キンシャサノキセキ産駒の最新レポ!! at POG2019-2020【特徴と傾向編】

flower01


ここではPOG2019-2020シーズンにデビューを迎えるキンシャサノキセキ産駒について、様々な情報やデータから最新の傾向や特徴などの考察を行っております。POGをより楽しめるような内容に仕上げることを意識していますので、興味がある方はぜひ最後まで記事をご覧になってくださいね。


キンシャサノキセキ産駒について

❑得意とする条件:芝1200m~1400m
❑産駒たちの武器:始動の早さとスピード


フジキセキの後継種牡馬としてハイレベルな快速馬を量産するキンシャサノキセキ産駒。2015年から産駒が続々とデビューを果たし、その多くが短距離の芝・ダート路線を盛り上げる存在となっています。

2歳戦の強さではダイワメジャー産駒などの"速攻型"種牡馬に引けを取らず、2016年にはモンドキャンノが京王杯2歳S、2017年にはカシアスが函館2歳Sを優勝するといった実績を挙げています。





キンシャサノキセキ産駒の最新報告"1"
手薄なオープンレースでポイントを量産

キンシャサノキセキ産駒
過去5年のPOG活躍馬をまとめてみた!

(カッコ内は期間内の獲得ポイント)
🏇2016年産…ジュランビル(約2,800万pt↑)
🏇2015年産…カシアス(約6,400万pt)・ベルーガ(約3,600万pt)
🏇2014年産…モンドキャンノ(約8,600万pt)
🏇2013年産…シュウジ(約7,500万pt)
🏇2012年産…サフィロス(約3,600万pt)


POGにおいては注目度も控えめなわりに、安定してポイントを稼いでくれることに定評があるキンシャサノキセキ産駒。シーズン開始あたりから始動を視野に進める陣営が多く、うまくいけばPOGシーズンをフルに楽しませてくれる一頭を引き当てることができます。

より短距離に特化したダイワメジャー産駒というイメージで、仕上がりの早さとスピード能力を武器に2歳重賞を優勝する産駒が毎シーズンのように現れます。さすがにNHKマイルの時期には成長度の面で他の産駒に追い越されてしまうのですが、2歳ポイント部門がある"JRA-VAN POG"などでは積極的に狙える種牡馬ですよ✨


キンシャサノキセキ産駒の最新報告"2"
デビュー時期で速攻型を狙い撃ち

キンシャサノキセキ産駒
主な活躍馬のデビュー時期と場所!

・サフィロス 函館/6月デビュー
・シュウジ 中京/7月デビュー
・モンドキャンノ 函館/6月デビュー
・カシアス 函館/6月デビュー
・ベルーガ 札幌/8月デビュー
・ジュランビル 小倉/8月デビュー

"活躍するキンシャサノキセキ産駒"に共通しているのがデビュー時期の早さ。上で挙げた活躍馬たちは一貫して夏までのデビューを果たしています。そして、そのほとんどが完成度の早さを最大限に生かすことができる"ローカル競馬場"での始動となっています。

つまり、POGでキンシャサノキセキ産駒の当たりを狙う際には6~8月までのデビュー&2歳重賞があるローカル開催を視野に入れている馬が狙い目になるでしょう✨ 当ブログでも6月から始動してくることが想定される馬たちをまとめた記事を執筆する予定ですので、そちらをお楽しみに♪




キンシャサノキセキ産駒の最新報告"3"
2019年はジュランビルに注目


(万両賞で見せたしぶとさはかなりのもの/出典:YouTube)

POG2018-2019シーズンで活躍を見せているキンシャサノキセキ産駒は寺島良厩舎のジュランビル。小倉から初出走となった新馬戦では不利を受けながらも勝利。3戦目のファンタジーSでは、ダノンファンタジーに0.3秒差に迫る3着へと好走を見せました。

自己条件に戻り賞金の加算を狙った万両賞では、先行競馬からとてもしぶとい粘り強さを発揮し2勝目を挙げました。次走に予定しているフィリーズレビューは桜花賞への出走を懸けたレースとなります。ぜひ良い結果を出してキンシャサノキセキを代表する産駒に名乗りを挙げてほしいですね!!


最後に


活躍馬を指名することができればPOG仲間に自慢できそうな玄人向けのキンシャサノキセキ産駒。クラシック向きではありませんが、短距離路線狙いで一頭組み込んでみるのもオススメの種牡馬です。

次に公開する予定のランキング編では、実績があるラインの有力馬から注目度の低い穴馬までピックアップしていますので、気になった方はそちらもご覧ください✨ それでは♪


Thank you for Reading!!
Written by Late ☘


関連記事