札幌2歳ステークス(G3)の有力馬をまとめてチェック!【クラージュゲリエ・ウィクトーリアなど】

-
馬の上にも三年



このページでは、今週開催される"札幌2歳ステークス"の出走馬について評価しています。
評価はすべて執筆者の主観で付けたものになりますので、参考程度に楽しんで見て頂けると幸いです。また、[勝利時の評価]は"勝ち馬評価"と同じとなっています。[調教評価]を含めた[最新総合評価]は、金曜日の更新になります。

それでは、札幌2歳Sの有力馬を見ていきましょう(^^)






▧当ページでの解説・評価対象馬

▧クラージュゲリエ
▧ウィクトーリア
▧ラブミーファイン
▧ナイママ
▧クリスタルバローズ
▧アフランシール
▧エメラルファイト


▧その他の出走馬

▧ダディーズマインド
▧セントセシリア
▧テイエムバリバリ
▧トーセンギムレット
▧トーラスジェミニ
▧ニシノデイジー
▧ハクサンタイヨウ
▧ラバストーン






▧クラージュゲリエ(牡) /M.デムーロ

▧父名▧キングカメハメハ
▧母名▧ジュモー

▤厩舎▤池江泰寿(栗東)
▤馬主▤キャロットファーム
▤生産▤ノーザンファーム


【クラージュゲリエの最新評価】


新馬戦では、かなりのスローペースの競馬となりましたが直線は一頭だけ異次元の脚色で圧勝でした。
多くの競馬ファンや関係者からの評価も非常に高く、すでにクラシック級との評価も出ています。

私もA+評価にしていますが、ペースが流れてどうなるかはまだ未知数ですね。
とはいえ、あれだけの瞬発力があれば差し展開の方が合っているはず。
陣営からも、平均ペース以上の方が競馬はしやすいというコメントもありますからね。

半兄であるプロフェットはこちらのレースで2着に入った実績があります。
洋芝であれだけの脚を使えるのですから、舞台適正には心配ないでしょう。


◈最新総合評価◈  A+

◈舞台適正◈   ◎
◈調教評価◈   A
◈馬体評価◈   A+  
◈血統評価◈   A- 
◈ライン評価◈  S
◈勝利時評価◈  A+ 






▧ウィクトーリア(牝) /田辺裕信

▧父名▧ヴィクトワールピサ
▧母名▧ブラックエンブレム

▤厩舎▤小島茂之(美浦)
▤馬主▤シルクレーシング
▤生産▤ノーザンファーム


【ウィクトーリアの最新評価】


"今回は熱発の影響はなく、パフォーマンス向上に期待"

個人的にクラージュゲリエよりも素質は上だと考えているウィクトーリア。
新馬戦では、2歳馬のコースレコードタイムを大幅に更新する快勝を見せました。
最終週の馬場でこれだけのタイムを叩き出すあたり、さすが良血馬という感じですね。

相手が少し優しすぎた印象もありますが、ここでも逃げればなかなか差せる相手はいないはずです。
兄のブライトエンブレムは2014年に当レースを制していますし、血統背景も札幌2歳S向き。

実戦型のタイプで、直前の調教の動きがひと息でも本番でしっかりと動いてくれるでしょうから心配は不要です。
鞍上は岩田騎手から田辺騎手へと乗り替わりになりましたが、先行する競馬であれば田辺騎手の方が合っているので良いですね。


◈最新総合評価◈ A

◈適性評価◈   ◎  
◈調教評価◈   - 
◈馬体評価◈   B
◈血統評価◈   A+
◈ライン評価◈  A-
◈勝利時評価◈  A






▧ラブミーファイン(牝) /池添謙一

▧父名▧ジャスタウェイ
▧母名▧ヤマノラヴ

▤厩舎▤田所秀孝(栗東)
▤馬主▤小林祥晃
▤生産▤チャンピオンズファーム

【ラブミーファインの情報と評価】


函館2歳ステークスから上位馬から参戦するのはジャスタウェイ産駒のラブミーファイン。
重賞を含むキャリア2戦というのは非常にプラス材料で、レース感覚も忘れていないでしょう。

予想におけるラブミーファインの取捨でポイントとなるのは"距離"ですね。
新馬戦1800m→函館2歳S1200m、そして今回は再び1800mということで折り合いの点で不安が出てきますが、レースセンスのある馬ですので器用に立ち回ってくれるでしょう。

