❑2019年度にデビューする新種牡馬の全頭リストと評価まとめ!


ここでは2019年度に産駒がデビューを迎える新種牡馬たちの期待度を様々な面から評価しています。また、新種牡馬からそれぞれ一頭ずつ注目馬をピックアップして紹介もしております。POG2019-2020シーズンに向けてしっかりと予習しておきましょう♪

※特徴考察や注目馬ランキングなどを特集した記事がある新種牡馬に関してはここでは評価のみの記載となります。


2019年度の新種牡馬リスト(産駒頭数)

産駒頭数の右側に期待値をABCDEの5段階で評価しています。

🐎キズナ(180頭/C)
🐎エピファネイア(157頭/A)
🐎フェノーメノ(90頭/C)
🐎マジェスティックウォリアー(88頭/B)
🐎リアルインパクト(87頭/B)
🐎トゥザワールド(83頭/D)
🐎エスケンデレヤ(80頭/D)
🐎ワールドエース(79頭/C)
🐎ゴールドシップ(78頭/C)
🐎スピルバーグ(68頭/C)
🐎カレンブラックヒル(64頭/B)
🐎ヴァンセンヌ(39頭/E)
🐎ウインバリアシオン(21頭/E)
🐎タイセイレジェンド(18頭/E)
🐎ノーザンリバー(17頭/E)
🐎ハタノヴァンクール(16頭/E)
🐎グランデッツァ(12頭/E)
🐎オーシャンブルー(12頭/E)
🐎ニホンピロアワーズ(10頭/E)
🐎コパノリチャード(10頭/E)
🐎ワンダーアキュート(9頭/E)
🐎トウケイヘイロー(6頭/E)
🐎セイクリムズン(6頭/E)
🐎ガルボ(5頭/E)
🐎アスカクリチャン(5頭/E)
🐎マジンプロスパー(4頭/E)
🐎コメート(4頭/E)
🐎グランシュヴァリエ(4頭/E)
🐎エーシンジーライン(4頭/E)
🐎ラブイズブーシェ(3頭/E)
🐎ヴェリーハード(3頭/E)
🐎クラグオー(2頭/E)
🐎アポロソニック(2頭/E)
🐎ミキノバンジョー(1頭/E)
🐎ソウルシルバー(1頭/E)
🐎グロリアスノア(1頭/E)
🐎エーシンモアオバー(1頭/E)



新種牡馬キズナ産駒の評価

リンクカード引用元:キズナ | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ C
☕血統期待度☕ ▲
☕繁殖馬の質☕ ▲

2013年の日本ダービーを優勝したキズナ。
ディープインパクトの後継種牡馬の一角としての活躍に期待されている。

☕特集記事☕
📚2019年度キズナ産駒の特徴と注目馬BEST5

新種牡馬エピファネイア産駒の評価

リンクカード引用元:エピファネイア | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ A
☕血統期待度☕ ◎
☕繁殖馬の質☕ ◎

2013年の菊花賞・2014年のジャパンCなどを優勝したエピファネイア。
シーザリオの血を継ぐ超良血馬が父としても爆発的な活躍を予感させる。

☕特集記事☕
📚2019年度エピファネイア産駒の特徴と注目馬BEST5

新種牡馬フェノーメノ産駒の評価

リンクカード引用元:フェノーメノ | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ C
☕血統期待度☕ ▲
☕繁殖馬の質☕ ▲

2013年と2014年の天皇賞(春)で2連覇を達成したフェノーメノ。
ステイゴールド譲りの豊富なスタミナは産駒たちにも期待ができる。

☕特集記事☕
📚2019年度フェノーメノ産駒の特徴と注目馬BEST5

新種牡馬マジェスティックウォリアー産駒の評価

リンクカード引用元:マジェスティックウォリアー | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ B
☕血統期待度☕ ○
☕繁殖馬の質☕ ○

供用後の産駒が2019年からデビューを迎えるマジェスティックウォリアー。
すでに日本ではベストウォーリアが活躍しておりさらなる実力馬の登場が待たれる。

☕特集記事☕
📚2019年度マジェスティックウォリアー産駒の特徴と注目馬BEST5

新種牡馬リアルインパクト産駒の評価

リンクカード引用元:リアルインパクト | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ B
☕血統期待度☕ ◎
☕繁殖馬の質☕ ○

2011年の安田記念を優勝したリアルインパクト。
重戦車のように力強い末脚は豪州のG1レースでも通用した大きな武器。

☕特集記事☕
📚2019年度リアルインパクト産駒の特徴と注目馬BEST5

新種牡馬トゥザワールド産駒の評価

リンクカード引用元:トゥザワールド | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ D
☕血統期待度☕ ○
☕繁殖馬の質☕ ▲

2014年の皐月賞で2着となったトゥザワールド。
G1勝利こそないもののトゥザヴィクトリーの血筋を直に継いでいるため種牡馬として楽しみな存在に。

この一頭に注目!🐎ミエノワールド🐎

ミエノワールド | 競走馬データ - netkeiba.com


トゥザワールド×グリューネワルト
(母父:スペシャルウィーク)

