5分でわかる2歳戦線!PART01【ヴェロックス・ソルドラード・ドナアトラエンテ・アウィルアウェイ】

-
馬の上にも三年


こちらの記事では、

◩先週の2歳戦で印象に残った馬を5~6頭ほどピックアップし、主観での分析やコメント
◩今週の2歳戦(フェニックス賞・コスモス賞)の見どころや展望

などを行っていきます。
評価や分析は、いちPOGファンの個人的な解釈に過ぎないので、ゆるーくご覧くださいね。
来週からは日曜か月曜に投稿する予定です(^^)




◩ 今週のおしながき ◩

◩圧巻の新馬勝ち"ヴェロックス"の評価・分析!
◩抜群の素質を披露した"ドナアトラエンテ"の評価・分析!
◩惜しくも3着の"ソルドラード"の評価・分析!
◩ダリア賞は通過点!?"アウィルアウェイ"のレース評価・分析!

◩粒揃いの小倉2歳OP"フェニックス賞"の展望!
◩アガラスVS門別勢"コスモス賞"の展望!





◩圧巻の新馬勝ち"ヴェロックス"の評価・分析!

◩ヴェロックス(牡) / 中内田充厩舎
[父名]ジャスタウェイ
[母名]セルキス

*勝利レース*小倉/芝1800m
*ひとこと評価* クラシック級

浜中騎手「現時点では言うことなし。」

ゲートは水準レベルの速さで外枠から先行。道中は3~4番手で追走し、折り合いはバッチリでした。
第4コーナーへ辿り着く前に軽く促してあっという間に先頭へ。直線では、1頭だけ次元の違う脚色で後続に差を突き放すばかりの圧勝劇。
2着のプラネットアースとのタイム差はなんと1.3秒。サトノバリオスやイニティウムなど、ハイレベルなメンツが揃っていた中でのこの競馬は衝撃的でしたね。

時計的には平凡に見えますが…

◩スローペースの展開で上がりの差は2位に1.0秒
◩有力古馬に見劣りしない490kgを超える雄大な馬格
◩金子オーナー×中内田厩舎×ノーザンファーム生産の完璧なライン
◩調教がすでに重賞級に達している(兄弟とは比較にならないほどの動き)

まだまだありますが、クラシックで活躍するには充分な要素が揃っています。
以上のことからヴェロックスには気が早いですが"クラシック級"の評価をします。




◩抜群の素質を披露した"ドナアトラエンテ"の評価・分析!

◩ドナアトラエンテ(牝) / 国枝栄厩舎
[父名]ディープインパクト
[母名]ドナブリーニ

*勝利レース*
新潟/新馬戦/芝1800m

*ひとこと評価* 次走以降は軽視

国枝師「心臓がいい。」

スタートはあまり良くなく、中団からの競馬になりました。道中は5番手を追走し、直線ではディープインパクト産駒らしい決め手を披露し見事な勝利。エンジンがかかってからのスピードは素晴らしかったですね。馬体重は事前に発表されていた通りに418kgと小柄。使い詰めが出来ない一族ですので次走はしばらく先になることが考えられますね。能力の高さは確かなのですが、やはり体質が気になってしまいます。現時点では厳しめの評価を。







◩単勝1.1倍に支持された"ソルドラード"のひとこと評価!

◩ソルドラード(牡) / 藤沢和雄厩舎
[父名]ロードカナロア
[母名]ラドラーダ

ルメール騎手「伸びしろはかなり大きい。」

単勝1.1倍とかなりの期待を寄せられたレイデオロの弟であるソルドラード。満を持して迎えた本番では、先行勢に届かず3着までに終わりました。それでも上がりは33.1秒で最速をマーク。うまく先行勢に展開を作られてしまいましたね。あと一歩の差し損ねで悲観するような内容ではなく、未勝利脱出にはまったく苦労しないでしょう。レースを積むごとにどんどん良くなっていくタイプに見えますので引き続き期待したいですね。追い切りもすべて馬なりのメニューでしたから、まったく攻めていないという状態でこの競馬が出来たことはやはり素質があるということだと思います。




◩ダリア賞の勝ち馬"アウィルアウェイ"のひとこと評価!

