キンシャサノキセキ産駒の注目馬BEST7 at POG2019-2020

flower02


ここではPOG2019-2020シーズンにデビューを迎える"キンシャサノキセキ産駒"について、管理人であるLateが厳選した注目馬7頭をランキング形式で紹介しています。あなたが注目している馬がランクインしていたら"ラッキー♪"そうでなければ"見る目がないな~"くらいの気持ちでお楽しみくださいませ!!

2019年度にデビューを迎えるキンシャサノキセキ産駒は合計で106頭。調べてみると思っていたよりも楽しみな馬が多くて、2018年デビュー世代に比べて当たり年になる予感がしますよ~。ぜひ最後までご覧になってください✨




第7位:マザーズデイの2017

キンシャサノキセキ×マザーズデイ
(母父:サクラバクシンオー)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ 下河辺牧場

実績のあるスピード配合

キンシャサノキセキに母父サクラバクシンオーというのは、産駒を代表する一頭であるモンドキャンノと同じ配合になります。母の全兄に短距離の重賞路線で活躍をしたダッシャーゴーゴーがいるのが心強いですね。

祖母であるネガノは父の特徴を上手に引き出してくれる堅実な血を持っています。ハーツクライとの配合では長距離で活躍しているチェスナットコートが出ていますね。情報は少ないですが、血統的に縁が深い安田隆行厩舎に預託されることになれば面白い一頭だと思います✨


第6位:ダークサファイアの2017

Linked to ダークサファイアの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


キンシャサノキセキ×ダークサファイア
(母父:Out of Place)
❑厩舎❑ 池添学(栗東)
❑馬主❑ サンデーレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム

全兄にはサフィロス

5歳上の全兄であるサフィロスは、2014年の京王杯2歳ステークスで2着となった実績があります。POGシーズンの出走は少なかったのですが、まだまだ勝ち星を稼げるポテンシャルはあったはず。

現3歳世代の全兄ブルスクーロに関しても、夏に始動して新馬戦勝ちからの中京2歳ステークスで3着と悪い成績ではありません。すでに調教・成長ともに順調だそうで、このままいけば早期デビュー組への仲間入りを果たせそうですよ✨


第5位:エンジェルフォールの2017

Linked to エンジェルフォールの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


キンシャサノキセキ×エンジェルフォール
(母父:ジャングルポケット)
❑厩舎❑ 大久保龍
❑馬主❑ シルクレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム

サンデーサイレンスの血が唸る

叔母にトールポピー・アヴェンチュラ、叔父にはフサイチホウオーと多くのクラシック級が名を連ねるアドマイヤサンデーの一族。母の全姉にあたるトールポピーとアヴェンチュラは産駒の活躍にも大きな期待をされていましたが、どうやら体質難な傾向にありまして成績はひと息..。

当馬の母であるエンジェルフォールは競走馬としては未勝利なのですが、母として産んだヴェロニカグレースが2勝を挙げる活躍を見せています。この母にサンデーサイレンス系の種牡馬を付けるのは初めてとなりますので、さらに良い方向に一変してくる可能性が十分にあるでしょう。

エンジェルフォールの2017は、500kgに達しそうなほど迫力のある馬格があり丈夫な雰囲気を漂わせています✨




第4位:オーチャードロード

キンシャサノキセキ×ヴァイスハイト
(母父:アドマイヤベガ)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ ノーザンファーム

地力の高いクラシック一族

当馬の祖母にあたる"ソニンク"の母系からは、2009年のダービー馬であるロジユニヴァースや、2017年の秋華賞馬であるディアドラなどを輩出しました。その一族の武器はタフな馬場でこそ生きる切れ味。条件が噛み合えば格上が相手であっても勝利するチャンスがあります。

兄弟である6頭のうちの4頭は2勝以上を挙げており、1歳上のヴァイトブリックは2歳の時点で2勝を挙げ、今年のヒヤシンスSでは2着に奮闘しています。とにかく地力の高い一族で、父がキンシャサノキセキであっても安定感のある走りを見せてくれそうですよ✨


第3位:レッドヴェイパー

キンシャサノキセキ×レジェンドトレイル
(母父:フレンチデピュティ)
❑厩舎❑ 安田隆行(栗東)
❑馬主❑ 東京ホースレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム

活躍の条件は十分に整っている

祖母である"ハッピートレイルズ"の母系からは数多くの重賞馬が輩出されており、シンコウラブリイやチェッキーノなどがその代表格となります。最近ではムイトオブリガードなんかも頑張っていますね。

レッドヴェイパーの兄弟は8頭のうち7頭が勝ち星を挙げていて安定感があります。本馬もすでに動きの良さを評価されており、短距離で期待の血統配合や良好な厩舎ラインなど活躍できる条件が揃っています。出資者の方からの評判も良く、調整過程も順調とのことで楽しみな一頭ですよ✨


第2位:アロハヌイロア

キンシャサノキセキ×ヴィアメディチ
(母父:Medicean)
❑厩舎❑ 未定
❑馬主❑ 未定
❑生産❑ ノーザンファーム

2歳王者の半妹がスタンバイ

来季のキンシャサは一味違うのでしょうか..なんと朝日杯フューチュリティSを優勝したアドマイヤマーズの半妹も控えています!!

母であるヴィアメディチは、英国の長距離向き血統ということでダイワメジャーとの相性には疑問があったのですが、初仔のフレッチアもオープン入り間近としているように母としてのポテンシャルが高さが窺えます。

兄とはサンデーサイレンス系の速攻型ということで血統タイプは近く、父がキンシャサノキセキになっても高い実力を発揮してくれることでしょう。阪神ジュベナイルFを十分に狙える一頭で、兄妹揃っての2歳王者になることも夢ではありません✨




第1位:ハワイアンウインドの2017

キンシャサノキセキ×ハワイアンウインド
(母父:キングカメハメハ)
❑厩舎❑ 堀宣行(美浦)
❑馬主❑ サンデーレーシング
❑生産❑ ノーザンファーム

文句なしのライン..早い始動に期待

POG2019-2020シーズンにはサンデーレーシング×堀宣行厩舎のキンシャサノキセキ産駒が登場する予定となっています..!!

募集時には大変人気となった一頭で、落選してしまった方も多く見られました。アドマイヤミヤビが出ている母系に加えて、母はまだまだ若くて初仔のアロハリリーはキャリア6戦で2勝の活躍..それはそれは楽しみな血統となっていますから人気になるのも仕方がありません。

そして、本馬の最大の魅力ともいえるのが預託先が堀厩舎であること。父であるキンシャサノキセキをG1ホースに導いた手腕をお持ちで、レース選択は独特ですが実績は確かなものがあります。じっくりと時間をかけてからデビューになるかもしれませんが、早い時期から出てくれば太刀打ちできる相手はなかなかいないと思いますよ✨


次世代のキンシャサノキセキ産駒は期待大

いかかでしたか?
これはなかなか期待できるような感じがしますよね!!

他にも石川達絵オーナーの"エスパー"や、叔父に海外18勝馬のシリュスデゼーグルを持つ"ドロス"など、当たり年になりそうな匂いが半端ではないキンシャサノキセキ産駒..気になった方はチェックしてみてくださいね。それでは♪

Thank you for Reading!!
Written by Late ☘

関連記事