☑セレクトセールで約4,400万円で落札された好馬体の持ち主。
☑世代で2頭しかいないノーザンファーム生産のトゥザワールド産駒の一頭。
☑姉であるディアンドルは現役の2歳の時点で3勝を挙げたスピードホースで素質十分。





新種牡馬エスケンデレヤ産駒の評価

☕総合期待度☕ D
☕血統期待度☕ △
☕繁殖馬の質☕ ▲

米国のG1レースであるウッドメモリアルS(ダート1800m)の優勝馬が日本で供用。
Storm Cat系の種牡馬のため、日本への適正はそれなりに期待ができる。

この一頭に注目!🐎アンフィルージュの2017🐎

アンフィルージュの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


エスケンデレヤ×アンフィルージュ
(母父:アグネスタキオン)

☑祖母はオークス馬であるウメノファイバー。
☑兄であるサンリヴァルは2018年の皐月賞を粘り強い競馬で2着に。


新種牡馬ワールドエース産駒の評価

リンクカード引用元:ワールドエース | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ C
☕血統期待度☕ ○
☕繁殖馬の質☕ ▲

2012年の皐月賞で2着となったワールドエース。
母がドイツ血統の種牡馬は非常に希少で大物が出てくればとても面白い。

この一頭に注目!🐎ハルーワソングの2017🐎

ハルーワソングの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


ワールドエース×ハルーワソング
(母父:Nureyev)

☑ヴィルシーナ・シュヴァルグラン・ヴィブロスなどを輩出したハルーワ一族の出身馬。
☑兄のフレールジャック・マーティンボロは重賞ホースでディープインパクトの血統相性が◎。

新種牡馬ゴールドシップ産駒の評価

リンクカード引用元:ゴールドシップ | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ C
☕血統期待度☕ ▲
☕繁殖馬の質☕ △

たくさんの人々を魅了するスター性と実力を兼ね備えたゴールドシップ。
どんな産駒が登場してくるのかは未知数で今からワクワクが止まりません。

☕特集記事☕
📚2019年度ゴールドシップ産駒の特徴と注目馬BEST5

新種牡馬スピルバーグ産駒の評価

☕総合期待度☕ C
☕血統期待度☕ ○
☕繁殖馬の質☕ ▲

天皇賞(秋)を含む通算6勝はすべて府中で積み上げた東京巧者のスピルバーグ。
ジェンティルドンナを破った実力馬の仔たちはなかなかの粒揃いで楽しみがありそうですよ。

この一頭に注目!🐎ジプシーハイウェイの2017🐎

リンクカード引用元:ジプシーハイウェイの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


スピルバーグ×ジプシーハイウェイ
(母父:High Chaparral)

☑名門藤沢和雄厩舎に預託が決まっているスピルバーグ産駒。
☑姉であるアマルフィコーストは2017年のファンタジーSで3着の実績があります。

新種牡馬カレンブラックヒル産駒の評価

リンクカード引用元:カレンブラックヒル | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ B
☕血統期待度☕ ▲
☕繁殖馬の質☕ ▲

秋山真一郎騎手とのコンビが印象的だったカレンブラックヒル。
すでに有力厩舎への預託がそれなりに決まっており、NHKマイルCを優勝した成長早なスピードが産駒にも伝われば2歳戦で見どころがあるかもしれません。

この一頭に注目!🐎コズミックショアの2017🐎

コズミックショアの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


カレンブラックヒル×コズミックショア
(母父:Elusive Quality)

☑セレクトセールで近藤利一氏が4,536万円で落札したカレンブラックヒル産駒。
☑購入の決め手は"友道調教師が認めた好馬体"だったからという話も。


新種牡馬ウインバリアシオン産駒の評価

リンクカード引用元:ウインバリアシオン | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ E
☕血統期待度☕ △
☕繁殖馬の質☕ △

怪物牡馬オルフェーヴルの背に何度も喰らいつく姿が魅力的だったウインバリアシオン。
種牡馬としての評価は厳しく繁殖牝馬にも恵まれていない現状で産駒の活躍は難しいと感じます。


新種牡馬オーシャンブルー産駒の評価

リンクカード引用元:オーシャンブルー | 競走馬データ - netkeiba.com


☕総合期待度☕ E
☕血統期待度☕ △
☕繁殖馬の質☕ △

2012年の有馬記念で僅差の2着に入線したオーシャンブルー。
G1は未勝利ですが一歩一歩着実に成長してきた成長力が産駒たちに生きれば面白いです。

この一頭に注目!🐎ラベンダーカラーの2017🐎

ラベンダーカラーの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


オーシャンブルー×ラベンダーカラー
(母父:サクラバクシンオー)

☑この世代のオーシャンブルー産駒で唯一のノーザンファーム生産馬。
☑祖母であるセシルブルースは母として重賞4勝馬のアイムユアーズを輩出しています。


最後に


以上が2019年度から産駒がデビューを迎えることとなる新種牡馬たちのまとめと評価でした!これだけ抑えておけばPOGでも新種牡馬枠に困ることはない…と信じたいのですが、予想外のところから大物が出てくるのも競馬の魅力。読者のみなさんが新種牡馬から良い馬を指名できることを願っています!

それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました♪☘

関連記事
スポンサーサイト