指名馬レッドアネモスが勝利!【5分でわかる2歳戦線 PART04】

-
馬の上にも三年



こんにちは、先週の競馬もお疲れさまでした(^^)

新潟2歳ステークスはケイデンスコールが人気に応えてVということで、
今年もサンデーレーシングの勢いが止まらないですね。

私の本命だったアンブロークンは惜しくも2着に終わってしまいましたが、
あれほど大味な競馬で2着に来るのはかなりの実力です。
上位3頭は0.0秒差でハナ差、クビ差の大接戦。とても見ごたえがありました。

馬券はワイドが的中したのですが、1番人気・2番人気なので配当は安いです。
伏兵のスティルネスが来ることはまったく予想できなかったので…(^^;
兄のロードクエストが勝っているレースですから、血統的にも適性があったのでしょうね!






▤ 今週のおしながき ▤

▧レッドアネモスの新馬戦評価!
▧ケイデンスコールのレース評価!
▧アンブロークンのレース評価!

先週は有力馬の出走が少なめでしたので、さらっと綴っていきますー!




東サラ2歳初勝利!レッドアネモスの新馬戦回顧!





▧レッドアネモス(牝) / 友道康夫厩舎

父ヴィクトワールピサ×母マチカネハヤテ

◈レッドアネモスのひとこと評価◈

派手さなくとも、上のクラスでも楽しみな好素質。


東サラの2歳馬から記念すべき初勝利を飾ったのはヴィクトワールピサ産駒のレッドアネモス!
私も調教の動きの良さをはじめとした様々な要素から、JRA-VAN POGで指名馬に選んだ一頭です。





◈レッドアネモスのレース回顧◈

スタートの速さは普通でした。行きっぷりはとても良く、鞍上が抑えるほど。道中は2番手でしっかりと折り合いをつけていましたね。馬にストレスがかからない良い位置取りだったと思います。直線は思い切って馬場の荒れた最内を攻めましたね。同じ最内を走っていたシゲルモルガナイトはすぐにバテて失速したのですが、レッドアネモスは最後まで走り抜きました。

夏の新潟開催は終盤で、馬場はかなり悪化しています。そんな条件のもとで牡馬を相手に勝利したのは高く評価できます。距離についてはマイルがギリギリという意見も多いですが、整った馬場であればそんなことはないはず。ただ直線の短い舞台の方が合っているように見えましたので、次走は京都のファンタジーSあたりを狙って阪神JF路線を突き進んでほしいですね。



新潟2歳ステークスV!ケイデンスコールのレース評価は…!?





▧ケイデンスコール(牡) / 安田隆行厩舎

父ロードカナロア×母インダクティ

◈ケイデンスコールのひとこと評価◈

センス抜群。マイルならG1でも活躍できる器。





◈ケイデンスコールのレース評価◈

1戦目・2戦目に引き続き今回も上がりはメンバー内最速をマーク。
馬場が多少荒れていたのにも関わらず、抜群の安定感を誇る点が昨季のステルヴィオと似ていますね。
脚力もレースセンスも兼ね備えており、舞台に関してはどこでも対応できるでしょう。

距離に関しては、現状はマイルがベストですね。
年内は朝日杯FSを目標に調整を進めるようで、
出走が叶えば当然最有力候補として挙がる一頭です。
アドマイヤマーズとの再戦となれば、今度はどちらが勝つか本当にわかりません…!!



クビ差の2着!アンブロークンのレース評価は…!?





▧アンブロークン(牡) / 手塚貴久厩舎

父ヴィクトワールピサ×母リップスポイズン

◈アンブロークンのひとこと評価◈

能力&大物感十分。自分の形を作れれば重賞Vも。





◈アンブロークンのレース評価◈


今回は新馬戦と打って変わり後方からの競馬となりました。
事前の陣営コメントでは"逃げ先行の形で押し切る"ことを想定していたようですが、ゲートの出が遅く思わぬ形に。

直線での決め手勝負では、勝ち馬のケイデンスコールにわずかに及ばずの2着。
道中は気性難ということもあり、掛かりまくりでしたね。
やはりハナを奪って自分のペースで逃げさせる競馬の方が合っているでしょう。

まだまだ底は見せていませんから、次走も引き続き期待できます。
オルフェーヴルを思い出すようなレースぶりには大物感を感じずにはいられません(^^)







今回の内容は以上になります。

今週はローカル最終週ということで、
札幌と小倉で2歳重賞がダブルで開催されます!
こちらも特集記事を書きたいと思いますのでお楽しみに(^^)


それでは、最後まで記事をご覧いただきありがとうございました🌟


関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年