スクリーンヒーロー産駒の最新レポ!! at POG2019-2020【特徴と傾向編】

read01


ここではPOG2019-2020シーズンにデビューを迎えるスクリーンヒーロー産駒について、様々な情報やデータから最新の傾向や特徴などの考察を行っております。POGをより楽しめるような内容に仕上げることを意識していますので、興味がある方はぜひ最後まで記事をご覧になってくださいね。


スクリーンヒーロー産駒について


🏇得意とする条件:芝1600m~2200m
🏇産駒たちの武器:体質の強さと成長力

グラスワンダーの後継種牡馬として期待されたスクリーンヒーロー産駒は、種付け数が少ない中でゴールドアクター・モーリスという2大実力馬を輩出しました。そういった一発はほとんどが地味で目立たないラインから登場してきているんです。そして、母馬にも恵まれているとは言えない中で、ジェネラーレウーノやグァンチャーレのような大物候補も出てくるのが魅力的な種牡馬です。

POG的にも見逃せない存在で、ここ最近では肌馬の質も上昇しておりクラシック級が出てくる可能性もある一発ロマン型というイメージですね。とにかく見栄えがする素晴らしい馬体をした産駒たちが多いのも特徴のひとつとなっています。




スクリーンヒーロー産駒の最新報告"1"
種牡馬としての評価は上々

スクリーンヒーロー産駒の頭数推移
・2011年:54頭(種牡馬デビュー)
・2012年:44頭(↓)
・2013年:34頭(↓)
・2014年:47頭(↑)
・2015年:57頭(↑)
(→モーリス・ゴールドアクター・グァンチャーレの活躍)
・2016年:88頭(↑↑)
・2017年:96頭(↑)

スクリーンヒーロー産駒は元々マイナー種牡馬という位置づけであったため、初年度の産駒数は84頭だけと関係者からの期待は控えめでした。しかしその中からゴールドアクターやモーリスといったスターホースが登場し、産駒の評価は爆発的に急上昇となりました。

2017年産まれのスクリーンヒーロー産駒は、評価が高くなった後に種付けされた馬たちなので肌馬の質も上昇傾向にあります。2017年デビューのスクリーンヒーロー産駒は過去最高となる96頭が登録されています。これはPOG2019-2020シーズンでも重賞級の逸材が出てくる可能性が高いですよ✨


スクリーンヒーロー産駒の最新報告"2"
一発のロマンを求めたい貴方に..

スクリーンヒーロー産駒
過去5年のPOG活躍馬をまとめてみた!

(カッコ内は期間内の獲得ポイント)
🏇2016年産…クリノガウディー(約3,500万pt↑)
🏇2015年産…ジェネラーレウーノ(約8,700万pt)
🏇2014年産…トラスト(約6,200万pt)
🏇2013年産…該当馬なし
🏇2012年産…グァンチャーレ(約5,600万pt)


"指名者数が少ない大物を引き当てたい"..そんなロマンを求めるPOGユーザーの方に最適なスクリーンヒーロー産駒。毎年のように少ない母数から重賞級が出ているのを見ると、"意外と引き当てることが出来るんじゃないか"とふと考えてしまいます!!

...だけどやっぱり本気のPOGとなると外れた時のリスクも大きいので、私はシェアポイント狙いのPOGで指名する勇気しかありません..!!笑 スクリーンヒーロー産駒の活躍馬って走りも馬体もズバ抜けて格好良いので、ジェネラーレウーノやクリノガウディーなどを指名できた人は羨ましいなと思います。




スクリーンヒーロー産駒の最新報告"3"
朝日杯で激走を魅せたクリノガウディー


("どうやったら買えるのか"という声も多かった渋い血統のクリノガウディー/出典:YouTube)

2019年のクラシックを盛り上げてくれそうなスクリーンヒーロー産駒の筆頭であるクリノガウディー。昨年に行われた朝日杯フューチュリティSでは、9番人気と軽視される中で2着に好走。その人気にそぐわない走りに競馬ファンからは驚きの声も多かったですね。

血統を見てみると..やっぱり地味なんです。近親に目立った活躍馬は見当たらないし、母方の血統は旬がとっくに過ぎています。..となれば、4種類の重厚なクロスが奥底に眠る才能を爆発させているとしか考えられないです。

スクリーンヒーローの血は最初からHail to ReasonとNorhern Dancerのクロスを備えています。これにより母の底力を引き出す多重クロスが作りやすくなっています。だからこそ勢いの去った血脈を続々と復活させ、種牡馬としても成功しているのかもしれません。頃合い的にはそろそろサンデーサイレンスのクロス持ちで活躍する産駒が出てきそうで狙い目ではないでしょうか♪


最後に


最後は少し難しい話になってしまいましたね..!

簡単にまとめると、スクリーンヒーロー産駒は"クロスを生かした配合で大物を輩出する種牡馬で、次世代はサンデーサイレンスのクロス持ちが狙える"という考察でした。

一発がある種牡馬はとても魅力的で、当たりを引いた時の興奮は半端ではありません。..その分難易度は高いのですが、気になった方はぜひロマンを追い求める指名をしてみてはいかがでしょうか!!それでは♪

Thank you for Reading!!
Written by Late ☘

関連記事