新馬戦で対決した2~4着馬(ニシノデイジー・コントラチェック・トゥアレグ)は、すでに未勝利戦を勝ち上がっていて、もしかしたら函館2歳Sよりも揃っていたのはないかというメンツでしたね。
新種牡馬ジャスタウェイ産駒の注目の一戦…ここでも楽しみは十分です。


◈最新総合評価◈ B+

◈適性評価◈   ○   
◈調教評価◈   B
◈馬体評価◈   C
◈血統評価◈   C
◈ライン評価◈  C
◈勝利時評価◈  B 






▧ナイママ(牡)/五十嵐冬樹

▧父名▧ダノンバラード
▧母名▧ニシノマドカ

▤厩舎▤田部和則(北海道)
▤馬主▤岡田繁幸
▤生産▤道見牧場

【ナイママの最新評価】

門別からの参戦ながら、コスモス賞では好素質馬アガラスを撃破したナイママが参戦。
アガラスの実力は私も高く評価しており、オープンでは負けないだろうと思っていたのでナイママの勝利には驚きましたね。

コスモス賞ではメイチだったのか、馬体重を10kg減らしての参戦。
今回はその反動が出る可能性が高く、上積みは見込めないですが…名馬コスモバルクを思い出すようなシチュエーションには期待せざるを得ません!


◈最新総合評価◈ B-

◈適性評価◈  ◎
◈調教評価◈  -
◈馬体評価◈  B+
◈血統評価◈  D
◈ライン評価◈ D
◈勝利時評価◈ B   






▧クリスタルバローズ(牡)/藤岡康太

▧父名▧ヴィクトワールピサ
▧母名▧クロスバラード

▤厩舎▤奥村武(美浦)
▤馬主▤猪熊広次
▤生産▤シンユウファーム

【クリスタルバローズの最新評価】

想定で意外と人気になっているのがクリスタルバローズですね。
新馬戦では、先行押し切りの形で良血ハーツクライ産駒に完勝しています。
新馬勝ちした後には放牧に出してしっかりとリフレッシュしており、万全の態勢で出走ができそうですね。


◈最新総合評価◈ C+

◈適性評価◈   ○
◈調教評価◈   -
◈馬体評価◈   B
◈血統評価◈   C
◈ライン評価◈  C
◈勝利時評価◈  C 






▧アフランシール(牝) /岩田康誠

▧父名▧ハーツクライ
▧母名▧ルシュクル

▤厩舎▤尾関知人(美浦)
▤馬主▤前田幸治
▤生産▤ノースヒルズ

【アフランシールの最新評価】

このレースで個人的に一番注目している馬がハーツクライ産駒のアフランシール。

新馬戦での上がりは34.5と非常に優秀で、勝ち時計も1分50秒台を切る良質な内容。
相手は牡馬の評判馬ディキシーナイトでしたから、レースレベルもそれなりの高さでした。

姉のブランボヌールは函館2歳王者。アフランシールも上位人気馬に引けを取らない素質があるはずです。
想定では6番人気ですが、直前には3~4番人気まで上がってしまうと思います。


◈最新総合評価◈ A-

◈適性評価◈   ◎
◈調教評価◈   -
◈馬体評価◈   B 
◈血統評価◈   B+
◈ライン評価◈  B
◈勝利時評価◈  B+ 





▧エメラルファイト(牡)/ 石川裕紀人

▧父名▧クロフネ
▧母名▧セトウチソーラー

▤厩舎▤相沢郁(美浦)
▤馬主▤高橋勉
▤生産▤金成吉田牧場


【エメラルファイトの最新評価】

新馬戦では、良血ディープ産駒であるミディオーサの猛追を見事に振り切った勝利でした。
ミディオーサはその後の未勝利戦でも強烈な末脚を魅せ勝利していますから強い一頭です。
スタートセンスがある馬で、ハナを取れればここでも見せ場を作ってくれるかもしれません。


◈最新総合評価◈ B

◈適性評価◈   ○  
◈調教評価◈   -
◈馬体評価◈   B
◈血統評価◈   B
◈ライン評価◈  C
◈勝利時評価◈  B  









以上が札幌2歳ステークスの有力馬紹介でした。
金曜には評価を追加する予定なので、また覗きに来てくださいね!
それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました(^^)



関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年