっても好感触のようです。兄妹からクラシック級が出ていますので、その好馬体にも納得がいきますね。これだけのコメントが出てしまうと、POG的にあまり美味しいとは言えませんが、ドリームジャーニー産駒の大物候補というのがあまりにも魅力的♪ デビューは今夏を予定しているようで、クラシックを見据える一頭としてチェックしておきたい一頭ですよ✨


ヴェルトライゼンデに関するトピック♪


”池江調教師のトーンが高いんです。「マンデラの子は詰まっているけど、この馬にはサンデー直子のような伸びがある。他のディープ産駒のトップと同じぐらいのイメージです。いいよ、これは」と笑顔を浮かべます。”

(via:スポーツ報知 https://hochi.news/articles/20190328-OHT1T50228.htmlより)

ヴェルトライゼンゼに対する池江師からのコメントです。ドリームジャーニー産駒であることが信じられないようなトーンの高さですね!もしかしたら馬体の造りはワールドエースに匹敵するかそれ以上ではないでしょうか…♪



アブルハウル


Linked to アブルハウル | 競走馬データ - netkeiba.com



*父名* American Pharoah
*母名* キトゥンズダンプリングス
*母父* Kitten's Joy
*厩舎* 池江泰寿(栗東)
*馬主* 社台レースホース
*生産* Shadai Farm


アブルハウルの情報♪


最後にアメリカ産馬の注目2歳馬であるアブルハウルを紹介していきますね!まだそれほど情報が出回っておりませんが、おそらく今後かなりの注目を集めることが予想されますので要チェックです♪

まずアブルハウルの母であるキトゥンズダンプリングスには、海外でG1を含めた8勝を挙げた実績があります。そのG1勝ち鞍はクイーンエリザベス2世チャレンジCS。フランスの芝1800m戦で、エタリオウの母であるホットチャチャも優勝したレースですね。他の実績を見ても、主に芝の中距離で力を発揮できるタイプであると考えられます。

次に父であるAmerican Pharoahですが、こちらも日本ではまだ馴染みのない種牡馬です。しかし、アメリカでは文句なしの名馬に分類される一頭で、2015年の米クラシック三冠に加えG1レースを8勝している実績の持ち主なんです!世界からはフランケルやドバイミレニアムなどと並ぶ評価を受けていたりと規格外の強さを誇っていたことがわかります。

アメリカンファラオの仔はPOG2019-20世代がデビュー初年度となり、その初年度産駒をいきなり日本で見れるのはとても嬉しいことですよ!初年度産駒って大物が出てくる可能性が高いので、指名するならばここが狙い目になります。



気になるのは適正ですが、馬体からは芝向きの中距離が向きそうな柔らかさが伝わり、母も芝タイプでしたのでダート特化ではないことは確かですね。生まれは4月下旬とやや遅いですが、洋芝が合いそうな筋骨隆々の馬体はすでに完成度が高いです。アブルハウルの馬体重は3月時点で476kgだそうで、クラシックを見据えるにはベストサイズ。ロマンのある指名を求めている方にはぜひ注目して頂きたい一頭です✨

アブルハウルに関するトピック♪


”社台ファームの青田力也氏は「すごくあか抜けたバランスの取れたボディーの持ち主。柔軟性のある身のこなしで走ることができる、すごく楽しみな馬です」と期待を隠さない。”

(via:スポーツ報知 https://hochi.news/amp/articles/20190325-OHT1T50225.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&__twitter_impression=trueより)

アブルハウルについての牧場関係者の方のコメントです。柔軟性に長けていることは芝への対応ができる可能性を広げます。アメリカンファラオの初年度産駒、これはなかなかの大物かもしれませんね♪



来年の重賞馬はこの中に…!?

今回は池江厩舎の2歳馬から魅力のある3頭をピックアップしました。近況などの情報は少なかったのですが、ロマンに満ち溢れた2歳馬たちばかりでしたね!

ヴェルトライゼンデとアブルハウルはまだまだ謎に包まれている存在ですので、引き続き情報を追い続けたいと思っております。新たな情報を入手したらどんどん追加していきますので、しばらくしたらまた見にきてみてくださいね。

次回は国枝厩舎からPOG2019-2020シーズンで注目の2歳馬を紹介していく予定ですので、お楽しみにしていてください^^ それでは、このあたりで失礼します♪

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘


*PR*
競馬好きにおすすめの楽天マガジン☘
週刊Gallopとサラブレが手軽に読めます!
とても便利なのでぜひぜひお試しください♪


関連記事