新潟2歳ステークス(G3)有力馬の全頭解説と評価!

-
馬の上にも三年




このページでは、今週開催される"新潟2歳ステークス"の出走馬について評価しています。
評価はすべて執筆者の主観で付けたものになりますので、参考程度に楽しんで見て頂けると幸いです。また、[勝利時の評価]は"勝ち馬評価"と同じとなっています。[調教評価]を含めた[最新総合評価]は、金曜日の更新になります。

それでは、注目の2歳重賞シリーズ第2弾の有力馬を見ていきましょう(^^)





▧当ページでの解説・評価対象馬


▧ケイデンスコール
▧エイシンゾーン
▧アンブロークン
▧エルモンストロ
▧エイカイキャロル
▧ロードアクア
▧ジョディー
▧スティルネス

▧その他の出走馬


▧オーパキャマラード
▧エンパイアシュアー
▧ヤサカリベルテ









▧ケイデンスコール[牡]/石橋脩

[父名]ロードカナロア
[母名]インダクティ

[厩舎]安田隆行(栗東)
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[最新総合評価] A+

[馬体評価]S
[血統評価]A
[舞台適正]◎
[調教評価]A+
[ライン評価]A-
[勝利時の評価]A

安田師「ここを目標に順調。能力は足りている。」

◎2戦連続で上がり最速をマーク。
◎1600mはすでに2度経験しており、距離には問題なし。
○新潟で未勝利戦を勝ち上がっている。

サンデーレーシング×ノーザンファーム生産の強力なラインのロードカナロア産駒ですね。実績・馬体の完成度も申し分がないです。ショウナンパンドラやステイゴールドなど強力な重賞馬を多く輩出している母系に所属しており血統背景も上々。
新馬戦で破れたのは中京2歳ステークスを勝利したアドマイヤマーズ。超スローペースの展開だったため、位置取りの差で差し切れなかっただけでしょう。1番人気になるだけの実力がある馬だと思います。

1週前の坂路追いは、ラスト2ハロンからの加速が非常に素晴らしく24.9-12.4と文句なしの内容。最終追いはCWで1000万条件のダノンキングダムを大きく追走する形で併入まで持っていきました。仕上がりは抜群でしょう。




▧エイシンゾーン[牝]/幸英明

[父名]ジャスタウェイ
[母名]エーシンブランシュ

[厩舎]松元茂樹(栗東)
[馬主]栄進堂
[生産]栄進牧場

[最新総合評価] B

[馬体評価]A
[血統評価]C
[舞台適正]○
[調教評価]C
[ライン評価]C
[勝利時の評価]C

「重賞でどこまでやれるか。」

○先行してもよし、後方で溜めても良しの柔軟性がある。
○ゲートの出が速く、位置取りで優位に立てる。
△重賞実績に欠ける母系に所属。

デビュー前は少し甘く見ていた一頭ですが、中京2歳ステークスでは先団で粘り込み2着に健闘。勝ち馬とは0.5秒差の完敗でしたが、なかなかのしぶとさがあります。重賞で活躍するには、母系の実績が弱い一面も。前々から仕上がりの良い小柄でコンパクトな馬体なだけに、前走からの上積みはないかもしれません。とはいえ、注目のジャスタウェイ産駒の重賞での走りには期待してしまいますね!

調教は軽めのメニューを消化。最終追いもCWで流す程度の内容。輸送続きでの疲れが少しあるように感じます。




▧アンブロークン[牡]/石川裕紀人

[父名]ヴィクトワールピサ
[母名]リップスポイズン

[厩舎]手塚貴久(美浦)
[馬主]馬場幸夫
[生産]ノーザンファーム

[最新総合評価] S

[馬体評価]S
[血統評価]A
[舞台適正]◎
[調教評価]A
[ライン評価]A
[勝利時の評価]A+

石川騎手「前走は能力通りに走って着差以上の勝利。」

◎新馬戦では素質だけで勝利。大きな上積みが期待できる。
○母はドイツのG2ホース。一発が出てもおかしくない血統。
△フォームが未完成、幼さがありコントロールが難しい。

個人的にこのメンバーの中で一番強いと思っている一頭です。新馬戦では、ふらつきの見られる未完成なフォームから大物感溢れる勝ちっぷりを見せてくれました。戦ったメンバーも次走すぐに勝ち上がったハヤヤッコ・セイウンオフロードらですからね。石川騎手×手塚厩舎はセダブリランテスと同じラインで、久々の重賞Vに期待がかかります。

1週前には重賞ウィナーのセダブリランテスと一杯の追い比べ。先着を許してしまいましたが、ほぼ互角という動きを見せていました。こちらは本番でさらにパフォーマンスを上げてくるタイプのため、調教でこれだけ動けていれば十分です。




