ディープインパクト産駒(牡馬) 最新注目馬のまとめと近況情報など!【POG2018-2019最新版】

-
馬の上にも三年


こちらの記事では、POGにおいて最も注目度が高いディープインパクト産駒について書いていきます。
ディープインパクト産駒の特徴は簡単にまとめると以下の通りになります。

◩ここ10年の日本ダービーでは、ディープインパクト産駒が4度制覇している。

◩勝ち上がり率が高く、重賞レベルの活躍に期待ができる馬が多いため、POG初心者の指名に適している。

◩注目度の高い馬が多いため、人気になりやすく指名者数が多い。

◩父親譲りの切れ味を受け継いでいる馬が多く、直線では後方からの派手な追い込みも可能。



…次に、昨季のディープインパクト産駒で活躍した馬を見ていきましょう。





昨季のディープインパクト産駒活躍馬(牡馬)

●ワグネリアン
主な勝ち鞍:18'東京優駿・17'東京スポーツ杯2歳S
POG期間内獲得ポイント:約3億ポイント(全体1位)

昨季は福永騎手とのタッグで見事にダービーを制覇しました。
前の馬を捕まえる速さと、父と瓜二つなシルエットから繰り出される抜群の切れ脚が魅力です。




●ダノンプレミアム
主な勝ち鞍:17'朝日杯FS・18'弥生賞など
POG期間内獲得ポイント:約1.6億ポイント

弥生賞まで破竹の4連勝を挙げ、皐月賞を回避して直行となった東京優駿では1番人気に支持されたものの、調整に順調さを欠いて6着まで。それでも、間違いなく昨季の主役でした。

…まだまだディープインパクト産駒の勢いは衰えを知りませんね!
次に、今季にデビューするディープインパクト産駒の注目馬をまとめてチェックしましょう(^^♪




◩ディープインパクト産駒(牡馬) 最新注目馬のまとめと近況情報など!



●セントレオナード[牡]

[父名] ディープインパクト
[母名] リリーオブザヴァレー
[母父] Galileo

[厩舎] 堀宣行(美浦)
[馬主] 社台レースホース
[生産] 社台ファーム




[総合評価] S
[血統評価] S
[ライン評価] A+
[未知魅力度] B
[活躍信頼度] A




【セントレオナードの情報とポイントまとめ!】

◩馬体重は490kg前後と迫力充分のスケール。
◩母親は、仏G1馬のリリーオブザヴァレー。
◩2つ上の全兄は、16'青葉賞覇者のヴァンキッシュラン。

父ディープインパクト×母父Galileoは、英G1を勝利したサクソンウォリアーと同じ配合になります。
秋あたりでのデビューを目指しているようで、現在は軽い乗り込みを行っているみたいですね。
馬名の由来は"ある結果を引き起こすための効果"。大物感がありとても恰好良い名前です。




●ヴァイスカイザー[牡]

[父名] ディープインパクト
[母名] ナイトマジック
[母父] Sholokhov

[厩舎] 木村哲也(美浦)
[馬主] サンデーレーシング
[生産] ノーザンファーム




[総合評価] B+
[血統評価] A
[ライン評価] A+
[未知魅力度] B+
[活躍信頼度] B




【ヴァイスカイザーの情報とポイントまとめ!】

「何かを持っていそうな雰囲気がある。」

◩馬体重は460kg前後とベスト。(8月の時点)
◩母はドイツのオークスなどを含む海外7勝の実績があります。
◩現在は軽めの運動や、キャンターを順調に消化している。
◩秋のデビューを目指しており、順調に行けばそれよりも早いそうです。

兄弟である3頭は全頭勝ち上がりを果たしています。姉のアルミレーナやノチェブランカは線が細く、非力な面がありましたが、ヴァイスカイザーはこれまでで一番の馬格がありますね。





●ジュベルハフィート[牡]

[父名] ディープインパクト
[母名] ドバウィハイツ
[母父] Dubawi

[厩舎] 石坂正(栗東)
[馬主] 社台レースホース
[生産] 社台ファーム




[総合評価] B
[血統評価] A
[ライン評価] A
[未知魅力度] B
[活躍信頼度] B+




【ジュベルハフィートの情報とポイントまとめ!】

「ディープインパクト産駒らしい走りをする。」

◩馬体重は440kg~450kgとやや小柄。
◩母は米G1を含む海外通算5勝のドバウィハイツ。
◩1つ上の姉は、昨季のフィリーズレビュー覇者であるリバティハイツ。
◩すでにゲート試験に合格しており、早ければ夏のデビューも視野に。

