【POG】今週出走の注目新馬をまとめてチェック!【全新馬戦・競馬情報・調教】

こちらの記事では、07/07(土)と07/08(日)に開催される新馬戦でデビューする注目新馬たちを簡潔にまとめています
レース前日には、調教評価や解説などを加えて随時リライトしていく予定です!




●ページ案内

1.土曜函館デビューの注目新馬リスト
2.日曜函館デビューの注目新馬リスト
3.土曜福島デビューの注目新馬リスト
4.日曜福島デビューの注目新馬リスト
5.土曜中京デビューの注目新馬リスト
6.日曜中京デビューの注目新馬リスト


1.土曜函館デビューの注目新馬リスト


●シェルメール[牝] /北村友一
[父名]ジャスタウェイ
[母名]ディアマイベイビー

[厩舎]渡辺薫彦(栗東)
[馬主]キャロットファーム
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] C
[調教評価] C
[血統評価] B
[ライン評価] B
[未知魅力度] A

近親にゴスホークケン(通算2勝・07'朝日杯FS)がいます。母であるディアマイベイビーは早い時期に2勝を挙げていましたので、シェルメールも早い時期から完成度の高い走りを魅せてくれそうです。父ジャスタウェイ×母父ディープインパクトも注目すべきポイントですね。調教では早い時計も出しておらず、本数も少ないように思えます。




●スズカカナロア[牡] /岩田康成
[父名]ロードカナロア
[母名]エカルラート

[厩舎]橋田満(栗東)
[馬主]永井啓弍
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B
[調教評価] C
[血統評価] C
[ライン評価] A+
[未知魅力度] A

橋田厩舎×永井啓弍氏は、サイレンススズカやスズカフェニックスなど充分な実績があります。牝系はダート色が濃いという印象で、芝への適正が問われますね。




●スワローテイルジグ[牝] /荻野琢真
[父名]ストロングリターン
[母名]エメラルドアイル

[厩舎]寺島良(栗東)
[馬主]吉田照哉
[生産]社台ファーム

[総合評価] B
[調教評価] C
[血統評価] B+
[ライン評価] B+
[未知魅力度] A+

社台ファーム生産のストロングリターン産駒。吉田照哉氏の所有馬ということで少し面白みがあります。叔父にはハーツクライがいる血統ですね。




●フライトゥヘヴン[牝] /C.ルメール
[父名]ヨハネスブルグ
[母名]パピュラ

[厩舎]新開幸一(美浦)
[馬主]大塚亮一
[生産]日の出牧場

[総合評価] C
[調教評価] B
[血統評価] C
[ライン評価] C-
[未知魅力度] B

ノースフライトの牝系・早い時期からの活躍に期待はできそうですが、ラインが弱めです。




●メジャーハリケーン[牡] /池添謙一
[父名]ダイワメジャー
[母名]マサイ

[厩舎]清水厩舎(栗東)
[馬主]林正道
[生産]服部牧場

[総合評価] B
[調教評価] B+
[血統評価] B+
[ライン評価] C+
[未知魅力度] B

ディーマジェスティと同じ服部牧場生産のダイワメジャー産駒。3つ上の半姉メジャータイフーンは15'函館2歳Sで2着。叔父にダービー馬であるエイシンフラッシュがいます。



2.日曜函館デビューの注目新馬リスト


●コントラチェック[牝] /C.ルメール
[父名]ディープインパクト
[母名]リッチダンサー

[厩舎]藤沢和雄(美浦)
[馬主]キャロットファーム
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B
[調教評価] B
[血統評価] A
[ライン評価] S
[未知魅力度] B+

母リッチダンサーの3番仔は、14'優駿牝馬3着のバウンスシャッセ。5番仔は今年の京王杯スプリングCの覇者であるムーンクエイク。産駒の素質は安定して高水準で、コントラチェックの活躍にも当然期待されています。母はディープインパクトとの交配は初めてで、新たなタイプの仔であることが期待できますね。助手からは、血統馬らしい雰囲気があると評価されています。函館で水準ほどの調教を消化しており、仕上がりは万全かと思われます。

1つ上の全兄フラットレーは新馬戦を快勝した後に苦戦していました。基本的に晩成気味の血統であると感じるので、POG的には向いていないかもしれません。




●トゥアレグ[牡] /丸山元気
[父名]エイシンフラッシュ
[母名]スウェアトウショウ

[厩舎]大久保龍(栗東)
[馬主]諸江幸祐
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] C
[調教評価] D+
[血統評価] B
[ライン評価] B+
[未知魅力度] A

