【9/2(日)】日曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【セリユーズ・ジャスパージャック・クロノジェネシスなど】





こちらの記事では、09/02(日)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!








▧ ページ案内 ▧ 


1.小倉5R 芝1800mデビューの注目馬

▧ミントフレッシュ
▧ダノンレグナム(除外)
▧クロノジェネシス
▧ピアシック


2.新潟5R 芝1800mデビューの注目馬

▧セリユーズ
▧アメリオラシオン
▧ジャスパージャック
▧ラヴィングウェイ
▧マイディスティニー


3.新潟6R ダート1200mデビューの注目馬

▧オルトグラフ




1.小倉5R 芝1800mデビューの注目馬




●ミントフレッシュ(牝) /川又賢治

▧父名▧War Front
▧母名▧Minorette(米"G1"horse)
▧母父▧Smart Strike

▤厩舎▤音無秀孝(栗東)
▤馬主▤吉田千津
▤生産▤Shadai Farm


【ミントフレッシュの情報・事前評価】

音無厩舎からも未知な外国産馬が登場します。○外ファンにとってはたまらないですね。当初の予定では、阪神の開幕週の芝中距離戦でのデビューが予定されていました。今週のレースに登録されているということは、思ったよりも仕上がりが良いのかもしれませんね。

母Minoretteは、米G1であるベルモントオークスを勝利した実績があります。そして、母の兄にはマイル王のエイシンアポロンとドバイG1馬であるマスターオブハウンズが…。これだけの良血馬が日本デビューとは恐れ入ります。芝で走ってくるようであれば相当な活躍に期待ができますよ(^^)

調教ではそれなりの動きを見せていますが、大物感があるかと言われればそうでもないですね…。ここは大人しく静観しておきます。

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  S
◈ライン評価◈ A
◈未知魅力度◈ S+



●ダノンレグナム(牡)

▧父名▧ディープインパクト
▧母名▧ダノンプリマドンナ
▧母父▧シンボリクリスエス

▤厩舎▤大久保龍(栗東)
▤馬主▤ダノックス
▤生産▤下河辺牧場


【ダノンレグナムの情報・事前評価】

大久保厩舎×下河辺牧場という妙味たっぷりのディープインパクト産駒。父ディープインパクト×母父シンボリクリスエスは、アドミラブルと同配合になります。

母であるダノンプリマドンナはダートで通算3勝しています。ダノンレグナムはその2番仔にあたり、初仔の全兄ダノンディーヴァは芝で2勝を挙げています。ディーヴァは成長してようやくディープ産駒らしさが出てきました。レグナムも早い時期からある程度の活躍は期待できそうですが、本格化はしばらく先かもしれません。

追記:抽選により除外となりました。阪神あたりでのデビューに持ち越しですかね。

◈総合評価◈  -
◈調教評価◈  -
◈血統評価◈  A-
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ C




●クロノジェネシス(牝) /北村友一

▧父名▧バゴ
▧母名▧クロノロジスト
▧母父▧クロフネ

▤厩舎▤斉藤崇史(栗東)
▤馬主▤サンデーレーシング
▤生産▤ノーザンファーム


【クロノジェネシスの情報・事前評価】

馬体重は430kg~440kg。

斉藤師「マイル向きの良い動き。」

昨季になかなかの活躍ぶりを見せたノームコアの妹になります。母クロノロジストの仔は、好素質馬揃いで勝ち上がり率は6/7と非常に高めです。

父は凱旋門賞馬のバゴ。母はクロフネを父に持つクロノロジスト。サンデーサイレンスの血もしっかり含まれており、血統的にも楽しみな一頭ですね(^^)

CWがメインの調教では、馬なりで水準以上のタイムを何度もマークしています。脚色強めの古馬を大きく追走してしっかりと先着しているあたり、かなりの能力を感じます。

◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ S



●ピアシック(牡) /武豊

▧父名▧Central Banker
▧母名▧Our Miss Jones
▧母父▧Alphabet Soup

▤厩舎▤森秀行(栗東)
▤馬主▤キーファーズ
▤生産▤McMahon of Saratoga Thoroughbreds LLC



【ピアシックの情報・事前評価】

見慣れない単語がズラリと並ぶこちらは未知の血統で一発を放つ森厩舎の外国産馬です。武騎手×キーファーズのタッグで出走となります。

父Central Bankerは米ダートG2を勝利している実績を持ち、父父もSpeightstownということでダート色が強いと思われます。坂路では水準時計をクリアしているようですが、芝適正はイマイチかもしれませんね。

調教では坂路4F49.7という猛時計をマークしています。森厩舎の時計ですから、なかなか信頼はできませんが…笑

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  ?
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ S+


2.新潟5R 芝1800mデビューの注目馬




●セリユーズ(牝) /田辺裕信

▧父名▧ディープインパクト
▧母名▧ミュージカルロマンス
▧母父▧Concorde's Tune

▤厩舎▤国枝栄(美浦)
▤馬主▤シルクレーシング
▤生産▤ノーザンファーム


【セリユーズの情報・事前評価】

「いかにも切れそうなタイプ。」

馬体重は480~490kgで迫力十分。

国枝師×シルクの"アーモンドアイライン"のディープ産駒が新潟デビュー。カレンブーケドールは東京でのデビューに延期となったようで、国枝厩舎からはセリユーズのみの出走となります。

母であるミュージカルロマンスは海外通算12勝馬で、米G1を2勝している名スプリンター。兄のキラーコンテンツは7月に3勝目を挙げ、1000万クラスに昇格。まだまだ先がある一頭です。

