【12/16(日)】日曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【ルデュック・ハルノナゴリ・バラーディストなど】



こちらの記事では、12/16(日)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!

❏ MENU ❏

 

1.阪神5R 芝2000mデビューの注目馬

▧ルデュック/C.ルメール
▧バラーディスト/C.デムーロ
▧マジェスティ/福永祐一

2.阪神6R 芝1400mデビューの注目馬

▧ルーナクオーレ/M.デムーロ
▧ハルノナゴリ/川田将雅

3.中山5R ダート1200mデビューの注目馬

▧ジャパンスウェプト/戸崎圭太

4.中山6R 芝1600mデビューの注目馬

▧キタサンブラウン/北村宏司
▧レッドアステル/O.マーフィー


1.阪神5R 芝2000mデビューの注目馬



❑ルデュック(牡)

 
▧父名▧ ハーツクライ
▧母名▧ ヒッピー
▧母父▧ ムータティール

▤厩舎▤ 池江泰寿(栗東)
▤馬主▤ シルクレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  A
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ S
◈未知魅力度◈ A+

✓ルデュックの情報


・馬体重は490kg前後。

はじめに紹介するのは、池江厩舎×シルクレーシングの有力ラインであるルデュック✶

母であるヒッピーは、フランスの重賞を制覇したことがあるG3ホースで、主に中~長距離の芝レースで功績を挙げています。母系の競争成績はほとんどありませんので未知数な要素が多いですが、血統的には芝の長距離が向いてるでしょう。気性的にも素直なようで折り合い面には苦労しなさそうですからね。

最終追いはCWコースで67.4-52.1-38.6-11.7を強めでマークしています。一杯に追った1000万条件のヴェルテアシャフトを追走して先着するという好内容、終い11.7秒というのもなかなかに強烈で楽しみですね…!
 



❑バラーディスト(牝)

 
▧父名▧ ハーツクライ
▧母名▧ バラダセール
▧母父▧ Not For Sale

▤厩舎▤ 石坂正(栗東)
▤馬主▤ シルクレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  A-
◈ライン評価◈ A
◈未知魅力度◈ C

✓バラーディストの情報


シルクのハーツクライ産駒は2頭出しということになるということで、バラーディストも見逃せない存在です!

こちらは母のバラダセールがアルゼンチンのG1を2勝しており、産駒である全姉バラダガール&ダンサールはどちらも2勝を挙げています。兄弟に実績があるという点では、ルデュックに一歩リードしていると言えますね。

全姉たちの勝ち鞍はすべて2000m以上の芝レースのもので、長距離適正に関しては間違いありません。出遅れてしまう癖は受け継がれていないと良いのですが…笑

馬格は兄弟の中では最も小柄になりますが、そのぶん素軽さとスピードが増していそうな馬体をしています。450kgは超えているようですし、牝馬としてはベストではないでしょうか🎶
 



❑マジェスティ(牡)

 
▧父名▧ オルフェーヴル
▧母名▧ イスタンブール
▧母父▧ キングカメハメハ

▤厩舎▤ 杉山晴紀(栗東)
▤馬主▤ 近藤英子
▤生産▤ 辻牧場

◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ S

✓マジェスティの情報


父オルフェーヴルに母父キングカメハメハ、サンデーサイレンスの血が1/4を占めたヌレイエフクロス持ちという王者に相応しい配合の持ち主ですね。

厩舎×生産ラインは少し弱いのですが、母の初仔は昨季の京成杯で3着のイェッツト。父はカンパニーですからね、、オルフェーヴルに変わるとなるとかなり面白いです。
 
1週前追いはCWコースで66.5-52.1-38.0-12.3を一杯でマークしています。しっかりと水準をクリアしており、あとはレースでどのような走りを見せてくれるかだけ…!


2.阪神6R 芝1400mデビューの注目馬



❑ルーナクオーレ(牝)

 
▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ ルアーズストリート
▧母父▧ キングカメハメハ

▤厩舎▤ 大久保龍(栗東)
▤馬主▤ 落合幸弘
▤生産▤ 下河辺牧場

◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A+

✓ルーナクオーレの情報


メンバーが比較的手薄な1400m戦には、ディープインパクト×母父キングカメハメハの"ワグネリアン"配合であるルーナクオーレが登場🎶

母は短距離で鋭い切れ味を発揮し3勝を挙げたルアーズストリート…ブロードストリートの1歳下にあたります。この母系からはサトノウィザードが今季当サイトの勝ち馬評価で最高評価を獲得しています。

社台系の生産ではありませんが、下河辺牧場も走る馬を多く輩出している牧場です。体型は小柄なようで、体質面の心配はあるようですが素質は間違いないようですよ。
 


3.中山5R ダート1200mデビューの注目馬


❑ジャパンスウェプト(牡)

 
▧父名▧ スウェプトオーヴァーボード
▧母名▧ ドルチェメンテ
▧母父▧ フジキセキ

▤厩舎▤ 古賀慎明(美浦)
▤馬主▤ 新谷幸義
▤生産▤ 社台ファーム

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ A+

✓ジャパンスウェプトの情報


セレクトセールの公開調教での動きの良さが目立ち、5,400万円という高額で落札された評判馬がジャパンスウェプト。

母系にはダート路線のG1ホースであるノンコノユメがいますね。祖母のレディータイクーンも主戦場はダートだったため、母系はダート寄りな血統になっています。

ただ、母父にはフジキセキということで、ある程度の素軽さとスピード能力の高さを兼ね備えていれば芝での活躍も期待ができるでしょう。

2週前の南ウッドでの追い切りでは、68.5-53.1-39.4-12.7を直線仕掛けでマーク。水準を十分にクリアしている時計で、やはり素質の高さは感じます🎶
 


4.中山6R 芝1600mデビューの注目馬



❑キタサンブラウン(牡)

 
▧父名▧ Lord of England
▧母名▧ エノラ
▧母父▧ Noverre

▤厩舎▤ 清水久詞(栗東)
▤馬主▤ 大野商事
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ S+

✓キタサンブラウンの情報


・馬体重は500kg前後。

こちらは未知なる雰囲気を醸し出しているノーザンファーム生産の外国血統馬キタサンブラウン。

父であるLord of Englandは、主にドイツの中~長距離・芝レースで活躍した馬で海外G1を2勝しています。
 
そして母であるエノラは独オークス(G1)を勝利しているという、なかなかの血統馬ですね…!

1週前にはCWコースで82.0-65.6-50.6-37.7-12.2を一杯にマークしています。重賞実績のあるビッグスモーキーを交えた3頭併せで最先着。ん…これはかなりやれるのではないでしょうか…!?



❑レッドアステル(牝)

 
▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ レッドエルザ
▧母父▧ Smart Strike

▤厩舎▤ 国枝栄(美浦)
▤馬主▤ 東京ホースレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ A+
◈未知魅力度◈ B

✓レッドアステルの情報


・馬体重は430kg~440kg前後。

非常に良好なラインのディープインパクト産駒ですね。

母父Smart Strikeは、異父からは種牡馬となったストロングリターンを輩出し、同父からはレッドオーヴァルが出ている血統になります。

国枝師からは楽な手応えで叩きだした好時計と、センスの良さを高く評価されています。格上古馬を相手にしても遜色ない動きを見せていますし、小柄ながらも力強い走りをしてきそうな馬体をしています。器用さもあると思いますので、中山という舞台はかなり向いていそうで良い選択ですね🎶
 




以上が12/16(日)の注目馬でした。
気になる馬は見つかりましたか?

ルデュックはいかにも走るハーツクライ産駒という雰囲気が漂います🌟
それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました。

関連記事