ダイワメジャー産駒の最新レポ!! at POG2019-2020【特徴と傾向編】

read01


ここではPOG2019-2020シーズンにデビューを迎えるダイワメジャー産駒について、様々な情報やデータから最新の傾向や特徴などの考察を行っております。POGをより楽しめるような内容に仕上げることを意識していますので、興味がある方はぜひ最後まで記事をご覧になってくださいね。


ダイワメジャー産駒の特徴や傾向



🏇得意とする条件: 芝1400m~1600m
🏇産駒たちの武器: 馬体完成の早さ

現役時代はM.デムーロ騎手とのコンビで2004年の皐月賞を制覇したダイワメジャー。その産駒たちは完成の早い馬体を活かした2歳戦が大の得意条件とし、その後も主にマイル路線で長く活躍ができる丈夫で力強い走りを持ち味としている。

ご存知の方も多いかと思いますが、ダイワメジャーは音速の走りでG1レースを4勝した名牝ダイワスカーレットのお兄さんにあたります。ダイワメジャー産駒に脚の速い馬が多いことにも納得ができますよね✨





ダイワメジャー産駒の最新報告"1"

2歳戦の強さは未だトップクラス

Linked to メジャーエンブレム | 競走馬データ - netkeiba.com



ダイワメジャー産駒
過去3年の2歳戦成績まとめ!

🏇2018年度…2歳リーディング"3位"
デビューを迎えた54頭中の24頭が勝ち上がりを達成!

🏇2017年度…2歳リーディング"5位"
デビューを迎えた68頭中の22頭が勝ち上がりを達成!

🏇2016年度…2歳リーディング"2位"
デビューを迎えた90頭中の30頭が勝ち上がりを達成!


2歳戦に強いダイワメジャー産駒、
まだまだその勢いは衰えることはありません✨

上でまとめたデータが示しているように2歳のリーディング順位はトップクラス。勝ち上がり率もディープインパクト産駒並みの安定感があります。これはダイワメジャー産駒に馬体の完成が早く、未完成の馬が多い時期から勝ち鞍を稼ぐことができることが大きな理由になりますね。

POG2018-2019では、ダイワメジャー産駒から初のクラシック兆冠を狙う"アドマイヤマーズ"をはじめとする粒揃いのスピード自慢たちが飛躍しています。POG2019-2020でもその勢いは続くでしょう♪


ダイワメジャー産駒の最新報告"2"

POGではマイル路線の活躍に期待しての指名も◎

ダイワメジャー産駒
過去5年のPOG活躍馬をまとめてみた!

(カッコ内は期間内の獲得ポイント)

🏇2016年産…アドマイヤマーズ(約1.3億pt↑)・ノーヴァレンダ(約5,000万pt↑)
🏇2015年産…フロンティア(約5,300万pt)
🏇2014年産…レーヌミノル(約2.1億pt)・ボンセルヴィーソ(約9,400万pt)
🏇2013年産…メジャーエンブレム(約2.4億pt)・ソルヴェイグ(約6,500万pt)
🏇2012年産…ダノンメジャー(約4,000万pt)


2016年産(現3歳馬)のダイワメジャー産駒はこれまでと傾向は変わらずに2歳戦で高いアベレージを叩き出しています。そして、レーヌミノルやメジャーエンブレムなどが期間内でG1を制覇しているように、時にはマイル路線で一発もあります。

そのため、POGにおいてはたっぷりとポイントを稼いでくれる貴重な存在になってくれる可能性が高いんです。指名者数も控えめですし、POGで上位を狙うのであればダイワメジャー産駒から当たりを引いて他のユーザーとの差をつけていきましょう♪




キングカメハメハ産駒の最新報告"3"

2歳王者アドマイヤマーズの登場

(出典:YouTube)

現クラシック世代からは競馬界隈では大きな話題になっているようにアドマイヤマーズという大物候補がダイワメジャー産駒から出現しました!この馬はとにかく走るのが速くて…学年に一人はいるズバ抜けた運動神経を持っているタイプです。

新馬戦から朝日杯フューチュリティSを怒涛の4連勝で締めくくった勢いは、まるでメジャーエンブレムの快進撃を思い出しますよね。そんなアドマイヤマーズの活躍により、来季のPOGではダイワメジャー産駒が例年よりも人気傾向に出ることは間違いないでしょう✨


☕最後に..


この記事の総括は…
"ダイワメジャー産駒はPOGで狙える"ということでした!

まもなく3歳馬としての始動を図るアドマイヤマーズは共同通信杯でどのような形で2歳王者の貫禄を見せてくれるかとても楽しみ!それでは♪


Thank you for Reading!!
written by Late. ☘



関連記事