リアルインパクト産駒の特徴と注目馬ベスト5 at POG2019-2020【新種牡馬】


新種牡馬リアルインパクト産駒の特徴や注目馬を紹介!

ここでは2019年にデビューを迎える注目馬を産駒別にランキング形式で紹介しています。第4回目に取り上げるのは新種牡馬リアルインパクト産駒!POG2019-2020シーズンの指名馬候補が
見つかるかもしれませんので要チェックですよ♪

※あくまでも管理人の個人的な評価ですので皆さんとは異なる評価や考察になっている可能性もありますが、その点はご了承のうえでお楽しみください…!


☕MENU☕


c1.現役時代のリアルインパクト
c2.リアルインパクト産駒の評価と特徴
c3.2019年にデビューするリアルインパクト産駒BEST5


現役時代のリアルインパクトについて

リアルインパクト | 競走馬データ - netkeiba.com

リアルインパクトの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。


父ディープインパクト×母トキオリアリティー
(母父:Meadowlake)

関東の名門である堀宣行厩舎に所属していたリアルインパクトはノーザンファームの生産馬ということもありデビュー時には大きな期待を背負っていました。

2歳時には恵まれた500kg超えの馬格から放たれる末脚で朝日杯フューチュリティSで2着に。引き続きマイル路線を歩みNHKマイルCでは3着に好走しました。そして、その後に格上挑戦として出走した安田記念ではストロングリターン・アパパネなどの強豪古馬を相手に見事な勝利を果たしました。

以降はなかなか勝利を掴めずにいたのですが、2013・2014年の阪神Cでは2連覇を達成したりオーストラリアのG1レースであるジョージライダーS(芝1500m)では持ち前の力強い脚を生かし海外レースでの優勝を果たしました。

そんなリアルインパクトの初年度産駒は合計92頭。どんな仔が誕生するのか楽しみで仕方ありませんね!


新種牡馬リアルインパクト産駒の評価と特徴は…?


初のG1制覇を達成した安田記念のレース映像(出典:YouTube)



リアルインパクト産駒の特徴考察1.G1級を続出させたトキオリアリティーの血


リアルインパクト産駒の最大の強みはトキオリアリティーの血が確実に含まれるということであると考えています。トキオリアリティーは母としてリアルインパクト・ネオリアリズム・アイルラヴァゲインといったG1級の逸材を輩出した名繁殖馬で、祖母としてもアウィルアウェイやアンフィトリテ、アペルトゥーラなど父の良さが生きた良質な産駒を輩出している素晴らしい血の持ち主です。

リアルインパクトの仔たちにはそんな良血が流れ込むことになるため種牡馬としての価値はかなり高いでしょう。ノーザンファームの生産馬が14頭と新種牡馬の中でもトップクラスの数を誇るのはそういった点が評価されているのかもしれません。


リアルインパクト産駒の特徴考察2.前向きな気性と高い勝負根性


(阪神カップでは2連覇を達成/出典:YouTube)

現役時代のリアルインパクトは飛び抜けた武器はなかったものの粘り強い勝負根性が目立つレースぶりで古馬となってもコンマ1秒の接戦をものにしてきました。阪神カップを2連覇することができたこともその高い持久力と気迫が功を奏したのかもしれません。産駒たちにもそのあたりの能力が受け継がれてくれれば東京や阪神などの大舞台で活躍をしてくれるのではないでしょうか♪

リアルインパクト産駒の特徴考察3.馬体の完成は早め


基本的にリアルインパクト産駒の馬体が完成するのはトキオリアリティー一族の傾向を考えるとクラシックシーズン~4歳あたりになりそうですね。もちろん母との配合によって大きく変わってくるとは思いますが、ディープインパクトと2歳戦線からの活躍が目立つアイルラヴァゲイン・アウィルアウェイなどを輩出しているトキオリアリティーが織り成す血統ですから、2歳重賞やクラシックの時期にピークを迎える産駒も続々と出てくる可能性が高いですよ♪


以上が簡単にではありますがリアルインパクト産駒の特徴に関しての個人的な考察でした…!
…それでは続いて"2019年にデビューするリアルインパクト産駒BEST5"をどうぞ!


2019年にデビューするリアルインパクト産駒BEST5


❏第5位:スネガエクスプレスの2017

リアルインパクト×スネガエクスプレス
(母父:ウォーエンブレム)
▤厩舎▤ 音無秀孝(栗東)
▤馬主▤ キャロットファーム
▤生産▤ ノーザンファーム

5位は有力ラインであるスネガエクスプレスの2017!

ウォーエンブレムとの配合でパワータイプの力強い末脚に期待ができそうなスネガエクスプレスの2017は、音無厩舎にノーザンファーム生産という実績豊富な有力ラインのリアルインパクト産駒になります!