大久保厩舎×エイシンフラッシュ産駒×ノーザンファームは期待のライン。叔母にはG1馬スイープトウショウ。まだまだ良化途上のようで、完成はまだまだ先のようですね。




●ヒルド[牝] /吉田隼人
[父名]ロードカナロア
[母名]ローズアダージョ

[厩舎]鈴木孝志(栗東)
[馬主]杉沢光雄
[生産]前谷武志

[総合評価] C+
[調教評価] B
[血統評価] C
[ライン評価] C
[未知魅力度] A

父ロードカナロア×母父ディープインパクトという期待の組み合わせ。調教に騎乗した吉田隼人騎手も乗り味の良さ・仕上がりの良さを評価しているようです。








●ラブミーファイン[牝] /池添謙一
[父名]ジャスタウェイ
[母名]ヤマノラヴ

[厩舎]田所英孝(栗東)
[馬主]小林祥晃
[生産]チャンピオンズファーム

[総合評価] C+
[調教評価] B+
[血統評価] C
[ライン評価] D
[未知魅力度] A

均整のとれた馬体のジャスタウェイ産駒。重賞で活躍するにはラインが弱いですね。調教では毎回のように先着しており、高水準の稽古を積めていますね。



3.土曜福島デビューの注目新馬リスト



●ファロ[牝] / 武豊
[父名]メイショウボーラー
[母名]メイショウカガリビ

[厩舎]和田勇介(美浦)
[馬主]三嶋牧場
[生産]三嶋牧場

[総合評価] D
[調教評価] C
[血統評価] C
[ライン評価] D
[未知魅力度] B

桜花賞馬チアズグレイスの牝系。母父シンボリクリスエスからはレイデオロやアドミラブルらが活躍していますが、メイショウボーラーとの相性は微妙なところです。




●プラチナポセイドン[牡] /戸崎圭太

[父名]クロフネ
[母名]アドマイヤフッキー

[厩舎]奥村武(美浦)
[馬主]ラ・メール
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B+
[調教評価] B
[血統評価] A
[ライン評価] B
[未知魅力度] B

ネオリアリズムやリアルインパクトなど多くの活躍馬が叔父母にあたるトキオリアリティーの牝系。1つ上の全姉アンフィトリテはスプリント戦をデビューから無敗の3連勝中。ノーザンファーム生産のクロフネ産駒ということで頭の隅に置いておきたいですね。




4.日曜福島デビューの注目新馬リスト


●グロリアーナ[牝] /石橋脩
[父名]ハーツクライ
[母名]ベネンシアドール

[厩舎]木村哲也(美浦)
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B+
[調教評価] B+
[血統評価] A+
[ライン評価] S
[未知魅力度] B

木村厩舎の今シーズン一番馬候補ですね。1つ上の全兄キタノコマンドールは、今年の皐月賞で5着の活躍。体調に難があるようで、スムーズにレースを使っていけないタイプであることが考えられるため、POGで指名することは人気の割におすすめできません。すでに水準級の調教には達していますが、今後さらに良化していくでしょう。




●ストーミーナイト[牡] /横山典弘
[父名]ワークフォース
[母名]ステラムーン

[厩舎]鹿戸雄一(美浦)
[馬主]前田幸治
[生産]チャンピオンズファーム

[総合評価] C
[調教評価] B+
[血統評価] B
[ライン評価] B
[未知魅力度] A+

ラッキーライラックやミッキーアイルなどと同じステラマドリッドの牝系。最終追いでは格上古馬に併入と上々の動きを見せていました。セール出身とはいえ侮れない一頭です。




●ダズリングビーチ[牝] /戸崎圭太
[父名]ハーツクライ
[母名]ビーチアイドル

[厩舎]武市康男(美浦)
[馬主]社台レースホース
[生産]社台ファーム

[総合評価] C-
[調教評価] C
[血統評価] B
[ライン評価] B
[未知魅力度] A

母の産駒はこれまで中央での勝利がないという状況。まだまだ集中力を欠く面があり、気性的にも子供のようですね。ハーツクライ産駒なので先々まで長い目で見たいですね。




●チェサピークベイ[牡] /田辺裕信
[父名]ハービンジャー
[母名]フロールデセレッソ

[厩舎]戸田博文(美浦)
[馬主]吉田勝己
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B
[調教評価] B
[血統評価] B+
[ライン評価] B+
[未知魅力度] B+

