オルフェーヴル産駒(牡馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



<1.オルフェーヴル産駒の特徴!>

今シーズン新種牡馬として登場したオルフェーヴル産駒たち。シーズンが開始してからは産駒のデビューが少なく、不安の声も多かった。しかし、夏の北海道開催では牝馬のロックディスタウンがいきなり重賞制覇。

その他にも、ラッキーライラックがデビューから4連勝で桜花賞の主役となり、2着へ入線。牡馬クラシック戦線でもエポカドーロが皐月賞を快勝し、オルフェーヴル産駒初のクラシック制覇を達成。

クラシックシーズンに近づくに連れて急成長していく馬が多い印象があり、晩成型の産駒との予想も。距離も2400mまでは十分に対応できそうで、クラシック適正は十分に秘めている。まったく走らないか怪物候補かどちらかというイメージで、POG的にはとても面白い要素を揃えている。


今回はオルフェーヴル産駒の牡馬から要注目の6頭を紹介します!!





<2.POG2018-2019主な活躍馬(オルフェーヴル産駒の牡馬)>

●エポカドーロ
スプリングS2着で出走権利を獲得し、本番の皐月賞を制覇した。
後続に0.3秒の差を付ける余裕のある勝利で、日本ダービーでの活躍にも期待される。






<3.POG2018-2019注目馬>

●アルママ
父:オルフェーヴル 母:ホエールキャプチャ

厩舎:畠山吉弘(美浦)
馬主:ビッグレッドファーム
生産者:千代田牧場

私的注目度:90  
みんなの注目度:70  
活躍信頼度:60
優良血統度:100  
未知魅力度:70

*MEMO*
はじめに紹介するのは、G1馬ホエールキャプチャの初仔です
母ホエールキャプチャは圧倒的なマイル適正を誇り、ヴィクトリアマイルを制覇しています。阪神JFや桜花賞でも連対しており、その能力の高さは折り紙付きですね。

生産は母と同様に千代田牧場で、ビッグレッドファームの所有馬となっています。厩舎はここ最近ではウインブライトが活躍中の畠山厩舎で初のクラシック制覇に期待がかかります。すでに厩舎からはクラシックを狙えるとの評価を受けているそうで、母の能力の高さをしっかりと引き継いでいそうですね。

少しだけ小柄な馬体が気になりますが、クラシックを意識した指名には適している一頭ですよ!!






●ラズライトノヴァ
父:オルフェーヴル 母:アナスタシアブルー

厩舎:藤原英昭 
馬主:サンデーレーシング  
生産者:ノーザンファーム

私的注目度:80  
みんなの注目度:95  
活躍信頼度:60
優良血統度:60  
未知魅力度:70

*MEMO*
続いては、今年のトップリーディングをキープしている藤原厩舎のオルフェーヴル産駒から!

藤原厩舎のオルフェーヴル産駒といえば、今シーズンの皐月賞馬エポカドーロで実績が証明されています母アナスタシアブルーは芝の中距離レースで2勝を挙げており、新馬戦では圧巻のパフォーマンスを魅せていました。

現在は順調に調教が進んでいますが、気性の難しさが少しだけあるようですね。それでも500kgを超える迫力の馬体にはかなりの素質を秘めているように思えます。早めからのデビューが予想できますので、POG的には指名しやすい一頭でしょう。




●アルディテッツァ
父:オルフェーヴル 母:スキッフル

厩舎:池江泰寿 
馬主:G1レーシング  
生産者:社台コーポレーション白老ファーム

私的注目度:60  
みんなの注目度:60  
活躍信頼度:70
優良血統度:75  
未知魅力度:40

*MEMO*
こちらはペルシアンナイトで実績を出した池江厩舎×G1レーシングのオルフェーヴル産駒です。

母スキッフルからは、中京記念連覇など計8勝を挙げたフラガラッハをはじめ、重賞で3着以内の経験がある馬が4頭もいます。それぞれ異なる父から活躍馬を輩出していますので、オルフェーヴル産駒の当馬も活躍してくれそうですね