半兄には豊富なスタミナを生かし芝の中距離路線で通算4勝を挙げている現役のハーツクライ産駒であるサトノグランがいる期待の一族。すでに坂路では軽いトレーニングを開始しており軽さのある迫力満点の動きを披露しているようです。この時期から順調に調整が進めているのであれば早期デビュー組の一頭となることが濃厚で楽しみですね♪


❏第4位:アンティフォナの2017

リンクカード引用元:アンティフォナの2017 | 競走馬データ - netkeiba.com


リアルインパクト×アンティフォナ
(母父:Songandaprayer)
▤厩舎▤ 斉藤崇史(栗東)
▤馬主▤ シルクレーシング
▤生産▤ 社台コーポレーション白老ファーム

▧総合評価▧ B
▧血統評価▧ ○
▧ライン評価▧ ○
▧傾向予想▧ スピード型

4位は高いマイル適正に期待ができるアンティフォナの2017

こちらは母方がUnbridled's SongやStorm Catなどのスピードタイプの米国血統で固められたリアルインパクト産駒になります!半兄であるアンブロジオは短中距離路線でオープン入りを目の前にしておりローズキングダム産駒の中ではトップクラスの活躍ぶりを見せています。

そんなアンティフォナの2017はすでに490kgを超える雄大な馬格の持ち主!この時期にこれだけの馬体重があれば、体型に関してはひとまず安心ができそうで今後の成長もとても楽しみですね♪

❏第3位:スーヴェニアギフトの2017

リアルインパクト×スーヴェニアギフト
(母父:Souvenir Copy)
▤厩舎▤ 未定
▤馬主▤ 未定
▤生産▤ ノーザンファーム

3位は母が優秀すぎるスーヴェニアギフトの2017!

こちらは重賞戦線で活躍する実力馬を多く輩出してきたスーヴェニアギフトを母に持つリアルインパクト産駒になります。スーヴェニアギフトがこれまで産んだ仔である9頭のうち勝利を挙げたことがないのはたった1頭のみで、勝ち上がりを果たした8頭のうちの4頭はシュプリームギフトやデアレガーロなど重賞で3着以内に入った経験がある実力馬…とても優秀な一族ですよね!

そんな実績のある兄弟たちの下となるスーヴェニアギフトの2017、父がリアルインパクトに変わっても安定して高水準な走りを見せてくれるのではないでしょうか♪


❏第2位:ナオミエキスプレス

リアルインパクト×ナオミノユメ
(母父:ジャングルポケット)
▤厩舎▤ 未定
▤馬主▤ 未定
▤生産▤ レイクヴィラファーム

2位は勢いのある一族出身のナオミエキスプレス!

少し癖のある馬名のこちらはとても楽しみな牝系出身のリアルインパクト産駒になります。祖母のクロノロジストは今でも繁殖牝馬として活躍している一頭で、ここ2年では古馬となり紫苑Sを優勝したノームコアや、昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで2着に好戦したクロノジェネシスなどを母として輩出しています。

優秀な祖母であるクロノロジストに母父はダービー馬であるジャングルポケットという楽しみな配合のナオミエキスプレス、順調にいけば2歳の早い時期からマイル路線で猛威を振るってくれるかもしれませんね!


👑第1位:ディヴィニティ👑

リアルインパクト×セルキス
(母父:Monsun)
▤厩舎▤ 未定
▤馬主▤ 未定
▤生産▤ ノーザンファーム

堂々の1位は熱いドイツ配合であるディヴィニティ!

2019年にデビューするリアルインパクト産駒でトップクラスの注目を集めることが考えられるのがディヴィニティ。セレクトセールでは約2,900万円された一頭になります。

半兄には今年の若駒ステークスを快勝しクラシック路線に名乗りを挙げたヴェロックス、ジャスタウェイ産駒の代表馬になる器を持つ逸材で多くのPOGユーザーから支持を集めていますよね!

母父であるMonsunはソウルスターリングを輩出した日本の長距離条件で抜群の適性を誇り今後も楽しみなドイツ血統。ディヴィニティにも長距離適正があるようであればクラシック路線を掻き乱す存在になっても納得のポテンシャルを秘めているでしょう♪


最後に

以上が私が選出した2019年度リアルインパクト産駒のランキングでした!
産駒をリサーチしている時はランキングにするほど有力馬はいないかな?と思っていたのですが、意外にも楽しみな素材が多く集まっていてデビュー初年度から期待をしてしまいます…!POGでの指名を視野に入れてみるのも面白いのではないでしょうか!!それでは♪

Thank you for Reading!!
Written by Late ☘

関連記事