キラーコンテンツはデビュー時期が遅く、POG期間内の出走は叶いませんでしたが、セリユーズは早い時期からデビューに辿り着きました。牝馬クラシック戦線を盛り上げてくれる一頭になって欲しいですね(^^)

調教では大切に扱われている印象が強く、馬なりで慎重に追い切っています。時計はあまり出ていませんが、末脚はしっかりとしたものを持っていそうです。

◈総合評価◈  A+
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  S
◈ライン評価◈ S+
◈未知魅力度◈ A



●アメリオラシオン(牝) /三浦皇成

▧父名▧ルーラーシップ
▧母名▧ローズシティ
▧母父▧フレンチデピュティ

▤厩舎▤鹿戸雄一(美浦)
▤馬主▤サラブレッドクラブ・ラフィアン
▤生産▤佐藤陽一


【アメリオラシオンの情報・事前評価】

鹿戸師「どこにも悪いところは見当たらない。」

可憐な名前が目を惹くこちらは薔薇一族であるルーラーシップ産駒。これまでの兄弟4頭はすべて牡馬でしたので、ローズシティからは初めての牝馬となります。勝ち上がりは1/4と低めですが、適性の見極めが非常に難しい血統ですからね。小さなきっかけ一つで活躍できる可能性を秘めていそうな一頭です。


◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  C-
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ C-
◈未知魅力度◈ A+




●ジャスパージャック(牡) /M.デムーロ

▧父名▧Declaration of War
▧母名▧Crescent Moon
▧母父▧Seeking the Gold

▤厩舎▤森秀行(栗東)
▤馬主▤加藤和夫
▤生産▤Camas Park Stud


【ジャスパージャックの情報・事前評価】

森厩舎の海外産馬が新潟にも登場です。こちらはデムーロ騎手を采配してくる期待値の高さ…どんな馬なんでしょうね!

父デクラレーションオブウォーは、英国の芝中距離G1を2勝しています。母父seeking the goldは同厩舎のシーキングザダイヤと同配合です。芝でも十分に対応できると思うので、ここで勝利するようなら先々にかなりの期待が持てますよ。

こちらもピアシックのように坂路で猛時計ですね。時計の過信は禁物ですが、ロマンがありますね。

◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ B-
◈未知魅力度◈ S+



●ラヴィングウェイ(牝) /福永祐一

▧父名▧ヴィクトワールピサ
▧母名▧リージェンシーロマンス
▧母父▧ディクタット

▤厩舎▤田中剛(美浦)
▤馬主▤ゴドルフィン
▤生産▤Godolphin


【ラヴィングウェイの情報・事前評価】

「フットワークが良く、将来性のある馬。」

馬体重は460kg前後。

今季絶好調のヴィクトワールピサからはラヴィングウェイが福永騎手を背にデビュー。

血統的には海外向きのイメージが強いので、日本の芝に対応できるかどうかが大きな鍵となります。近親には、QE2世ステークス覇者のマークオブディスティンクションがいます。

兄のオースオブオフィスは池江厩舎の所属馬のStreet Cry産駒。体型は完全にダートの大型馬で、未勝利勝ち上がりに苦労しています。ラヴィングウェイは馬格は平均的ですが、指名するにはリスクが多いですね。

調教では目立たない時計ですが、田中師が自ら騎乗して稽古をつけています。十分に動ける態勢にありそうです。

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ S-



●マイディスティニー(牝) /石川裕紀人

▧父名▧ヴィクトワールピサ
▧母名▧マジェスティックブライト
▧母父▧Pivotal

▤厩舎▤武藤善則(美浦)
▤馬主▤ローレルレーシング
▤生産▤ミリオンファーム


【マイディスティニーの情報・事前評価】

馬体重は500kg前後。

それほど注目されていないヴィクトワールピサ産駒ですが、血統が目に留まったのでチェックしておきたい一頭。

ヴィクトワールピサの母であるホワイトウォーターアフェアと、その姉妹であるL'Affaire Moniqueを母母に持つということで2×2のクロスが生じています。陣営からはその影響はないというコメントが出ていますが、、攻めすぎな配合な気がします。どのような走りをしてくるのかは全く想像がつきません(笑)。


◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  G(od only knows)  
◈ライン評価◈ D
◈未知魅力度◈ S+


3.新潟6R ダート1200mデビューの注目馬



●オルトグラフ(牝) /M.デムーロ

▧父名▧パイロ
▧母名▧リリク
▧母父▧Iffraaj

▤厩舎▤池上昌和(美浦)
▤馬主▤ゴドルフィン
▤生産▤Godolphin


【オルトグラフの情報・事前評価】

池上師「中距離よりは短距離の方が。」

新潟のダート戦からは、芝にも適性がありそうなこちらの一頭だけをピックアップします。

オルトグラフは池上師×ゴドルフィンがタッグを組むアイルランド生産馬。母系には、海外G1馬であるベルメッツやドビュッシーなどがいます。少し遠いですが、秋華賞馬のレッドディザイアの名前も見当たります。適性が見極めるのが難しいですが、条件がハマった時のバゴ産駒は鬼ですから楽しみですね。


◈総合評価◈  B- 
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C- 
◈未知魅力度◈ A+







以上が09/02(日)の注目馬でした。
気になる馬は見つかりましたか?
今週も新潟は揃いましたね!大物は誕生するのでしょうか…!?

それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました。



関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年