2017年の9番仔は父ディープインパクトで、まだまだ繁殖力が健在であることに期待されているのでしょうね。未だ堅実に能力が引き継がれていますし、一発の可能性もある血統なのではないかと思っています。

新馬戦に強い血統で、早めの勝ちあがりに期待できそうなのもプラス要素ですよ~。こちらもすでに乗り込みが進められており、早期からのデビューとなりそうです。




●マジェスティ
父:オルフェーヴル 母:イスタンブール

厩舎:杉山晴紀(栗東) 
馬主:近藤英子  
生産者:辻牧場

私的注目度:70  
みんなの注目度:30  
活躍信頼度:40
優良血統度:50  
未知魅力度:90

*MEMO*
このシンプルなネーミングでピンときた方もいらっしゃると思いますが、近藤英子氏所有のオルフェーヴル産駒です。

杉山厩舎はケイティブレイブで実績のある厩舎ですが、クラシック路線での実績はなしに等しいです。そういった点では狙いづらいかもしれませんが、大物はこのような厩舎からいきなり誕生することもありますからね~。

母イスタンブールはデビューから1戦だけで登録抹消されています。初仔のイェッツトはカンパニー産駒なのですが、今シーズンの京成杯で3着に入線しています。活躍の少ないカンパニー産駒で重賞を勝ち負けできるので、とても面白い血統かもしれません。サンデーサイレンス3×3のクロスも良い方向に傾けば大物誕生の予感がしてきます




●ゴールドアックス
父:オルフェーヴル 母:ビキニブロンド

厩舎:--- 
馬主:キャロットファーム  
生産者:ノーザンファーム

私的注目度:30  
みんなの注目度:50  
活躍信頼度:50
優良血統度:60  
未知魅力度:80

*MEMO*
続いては、スプリント~マイルまでの短距離路線でオススメしたいオルフェーヴル産駒です。
母はスプリント路線で4勝を挙げたビキニブロンドで、ゴールドアックスはその初仔となります。

叔父には、3月にOP入りを果たしたサーブルオールや、今シーズンにマイル路線での活躍に期待されたサンラモンバレーがいます。この2頭はいずれ重賞で活躍するほどの能力があると見ていますので、先読みでこの血統には注目しておきたいです。

まだまだ小柄で成長途上のように見えますので、今後の成長が楽しみですよ。
夏以降のデビュー&短距離路線での活躍を見据えた指名がしたい方におすすめします




●ジャミールフエルテ
父:オルフェーヴル 母:プリティカリーナ

厩舎:大久保龍(栗東) 
馬主:KTレーシング  
生産者:ノーザンファーム

私的注目度:100  
みんなの注目度:90  
活躍信頼度:90
優良血統度:80  
未知魅力度:50

*MEMO*
最後に紹介するのは、大久保厩舎×KTレーシングというラインのオルフェーヴル産駒。最近KTレーシングからは、トリオンフがG1戦線に名乗りを挙げましたね。

当馬は母プリティカリーナの6番仔で、半兄アンタラジーは芝マイルなどで4勝しています。同じく半兄であるエクレアスパークルは、重賞馬プラチナムバレットとタイム差なしの接戦を演じており、相当な能力を秘めています。このように、コンスタントに走る馬を輩出している血統なので、一発があってもおかしくはありません。

すでに栗東坂路で調教を進めており、本日は52.3-38.7-25.4-12.9という素晴らしいタイムを叩きだしています6月~7月の早期デビューもありそうで、王道クラシック路線での活躍を見据えた指名におすすめです!!





以上がオルフェーヴル産駒の紹介でした。
この中でも、ジャミールフエルテは特に押さえておきたい一頭かなと思っています!!
来シーズンも多くの仔がクラシック戦線を盛り上げてくれることに期待したいですね

それでは、最後まで見てくださりありがとうございました。
関連記事

馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年