ジャスタウェイ産駒(牡馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



<ジャスタウェイ産駒の特徴予想!>

ジャスタウェイは、現役時代に芝1600~2000mまでの条件で、
G1レース3勝含め計6勝を挙げています。

長距離条件のジャパンCや有馬記念でも好走しており、こなせる距離の範囲は広いですね。

複雑なコースの中山でも圧勝しているように、器用さのある走りも見せてくれました。

ドバイのG1を制覇しているように、
海外適正もあり総合力はとても高いです。

不良馬場で行われた2014年の安田記念では、
不利を受けながらも後方からしっかりと差し切り勝利しました。

以上のことから、
スプリングSや皐月賞適正がありそうな産駒たちが多く登場すると予想します。

クラシック戦線の第一線で盛り上げてくれるような怪物の誕生に期待できます


今回はジャスタウェイ産駒の牡馬から要注目の5頭を紹介します!!







●アドマイヤジャスタ
父:ジャスタウェイ 母:アドマイヤテレサ
厩舎:須貝尚介 
馬主:近藤利一  
生産者:ノーザンファーム

[私の注目度]:60  
[みんなの注目度]:90  
[活躍信頼度]:40
[優良血統度]:80  
[未知魅力度]:50

*MEMO*
まずはじめに紹介するのは須貝厩舎から注目のジャスタウェイ産駒!

母は芝で高いパフォーマンスを見せたアドマイヤテレサで、その10番仔となります。

全兄は父ハーツクライのアドマイヤラクティで、
天皇賞(春)4着や海外G1を制覇している実績があります。

ジャスタウェイ自体がハーツクライ産駒のため、ほぼ似たような配合となりますね。

500kgを超える馬体ですが、
それを感じさせないほどの素軽い動きをしているそうです。

不安点はやはり母の繁殖力が低下しており、
ここ最近の産駒成績が振るわないことでしょうか。

それでも血統的な魅力は十分秘めていますので、
大物の可能性に期待したいですね





●エクリヴァン
父:ジャスタウェイ 母:キャッチータイトル
厩舎:田村康仁 
馬主:サンデーレーシング  
生産者:ノーザンファーム

[私的注目度]:80  
[みんなの注目度]:80  
[活躍信頼度]:60
[優良血統値]:90  
[未知魅力度]:40

*MEMO*
田村厩舎×サンデーレーシング×ノーザンファームというラインのジャスタウェイ産駒です。

こちらは半姉である2歳女王メジャーエンブレムと同様のラインとなりますね。

メジャーエンブレムは怪我によって、
まだまだこれからという時期に引退を余儀なくされましたが、
怪物級のパフォーマンスでクラシック戦線を盛り上げてくれました。

馬体はすでに500kgを超えているそうで、長距離もこなせそうな雰囲気があります。

姉を超えるような走りをしてくれることに期待して指名したい一頭です!!







●ワダツミ
父:ジャスタウェイ 母:ビーチパレード
厩舎:---  馬主:---  生産者:社台ファーム

[私的注目度]:70  
[みんなの注目度]:10   
[活躍信頼度]:20
[優良血統値]:30   
[未知魅力度]:100

*MEMO*
3頭目は大穴どころからピックアップです。

こちらは社台ファーム生産のジャスタウェイ産駒となります。

母ビーチパレードは、
ダート路線で2勝を挙げていますが、芝でも好走はしています。

1年目はダイワメジャー、2年目はヴィクトワールピサに種付けしているので、
産駒には芝での活躍を見込んでいることが考えられます。

兄弟である2頭はいずれも未だにデビューを果たせていないんですよね。

そういった点で気がかりではありますが、
良くいえば未知の魅力はたっぷりあるということです




●ポーレンの2016
父:ジャスタウェイ 母:ポーレン
厩舎:武井亮 
馬主:シルクレーシング  
生産者:社台コーポレーション白老ファーム

私的注目度:70  
みんなの注目度:60  
活躍信頼度:50
優良血統値:50   
未知魅力度:60

*MEMO*
続いては新進気鋭の武井厩舎から期待の一頭です。

母ポーレンは、アイルランドのG3を勝利している海外馬となります。

半姉であるムーンライトナイトは、
これから中距離~長距離戦線で活躍できる素質があります。

シルクの一口募集ではかなりの競争倍率になったほどの人気がありました。

すでに順調に調教が進められており、
動きに対する評価もとても高いようですよ~





●プルクラ
父:ジャスタウェイ 母:ピリカ
厩舎:---  馬主:---  生産者:社台ファーム

私的注目度:80  みんなの注目度:40   活躍信頼度:40
優良血統値:60    未知魅力度:70

*MEMO*
最後はセレクトセールにて落札価格9720万円という値が付いたジャスタウェイ産駒の紹介です。
馬主はまだ公表されていませんが、落札者である金子真人氏になるでしょう。

半姉のピリカクルは、
ダートで善戦を続けていますがまだ勝ち星を挙げられていません。

しかし、まだまだ馬体が完成していないので、成長次第で化ける可能性を秘めています。

プルクラはすでに素晴らしい馬体をしており、
高額で金子氏が落札されたことも納得ができます。

所属厩舎もまだ決まっていないため、
今の段階では指名者数も少ないことが想定されますので、穴指名にはピッタリです





以上がジャスタウェイ産駒で注目している牡馬の紹介でした▼

新種牡馬は未知な要素が多いですが、いきなりの活躍もあるので積極的に指名したいですね!!

それでは、最後まで見てくださりありがとうございました

@@@牝馬編はこちらになりますので、あわせてどうぞ♪@@@

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年