吉田勝己氏所有のハービンジャー産駒。ノーザンファーム出身でラインは上々。最終追いは南Dコースで良い内容でした。ゲートの出があまり速くないようで、スタートが鍵になりそうです。




5.土曜中京デビューの注目新馬リスト



●デュアラブル[牝] /川田将雅
[父名]Curlin
[母名]ハリケーンフラッグ

[厩舎]中内田充(栗東)
[馬主]ロードホースクラブ
[生産]ケイアイファーム

[総合評価] B+
[調教評価] A
[血統評価] B+
[ライン評価] A+
[未知魅力度] A

ダノンプレミアムと全く同じのラインのCurlin産駒。血統的には完全にダート向きであるかと思いますが、芝でデビューするあたりに陣営から芝適正への期待を寄せられているのでしょう。

最終追いではCWで81.7-65.1-50.1-37.4-11.8と素晴らしい時計。内容も追走する形でしっかりと先着もできていますから文句なしです。




●アスカリ[牡] /松田大作
[父名]キングカメハメハ
[母名]フィロンルージュ

[厩舎]西園正都(栗東)
[馬主]KTレーシング
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] A
[調教評価] A
[血統評価] B+
[ライン評価] B+
[未知魅力度] B

西園厩舎×KTレーシングのタッグ。牝系にはヴァーミリアンやサカラートなどダート戦線の重賞馬が並んでいます。調教ではCW・坂路ともにかなり早い時計を出しています。1週前の坂路では2歳馬の一番時計を計測。ダートでは間違いなく走りそうな一頭です。




●アヴァンティスト[牡] /幸英明
[父名]ダイワメジャー
[母名]ゴンチャローワ

[厩舎]西浦勝一(栗東)
[馬主]カナヤマホールディングス
[生産]谷岡牧場

[総合評価] B+
[調教評価] B
[血統評価] C+
[ライン評価] B
[未知魅力度] A

馬主のカナヤマホールディングスは、昨シーズンにカツジやカシアス・グレイルといった重賞馬を引き当てています。




●ミスビートリックス[牝] /福永祐一
[父名]ノヴェリスト
[母名]トゥザハピネス

[厩舎]池添学(栗東)
[馬主]J.ウー
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] A
[調教評価] B+
[血統評価] S
[ライン評価] B+
[未知魅力度] S

土曜の新馬では個人的に一番楽しみな一頭です。ノーザンファーム生産のノヴェリスト産駒で、トゥザヴィクトリーの超良血一族。馬主は新規の方でしょうか…ロマンがあります。1つ上の兄ミヤジユウダイは、カンパニー産駒ながら2勝を挙げています。ノヴェリスト産駒から一発があるとしたらこの馬ではないでしょうか。

調教は1週前にCWで行ったラスト1F11.8秒の走りが抜群でした。実戦での走りがとても楽しみです。




●ロイヤルヨット[牡] /松若風馬
[父名]キングズベスト
[母名]ウェイヴランナー

[厩舎]千田輝彦(栗東)
[馬主]ゴドルフィン
[生産]ダーレー・ジャパン・ファーム

[総合評価] C
[調教評価] C
[血統評価] C
[ライン評価] C
[未知魅力度] S

ゴドルフィン氏所有の海外血統馬。師からは初戦向きだというコメントがあります。




●デターミネーション[牡] /川田将雅
[父名]ゴールドアリュール
[母名]デュアルストーリー

[厩舎]小崎憲(栗東)
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B
[調教評価] A
[血統評価] B
[ライン評価] A+
[未知魅力度] C

ダートで活躍する条件は完璧に揃っているラインですね。8番仔というところが心配な要素ではありますが、調教は抜群に動いており新馬勝ちは充分に視野に入っています。




●クレッセントムーン[牡] /M.デムーロ
[父名]ヘニーヒューズ
[母名]スカイクレイバー

[厩舎]高野友和(栗東)
[馬主]シルクレーシング
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B+
[調教評価] B
[血統評価] B
[ライン評価] B
[未知魅力度] B+

スタートに少し不安があるようですね。調教は坂路中心に終い重視の内容ですね。水準の時計は出ていますので、初戦から勝ち負けできる出来でしょう。




●マイネルエイブ[牡] /和田竜二
[父名]Into Mischief
[母名]Spring

[厩舎]西園正都(栗東)
[馬主]サラブレッドクラブ・ラフィアン
[生産]Robert B. Trussell Jr.

