【06/24(日)新馬戦】今週出走の注目馬のまとめと評価(東京)【POG2018-2019】

こちらの記事では、06/24(日)に開催される新馬戦から注目馬をピックアップします!!
前日にPOG馬を指名する際の参考などにしてご活用ください

評価の対象となるレースは阪神5Rとなります。




アドマイヤジャスタ[牡]
父:ジャスタウェイ 母:アドマイヤテレサ

[厩舎] 須貝尚介(栗東)
[馬主] 近藤利一
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 100
[調教評価] A
[優良血統値] 85
[未知魅力度] 70

*解説・寸評*

新種牡馬ジャスタウェイ産駒の一番馬候補の初陣。母アドマイヤテレサの仔は、重賞馬アドマイヤラクティ(通算6勝・13'ダイヤモンドS)をはじめ合計12勝を挙げています。

しかし、3番仔のサトノジュピター以降は2勝以上を挙げている馬が出ていない状況。アドマイヤジャスタも10番仔なだけに信頼度は下がりますね。

目立った調教は、1週前のCW82.5-66.1-51.0-38.0-12.3ですね。ルメール騎手を背に馬なりで軽快な動きを披露しています。

当然のことながら注目度はかなり高くなっていますね。ですが、10番仔ということもあり私は指名を見送りたいと思っています…!!




ホウオウライジン[牡]
父:キングカメハメハ 母:ガールオンファイア

[厩舎] 矢作芳人(栗東)
[馬主] 小笹芳央
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 90
[みんなの注目度] 100
[調教評価] B
[優良血統値] 90
[未知魅力度] 60

*解説・寸評*
こちらはキングカメハメハ産駒の牡馬1番手候補。父キングカメハメハ×母父アグネスタキオンは、アットザシーサイドやダノンフェイスなど芝・ダートを問わず活躍できる馬を出す配合。

叔母にはレイデオロの母であるラドラーダに加え、名牝ウインドインハーヘアへと繋がるレディブロンドの牝系という血統背景も。問題は母ガールオンファイアの仔に実績がないことでしょう。

調教ではあまり時計を出すタイプではなさそうですが、坂路では51.8-37.5-24.9-12.7という猛時計を出していますから能力の高さは間違いないですね。

稽古の数は少し足りていない印象を受けますが、素質の高さでどこまでやれるか楽しみです…!!




ロードゼウス[牡]
父:ディープインパクト 母:スピニングワイルドキャット

[厩舎] 中内田充(栗東)
[馬主] ロードホースクラブ
[生産] ケイアイファーム

[私の注目度] 85
[みんなの注目度] 100
[調教評価] A
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 60

*解説・寸評*
ディープインパクト産駒からも大物候補が登場。本当にとんでもない顔ぶれですね…。中内田厩舎×ロードホースクラブ×ディープインパクト産駒のラインは、昨シーズンにダノンプレミアムがクラシック最有力候補となるほどの活躍を見せました。

1つ上の全兄ダノンスマッシュは2歳オープンで勝ち星を挙げており、朝日杯FSでも5着と高い実力を発揮していました。母父ハードスパンの配合は、デビューした5頭すべてが獲得賞金1000万を超えている安定感で今後ニックスとなる可能性を秘めているBMSです。

最終追いはCWで終い11.8というインパクトのある内容。調教で終いがキレるディープ産駒は実戦でも信頼度が高いです。重馬場も歓迎という走りもできるでしょう。













<その他の注目馬・寸評>


サンサルドス (父:オルフェーヴル)
[調教評価] A+
全兄には6勝馬ダノンメジャーや3勝馬ダノンキングダムなど、母の産駒は3頭ともに勝ち上がり。最終追いでは先輩の2勝馬ミッキーワイルドに先着という好内容。このメンバーでも充分に戦える素質があります。

ウインフルスター (父:トーセンホマレボシ)
[調教評価] C
全兄に14'皐月賞で3着のウインフルブルームがいる血統。調教は水準以下でこれからの成長に期待したい一頭です。

マイネルフラップ (父:ヴィクトワールピサ)
[調教評価] B
母は地方ダート戦線で活躍したマイネエレーナ。1週前に行ったCWでの調教が時計・内容ともに抜群でした。頭に入れておきたい一頭ですね。



関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年