▧エルモンストロ[牡]/蛯名正義

[父名]ルーラーシップ
[母名]ミンティエアー

[厩舎]中竹和也(栗東)
[馬主]KTレーシング
[生産]三嶋牧場

[最新総合評価] B

[馬体評価]C
[血統評価]B+
[舞台適正]△
[調教評価]B
[ライン評価]B+
[勝利時の評価]B

「センスが高い。」

○馬体はまだまだ緩さがあり、伸びしろ十分。
○海外重賞で活躍した馬が多く属する母系。
△決め手に欠け、上がり勝負になると分が悪い。

三嶋牧場生産馬から注目のルーラーシップ産駒が参戦します。新馬戦で手綱を取ったM.デムーロ騎手から蛯名騎手へと乗り替わりが少し痛いですね。母ミンティエアーはフローラSで2着の実績がある実力馬ですから、エルモンストロにも重賞級の能力があってもおかしくありませんね。ラインが弱めなのは気になりますが、新潟の平坦コースは合っているでしょう。

調教は特別良いという訳でもなく、悪いという訳でもない水準レベルの時計と内容。新馬戦と同じくらいの仕上がりですね。



▧エイカイキャロル[牝]/北村宏司

[父名]ロードカナロア
[母名]ラフェクレール

[厩舎]藤原英昭(栗東)
[馬主]二木英徳
[生産]グッドラック・ファーム

[最新総合評価] B+

[馬体評価]B+
[血統評価]B
[舞台適正]○
[調教評価]B
[ライン評価]B+
[勝利時の評価]C

「使ってから雰囲気が良化している。」

○太め感のないコンパクトな馬体で仕上がり良い。
○新潟での勝ち鞍があり、舞台適正は上々。
○新馬戦では、終盤で遊ぶ余裕を見せていた。

名門藤原厩舎が送り出すのはロードカナロア産駒のエイカイキャロル。ディープインパクト産駒のビックピクチャーの参戦も噂されておりましたが、こちらの一頭だけを送り出すようですね。同じ舞台である新潟の新馬戦では、スローペースの流れで2番手から上がり2位の脚を使い勝利。前目に付けた馬だけが上位に来たため、展開の恩恵が大きかったですね。平均ペースからの決め手勝負になると分が悪くなりそうです。

最終追いは芝追いでさらっと。藤原厩舎特有のスタイルですね。北村騎手が騎乗してしっかりと感触を確かめており、動ける態勢は万全だと思います。




▧ロードアクア[牡]/鮫島克駿

[父名]ロードカナロア
[母名]オーシュペール

[厩舎]浅見秀一(栗東)
[馬主]ロードホースクラブ
[生産]ケイアイファーム

[最新総合評価] C

[馬体評価]B+
[血統評価]B
[舞台適正]○
[調教評価]C+
[ライン評価]C
[勝利時の評価]C

「夏バテせずに元気いっぱい。」

新馬戦では、出走予定のエンパイアシュアーを相手にしない上がり最速33.8秒の脚で堂々V。芝適性に特化した血統ではないだけに、ここでは見劣ってしまうかもしれませんが長い直線は合っているはずです。均整のとれたバランスの良い馬体が好印象です。2ヵ月ぶりの出走でどれだけ走れるかが鍵となりますね。前走後のM.デムーロ騎手からは、折り合い面について心配するコメントもあります。

調教では坂路の全体時計を1秒ほど更新する状態の良さを見せていますが、鞍上は重賞では頼りない鮫島騎手となりました。勝負気配は薄いですね。




▧ジョディー[牝]/池添謙一

[父名]ダイワメジャー
[母名]ミスティークⅡ

[厩舎]戸田博文(美浦)
[馬主]小濱忠一
[生産]ノーザンファーム

[最新総合評価] B

[馬体評価]B
[血統評価]B
[舞台適正]○
[調教評価]B+
[ライン評価]B
[勝利時の評価]B

「放牧でリフレッシュして、馬体はさらに上昇。」

現2歳世代の牝馬で一番乗りで勝利したダイワメジャー産駒ですね。新馬戦では、後にクローバー賞を圧勝するウインゼノビアを寄せ付けない逃げっぷりを魅せつけました。綺麗な加速ラップも踏めており、非常に優秀なレースでしたね。今回の舞台でも逃げればかなりのスピードを発揮してくれるのではないでしょうか。個人的に鞍上は武藤騎手で継続してほしかったですね。

1週前の調教では、南Wで4ハロン64.2という好時計をマーク。終いはかかりましたが、しっかりと差し切る形を取れており内容はいいですね。




▧スティルネス[牝]/三浦皇成

[父名]ゴールドヘイロー
[母名]マツリダワルツ

[厩舎]小島茂之(美浦)
[馬主]ロードホースクラブ
[生産]様似堀牧場

[最新総合評価] D

[馬体評価]C
[血統評価]B
[舞台適正]△
[調教評価]C
[ライン評価]C
[勝利時の評価]C

小島師「センスがあり、距離延長も大丈夫。」

兄に新潟2歳ステークスを制したロードクエストを持つゴールドヘイロー産駒。このレースに出走させるかどうかは悩んだようですが、兄弟が覇者であれば出走させたくなりますよね。小柄で仕上がり具合の上積みは見込めませんが、新馬戦は気持ちが良い快勝劇でしたから善戦に期待したいですね(^^)

調教はかなり控えめで、時計が足りていないですね。ここではなかなか厳しい戦いを強いられそうです。







以上が新潟2歳ステークスの有力馬紹介でした。
金曜には評価や調教コメントなどを追加する予定なので、また覗きに来てくださいね!
それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました(^^)



関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年