[総合評価] C
[調教評価] B+
[血統評価] B
[ライン評価] C
[未知魅力度] A+

2週連続坂路で好時計ですね。速いスタートが武器になってくれそうです。




●ニードルズアイ[牡] /松若風馬
[父名]ルーラーシップ
[母名]サンドミエシュ

[厩舎]石坂正(栗東)
[馬主]キャロットファーム
[生産]社台コーポレーション白老ファーム

[総合評価] B+
[調教評価] A
[血統評価] B
[ライン評価] B+
[未知魅力度] A

父ルーラーシップ×母父マンハッタンカフェなので、芝でも充分に走る可能性があります。調教でも時計こそ出ていないものの、先輩古馬を相手にすべて先着していますので素晴らしい内容です。



6.日曜中京デビューの注目新馬リスト



●プラヴァス[牡] /武豊
[父名]キングカメハメハ
[母名]ヴィルシーナ(13'14'ヴィクトリアマイル)

[厩舎]友道康夫(栗東)
[馬主]佐々木主浩
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] A+
[調教評価] S
[血統評価] S+
[ライン評価] S+
[未知魅力度] B

大注目の黄金ラインのキングカメハメハ産駒。G1馬ヴィルシーナの初仔ということでさらに注目が集まります。最終追いは輸送を考慮してか全体タイムを抑えて終い強めという内容。1週前はCW80.9-65.8-51.4-38.1-11.8と素質抜群で文句なしの内容でした。大物である可能性が非常に高い一頭です。




●ダノンチェイサー[牡] /川田将雅
[父名]ディープインパクト
[母名]サミター

[厩舎]池江泰寿(栗東)
[馬主]ダノックス
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] A
[調教評価] A+
[血統評価] B
[ライン評価] S
[未知魅力度] A

セレクトセールで2億7,000万円という高値で落札されたディープインパクト産駒。池江厩舎所属とラインは完璧ですね。ただ母サミターには産駒実績がありませんので、指名するにはリスクを伴います。調教は水準以上の動きで、ディープ産駒らしい末脚を秘めているように見えますね。走りにブレがないようで、初戦から完成度の高いフォームで走ってくることが考えられます。




●トーセンカンビーナ[牡] /M.デムーロ
[父名]ディープインパクト
[母名]カンビーナ

[厩舎]角居勝彦(栗東)
[馬主]島川隆哉
[生産]社台ファーム

[総合評価] B+
[調教評価] A+
[血統評価] B
[ライン評価] B
[未知魅力度] B

先日不祥事を起こしてしまった角居厩舎からのディープインパクト産駒ですね。転厩になると思いますが、今回の仕上がりには影響ないと考えられます。レベルの高い僚馬と肩を並べての調教は高水準。決め手も充分にありそうなだけに、勝ち上がりには苦労しないでしょう。ただ厩舎の問題で今後はスムーズにいかないことが考えられます。指名は控えたいですね。




●カテドラル[牡] /福永祐一
[父名]ハーツクライ
[母名]アビラ

[厩舎]池添学(栗東)
[馬主]キャロットファーム
[生産]ノーザンファーム

[総合評価] B+
[調教評価] B+
[血統評価] A
[ライン評価] B+
[未知魅力度] A

全兄にダート重賞馬のジェベルムーサ(通算7勝)がいます。海外で活躍できそうな血統ですね。調教では早いタイムは出していませんが、僚馬に先着を許していませんから好内容ですね。追ってからの反応は素晴らしく実戦で変わるタイプだと思いますよ。




●オールイズウェル[牡] /三浦皇成
[父名]ルーラーシップ
[母名]ラブフール(12'クイーンC2着)

[厩舎]佐々木晶(栗東)
[馬主]小林竜太郎
[生産]へいはた牧場

[総合評価] B
[調教評価] B+
[血統評価] A
[ライン評価] B
[未知魅力度] S

母が通算4勝で重賞での実績もあるラブフール。生産が近年活躍馬が出ていないへいはた牧場のため、活躍信頼度は低めです。師からも評価されているように、素質とセンスは高いでしょう。






関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年