小柄な体型で少なかった馬体重はだんだんと増えていっていますね。クラシックを見据えるには、ワグネリアンと同じ450kgまでは最低限必要でしょう。






●ライル[牡]

[父名] ディープインパクト
[母名] ライラックスアンドレース
[母父] Flower Alley

[厩舎] 手塚貴久(美浦)
[馬主] サンデーレーシング
[生産] ノーザンファーム




[総合評価] A
[血統評価] S
[ライン評価] B+
[未知魅力度] A
[活躍信頼度] A




【ライルの情報とポイントまとめ!】

「想像以上に奥のある馬。」

◩馬体重は520kg前後と大型です。(8月現在)
◩母ライラックスアンドレースは、
◩1つ上の姉は昨季の2歳女王のラッキーライラック。
◩現在は軽めのキャンターを消化中。
◩秋のデビューを視野に入れている。

スケール抜群の圧倒的な馬格を誇るライル。母ライラックスアンドレースからは初の牡馬ということで、ラッキーライラックとはまた違う魅力を発揮してくれそうですね。





●カントル[牡]

[父名] ディープインパクト
[母名] ミスアンコール
[母父] キングカメハメハ

[厩舎] 藤原英昭(栗東)
[馬主] 金子真人ホールディングス
[生産] ノーザンファーム




[総合評価] A
[血統評価] S
[ライン評価] S+
[未知魅力度] B
[活躍信頼度] B+




【カントルの情報とポイントまとめ!】

「やはり素質は感じる。」

◩馬体重は450kg前後とワグネリアンと同様くらい。
◩全兄は昨季ダービー馬のワグネリアン。
◩ダートの怪物ブロードアピールの牝系。
◩まだ気性的な幼さが残っている。
◩デビュー時期は早ければ今夏中になりそうですね。

藤原厩舎×金子真人氏の強力ラインは鬼に金棒です。このコンビであれば、2年連続でクラシック制覇なんてことも有り得なくはない話に思えてきますね…笑





●プライドランド[牡]

[父名] ディープインパクト
[母名] ザズー
[母父] Tapit

[厩舎] 高野友和(栗東)
[馬主] サンデーレーシング
[生産] ノーザンファーム




[総合評価] B
[血統評価] A
[ライン評価] B+
[未知魅力度] A+
[活躍信頼度] B




【プライドランドの情報とポイントまとめ!】

「馬体がしっかりしており、綺麗な走りをする。」

◩馬体重は450kg前後とやや足りない。
◩母ザズーは米ダートG1を2勝している。
◩母ザズーの3番仔にして、初めての牡馬。
◩デビュー情報はありませんが、調整過程を見ると今秋には見れそうですね…!

兄弟を見ても、馬体の小ささの割にズブさがあり脚が切れません。それでも全姉のアルーシャは、昨季のクイーンCで3着と素質の高さを見せました。今回は初めての牡馬ということで、馬体重が水準レベルにありますので姉とは違うタイプになりそうです。





●リスト[牡]

[父名] ディープインパクト
[母名] シルヴァースカヤ
[母父] Silver Hawk

[厩舎] 池江泰寿(栗東)
[馬主] キーファーズ
[生産] ノーザンファーム




[総合評価] S
[血統評価] S
[ライン評価] A+
[未知魅力度] S
[活躍信頼度] C




【リストの情報とポイントまとめ!】

「脚元に気を付けてじっくり調整。スピード能力は相当ありそう。」

◩2つ上の全兄は、素質を認められ種牡馬入りしたシルバーステート。
◩9月の阪神開催でのデビューに向けて調整が進められている。

ガラスの脚を持っている一族ですが、兄弟が秘めている素質はどれもクラシック級です。なかなかうまくクラシックに乗せることができない血統。名門池江厩舎はどのようなサクセスストーリーを練ってくるのか楽しみです。






以上がディープインパクト産駒の最新注目馬のまとめでした!
皆さんの指名馬・出資馬が無事にデビューできることを願っています☆



【参照雑誌】
週刊Gallop & サラブレ Presented by 【楽天マガジン】200誌以上の雑誌が読み放題!


関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年