ダンカーク産駒の注目馬BEST5 at POG2019-2020

rose02


このページでは注目のダンカーク産駒(POG2019-2020)をランキング形式で紹介しています。執筆者であるLateが産駒を全頭チェックした上で厳選した5頭をピックアップしておりますので、ぜひあなたのPOG指名馬選びや魅力のある一頭と遭遇できるきっかけになれば幸いです。

POG2019-2020世代のダンカーク産駒は"全88頭"。今シーズンは"シークレットラン"がレコードタイムで葉牡丹賞を勝利し、種牡馬全体の評価を上げています。芝・ダートを問わず堅実に走るタイプが多いこと産駒の特徴であり、2018年度の新種牡馬の中では"30%近い"勝ち上がり率を誇っているんですよね。

ファーストシーズンサイアー部門では獲得賞金でジャスタウェイに次ぐ"2位"をキープしているダンカーク、今後は肌馬の質も向上していくことが想定されますのでチェックは必須ですよ✨


第5位:ペオース

ダンカーク×ルアシェイア
(母父:フジキセキ)
❑厩舎❑ 大久保龍(栗東)
❑馬主❑ ノースヒルズ
❑生産❑ ノースヒルズ

祖母にファレノプシス

母であるルアシェイアは、ダート1800mで3勝を挙げた中距離馬。その産駒たちの勝ち星は"2・3・1・3・0・0勝"と堅実タイプを多く出しています。

ルーラーシップ産駒の半姉ブライトムーンが芝の2000mに対応できるため、ペオースに関しても中距離で適性を発揮できることが考えられます。末脚が切れる一族ですので決め手も秘めていそうですよ✨





第4位:ケイティーズジェムの2017

ダンカーク×ケイティーズジェム
(母父:ディープインパクト)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ 栄進牧場

配合が嵌りそうな一頭

2018年の北海道サマーセールにて"2,052万円"でレッドマジックさんが落札したダンカーク産駒。

父系がUnbridledのダンカークと相性が良い雰囲気があるディープインパクトが母父に。母系からは、2018年のデイリー杯2歳Sでアドマイヤマーズの2着となった"メイショウショウブ"、2019年のフェアリーSで3着となった"グレイスアン"などが活躍しています✨


第3位:ドンマニフィコ

ダンカーク×グロッタアズーラ
(母父:フジキセキ)
❑厩舎❑ 牧浦充徳(栗東)
❑馬主❑ 山田貢一
❑生産❑ アイズスタッド

完成の早さに期待ができる

2歳上の半兄ドンフォルティスは、父ヘニーヒューズというバリバリのダート適性を生かし、2歳の時点で3勝を挙げました。全日本2歳優駿では、あのルヴァンスレーヴに僅差の2着に奮闘し一族のポテンシャルの高さを証明しました。

ダート短距離型の印象が強い血統構成で、その路線を歩むのなら兄弟3頭がすべて2勝以上を挙げているように、ドンマニフィコに関しても勝ち上がりには苦労しないでしょう✨


第2位:マロノヴィーナスの2017

ダンカーク×マロノヴィーナス
(母父:タニノギムレット)
❑厩舎❑ 伊藤圭三(美浦)予定
❑馬主❑ 大樹ファーム
❑生産❑ ビクトリーホースランチ

すでに15-15を消化中

叔父にダンビュライトがおり、母系からはマリアライトなどが出ている一族の出身であるダンカーク産駒。坂路ではすでに15-15を消化しているそうで、デビューに向けての過程はかなり順調のようです。

伸びやかさのあるスラっと引き締まった体型は、筋肉がとても柔らかそうで芝にも十分に対応できることを感じさせてくれます。馬体重も470kgを超えているそうで、母父タニノギムレット譲りの好馬体がとても良いですよ✨





第1位:ダイワジェラートの2017

ダンカーク×ダイワジェラート
(母父:フジキセキ)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ フジワラファーム

重賞ウィナーの半妹

半姉であるエテルナミノルは、自己条件で勝ち鞍を積み上げ、オープン入り後には愛知杯を優勝した実力派の一頭。

そんな姉の父はUnbridled系のエンパイアメーカーということで、同父系のダンカークとも肌が合う可能性が高いです。また、兄弟5頭はすべて勝ち上がりを果たしているというのも魅力的なポイントです。

さらにさらに..近親となるオメガパフュームも活躍中ということもあり、様々な活躍要素が当馬の背中を押してくれるのではないでしょうか✨


決して侮れないダンカーク産駒

以上が"ダンカーク産駒の注目馬 at POG2019-2020"でした。気になる一頭は見つかりましたか?

まだ大きな実績がないマイナー気味な種牡馬ということもあり、"名門厩舎"や"超良血"といった要素を含む産駒は見つかりませんでしたが、スピード能力に長けた素材が多い印象を受けました。

ダンカーク産駒は、POG2019-2020シーズンでも引き続き高い勝ち上がり率に期待ができますし、もしかしたらNHKマイル路線の筆頭となり得そうな一頭も出てくる可能性を秘めています。産駒たちの今後の活躍が楽しみですね✨ それでは♪

Thank you for Reading!!
Written by Late. ☘


関連記事