◩アウィルアウェイ(牝) / 高野友和厩舎
[父名]ジャスタウェイ
[母名]ウィルパワー

*勝利レース*
新潟/ダリア賞(OP)/芝1400m

*ひとこと評価* 重賞級

M.デムーロ騎手「距離はマイルがギリギリ。」

直線では鞭を使わずの圧勝。メンバーはかなり弱めでしたが、まだまだ余裕のあるレース内容でした。プラス体重での出走で輸送も問題ないようですね。距離はマイルまでがギリギリのようで、朝日杯FSがひとまずは目標となるでしょうか。
調教の内容を見ても、坂路の4Fベストを52.8→51.8に大幅更新していますから上積みもありました。高野厩舎というのが少し気がかりですが、大切に慎重にレースを選んでいって欲しいですね。





◩粒揃いの小倉2歳OP"フェニックス賞"の展望!

フェニックス賞の昨年の勝ち馬は、新設重賞である葵Sを勝利したゴールドクイーンです。クラシックとは無縁のレースになりますが、小倉2歳Sに繋がるレースではありますので注目したいですね。

◐想定メンバーと勝利時の評価◐

◩シングルアップ/C評価
◩アーデントリー/D評価
◩チュウワフライヤー/C評価
◩リゲイン/D評価
◩コパノサンデー/未勝利
◩ハクサンウェーブ/未勝利
◩ファストアズエバー/未勝利
◩ビクトリーゴールド/未勝利

1番人気はシルクレーシング×キンシャサノキセキ産駒のシングルアップになりそうですね。新馬戦でも余裕のある勝ち方でしたし、大型馬ですので叩いた上積みも見込めると思います。8頭中4頭が未勝利馬で新馬戦で大敗していたりするのですが、この中で良い勝負をしてくれそうなのはスウェプトオーヴァーボード産駒のファストアズエバーですね。アーデントリーとの再戦になりますが、実力的にはほぼ互角でしたから展開次第で逆転もありそうです。その他、気になるのはヘニーヒューズ産駒で新馬勝ちはダートであるチュウワフライヤーの芝適正ですね。血統的には充分にこなせると思うので楽しみです。


◩アガラスVS門別勢"コスモス賞"の展望!

◐想定メンバーと勝利時の評価◐

◩アガラス/B+評価
◩トーセンギムレット/C評価
◩ハギノアップロード/未勝利
◩ウィンターフェル/未勝利
◩エアースピーダー/未勝利
◩カサブランカボーテ/未勝利
◩サージュ/未勝利
◩マイコート/未勝利
◩ライズインザノース/未勝利
◩ナイママ/未勝利

昨年の勝ち馬はクラシック戦線を盛り上げたステルヴィオでした。2,3着には門別勢が入線しており、軽視できません。中央勢からは、新馬戦でかなり強い勝ち方をしたブラックタイド産駒のアガラスが参戦します。また、岩部騎手とのコンビでベルクワイアに勝利したトーセンギムレットも有力ですね。そして、新馬戦では3着まででしたが松田厩舎のハギノアップロードもパフォーマンスを上げてくることが考えられます。クラージュゲリエの新馬戦よりもメンツは優しいのではないでしょうか。門別からの参戦馬で気になるのは、サクラプレシデント産駒のサージュですね。こちらは全兄に重賞3勝のサクラゴスペルなどがおり、芝に適性がある血統なので期待できます。門別からの台頭は非常に楽しみですね。





今週の内容は以上になります。
最後まで記事をご覧いただきありがとうございました🌟
来週の競馬も楽しんでいきましょ~!!

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年