ルーラーシップ産駒(牝馬)の注目馬BEST7 at POG2019-2020

rose01


ここではPOG2019-2020シーズンにデビューを迎えるルーラーシップ産駒について、管理人であるLateが厳選した注目馬7頭をランキング形式で紹介しています。あなたが注目している馬がランクインしていたら"ラッキー♪"そうでなければ"見る目がないな~"くらいの気持ちでお楽しみくださいませ!!

2019年度にデビューを迎えるルーラーシップ産駒は合計で182頭。今回はそのうちの牝馬である90頭の中から注目されること間違いなしの7頭を選んでいますので、よかったら最後までご覧になってください✨


第7位:シェリールの2017

ルーラーシップ×シェリール
(母父:サンデーサイレンス)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ ノーザンファーム

ルーラーシップ産駒の兄弟はともに3勝

全兄弟にあたるヒシマサルとグロンディオーズはどちらも3勝を挙げている現役で活躍中の実力馬。特にグロンディオーズは、デビューから上がり最速タイムを4戦続けて叩きだし、古馬混合の1000万条件を一発で抜け出し菊花賞への出走を果たした逸材です。

母シェリールとkingmambo系の種牡馬との相性は良く、マヤノトップガンとの仔であるムスカテールも重賞を制覇していますので、本馬も素質ある走りを見せてくれるでしょう✨





第6位:ジョインザフロウ

ルーラーシップ×ウィズザフロウ
(母父:アグネスタキオン)
❑厩舎❑ 奥村武(美浦)
❑馬主❑ シルクレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム

素質秘めるも怪我だけが心配

全兄であるキタサンバルカンは、レースの流れに乗るのが上手で長距離条件を得意としています。スロー展開でも後方から飛んでくる脚を使える有望株。

母系からは2012年の2歳女王となったローブティサージュが出ており、マイルから長距離まで幅広い範囲で活躍が期待されます。ジョインザフロウの馬体重はすでに500kg前後まで到達しており力強さ満点。ただ、怪我をしやすい体型をしているのが不安点ではありますね..。


第5位:ハナズゴールの2017

ルーラーシップ×ハナズゴール
(母父:オレハマッテルゼ)
❑厩舎❑ 畠山吉宏(美浦)
❑馬主❑ ニューワールドレーシング
❑生産❑ カナイシスタッド

ダイナカールが紡ぐ夢のクロス

名繁殖馬ダイナカールの3×4クロスを持ち、母は重賞を日豪合わせて3勝しているハナズゴール。これ以上ないほどの豪華な配合で期待するしかないルーラーシップ産駒。

祖母の血統はとても地味なのですが、それをカバーしてくれるほどのクロスがありますからね。初仔で母は小柄とリスキーな雰囲気が漂いますが、とにかく走っている姿を見てみたくなるような一頭です✨


第4位:フアナ

ルーラーシップ×イサベル
(母父:ディープインパクト)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ ノーザンファーム

気品のあるスカーレット一族

フアナはトニービンの奇跡の血量を有した長距離で楽しみなルーラーシップ産駒。本馬の叔父には、2017年の青葉賞を優勝し、続く日本ダービーで3着に入線した"アドミラブル"がいます。「青葉賞の勝ち馬はダービーを獲れない」と言われるほど厳しいローテーションで3着となった素質は間違いなくG1級でした。

本馬はスカーレットの次女であるイザベルの初仔となり、母は中長距離で通算4勝を挙げた実績もあります。ヴィクトリー・フサイチコンコルド・アンライバルドなどクラシックホースが多く出ている母系ですので、オークスが楽しみな一頭ですよ✨





第3位:オリエントチャームの2017

Linked to オリエントチャームの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


ルーラーシップ×オリエントチャーム
(母父:サンデーサイレンス)
❑厩舎❑ 菊沢隆徳(美浦)
❑馬主❑ G1レーシング
❑生産❑ 追分ファーム

兄にはペルシアンナイト

兄弟が実績を出しているルーラーシップ産駒であるオリエントチャームの2017。3歳上となる半兄ペルシアンナイトは、2017年の皐月賞で2着、同年のマイルチャンピオンSを優勝するなどハービンジャー産駒を代表する活躍を見せています。

キングカメハメハ産駒の半姉クィーンチャームも、昨年に長距離路線でオープン入りを果たしていますので、kingmambo系の種牡馬であるルーラーシップとの相性も良さそうです。指揮官もアエロリットやミッキースワローを育て上げた菊沢隆徳調教師ということで妙味があります✨


第2位:ラキシスの2017

ルーラーシップ×ラキシス
(母父:ディープインパクト)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ ノーザンファーム

女王ラキシスの初仔

2014年のエリザベス女王杯で、ヌーヴォレコルトとの叩き合いを制したG1ホース"ラキシス"の初仔がついに登場します..!!

"G1馬の仔だからといって走るとは限らない"のですが、祖母マジックストームの血からは他にもバリバリの重賞馬"サトノアラジン"が出ていたりと信頼度は高いんですよね。

不安な点は一族が"ディープインパクト×Storm cat"のニックス配合だから結果を出せていたと考えられるところ。ルーラーシップとの相性はこれいかに!?


第1位:クロトノーナ

Linked to クロノロジストの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


ルーラーシップ×クロノロジスト
(母父:クロフネ)
❑厩舎❑ 大和田成(美浦)
❑馬主❑ キャロットファーム
❑生産❑ ノーザンファーム

兄妹の勢いが止まらない

現在の競馬界で乗りに乗っている血統の代表格がこのクロノロジスト一族、ここ最近になって急激にポテンシャルを発揮してきました。

ハービンジャーを付けた"ノームコア"は、昨年の紫苑Sを優勝。バゴを付けた"クロノジェネシス"は、阪神ジュベナイルFで2着からクイーンCのローテーションで優勝も果たし、桜花賞では上位人気の筆頭となる存在に。

そんな万能型のクロノロジストが産み出したルーラーシップ産駒"クロトノーナ"。この血統であればオープン入りは通過点としてオークス出走を視野に入れてもらいたいところです✨





女傑候補で溢れるルーラー牝馬

いかがでしたか?
今回はルーラーシップ産駒の牝馬ということで"オークス向きの血統"を重視してピックアップしてみました。

この他にも、角居厩舎×ヒダカブリーダーズユニオンの"サンビスタの2017"や、桜花賞馬アユサンの2番仔にあたる"アユサンの2017"など、POGで狙える素質馬がとても多いです。私も次期POGで指名することを視野に入れております!それでは♪

Thank you for Reading!!
Written by Late ☘
関連記事