ハービンジャー産駒(牡馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



<1.産駒特徴>

昨秋はディアドラが秋華賞を勝利し、ハービンジャー産駒初のG1勝利を達成しましたね。
それを皮切りに、モズカッチャンとペルシアンナイトも続けてG1馬の称号を奪取し、まさにハービンジャー産駒の秋でした。

古馬になってから本格化するという印象が付きましたが、ブラストワンピースなどダービー馬候補もいますから狙える血統だと思います。そして、鮫島厩舎や橋田厩舎などのなかなか渋いところからG1馬が出ているので、有力厩舎ではないところから指名してみるのも大アリです。

母父サンデーサイレンス(ペルシアンナイト)との相性が抜群に良いです。
それに次いでキングカメハメハ(モズカッチャン・ブラストワンピース)が良いという感じでしょうか。
個人的には母父クロフネ(ノームコア)やスペシャルウィーク(ディアドラ)が熱いなと感じています!

これから先も続々と大物が登場する種牡馬でしょうし、POG的な観点でも大注目です!!
ここではハービンジャー産駒の牡馬から要注目の6頭を紹介します。






<2.POG2017-2018主な活躍馬(ハービンジャー産駒の牡馬)>

●ブラストワンピース
新馬戦から毎日杯(G3)までを3連勝。まだまだ底を見せておらず、ダービーでも上位人気になることが考えられる。
先行・中団・後方のどこからでも抜け出せる安定した末脚を繰り出せる。長距離適性も◎。

●ケイティクレバー
若駒Sの勝ち馬。ハナを切ればとにかくシブトイ競馬をし、爽快な勝ちっぷりを魅せてくれる。
レースへの出走間隔をしっかりと考えれば、大舞台でも活躍が期待できる能力は持っている。





<3.POG2018-2019注目馬>

●アメジストヴェイグ
父:ハービンジャー 母:グルヴェイグ
厩舎:角居勝彦  馬主:サンデーレーシング 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:100  POGユーザー注目度:100  信頼度:70
良血値:100    未知魅力度:10

*MEMO*
来シーズン注目度ナンバーワンのハービンジャー産駒ですね。

母であるグルヴェイグは、超良血グルーヴ一族でマーメイドS(G3)を楽勝しています。
半兄のヴァナヘイムはクラシック候補と囁かれるくらいの走りを見せていましたが、怪我で順調にはいかなかったです。
やはりこの一族は体質に難があるので、信頼度はやや低め…。

それでも血統的な魅力は素晴らしいですよね!
今のところ順調に調整が進められているそうなので、このままいけばすぐにデビューも出来るかもしれません。
私もかなり注目している一頭で、日刊競馬POGさんの方ではすでに指名済みです!!






●ストームリッパー
父:ハービンジャー 母:スピードリッパー
厩舎:鹿戸雄一  馬主:吉田勝己  生産者:ノーザンファーム

私的注目度:90  POGユーザー注目度:40  信頼度:60
良血値:60    未知魅力度:70

*MEMO*
母スピードリッパーはオークス5着やフィリーズレビュー2着の実績があります。
叔父には過去にG1戦線で活躍したポップロックがいます。
半兄のモンツァは気性の問題か勝ち上がりに苦労しているようです。

鹿戸厩舎のハービンジャー産駒はマイネルサージュなど3頭いますが、どの馬も堅実に結果を出しています。
母母父にサンデーサイレンスを含んだ配合も面白く、迫力のある素晴らしい馬体にも目を惹かれます。
社台グループオーナーズのカタログにも、"1歳の春にしてこれほど力強さに満ちあふれた馬体は滅多に見られるものではない"と記載されています。
大物感たっぷりで早めに出てくればとても多くのポイントを稼いでくれるかもしれません!






●アドマイヤリーブラ
父:ハービンジャー 母:アドマイヤキュート
厩舎:梅田智之  馬主:近藤利一 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:70  POGユーザー注目度:60   信頼度:60
良血値:70    未知魅力度:60

*MEMO*
続いて近藤オーナーの所有馬からアドマイヤリーブラを紹介します。

母はダート戦線で3勝を挙げたアドマイヤキュートの初年度産駒です。
叔父には2010年の2歳王者グランプリボスがいます。
母父にはモズカッチャンと同様キングカメハメハという配合で、血統的な条件はとても良いと言えますね!

アドマイヤ×梅田厩舎のタッグは、アドマイヤラクティ、アドマイヤデウスなどで十分な実績がありますね。
芝の中距離~長距離が合いそうなイメージがあり、オークス適性などを見越して指名してみるのも面白いですよ~。








●ハバナウインド
父:ハービンジャー 母:グァンタナメラ
厩舎:浅見秀一  馬主:社台レースホース  生産者:追分ファーム

私的注目度:50   POGユーザー注目度:50  信頼度:50
良血値:60      未知魅力度:80

*MEMO*
次に浅見厩舎からPOG的には注目度低めなところをピックアップ。
こちらはペルシアンナイトと同じ追分ファーム生産のハービンジャー産駒です。

母グァンタナメラは芝・ダート条件の両方で合計3勝を挙げています。
初仔のため、適性は未知数ですが、芝の中距離の王道路線での活躍が期待されます。
母父フジキセキの配合はトーセンバジルなどを輩出している血統です。
勝ち気で負けず嫌いな気性があるということなので、それを良い方向に発揮できれば楽しみな一頭ですよ!




●オメガクリスマスの2016
父:ハービンジャー 母:オメガクリスマス
厩舎:  馬主:  生産者:社台ファーム

私的注目度:70  POGユーザー注目度:20  信頼度:40
良血値:40    未知魅力度:85

*MEMO*
ここで血統的な面から期待してみたい一頭をご紹介します。
母父クロフネは、現在3歳の重賞戦線で活躍中のノームコアと同じ配合です。

母オメガクリスマスは芝短距離条件を2勝している短距離のスピードタイプ。
ですが、父ハービンジャーということで中距離適性がプラスされているはずです。

父ロードカナロアの半兄パクスディオラムはダートから使い始めており、勝ち鞍なしです。
こちらは個人的には芝適性が強いと見ていますので、まだまだ試行錯誤の段階かと思います。

見た感じクロフネに似た馬体をしており、荒れた馬場状態も問題なく走れそうですよ。
まだ所属厩舎も決まっていない段階ですが、今後の動向を追いかけてみたい一頭ですね~。








●クリノオオクニヌシ
父:ハービンジャー 母:クリノスペシャル
厩舎:荒川義之  馬主:栗本博晴  生産者:木村牧場

私的注目度:60   POGユーザー注目度:5  信頼度:30
良血値:30      未知魅力度:100

*MEMO*
最後にかなりの大穴どころから1頭ピックアップします
馬主さんは"クリノ"冠でお馴染みの栗本博晴氏です。

母クリノスペシャルの5番仔です。
母の初仔である半兄クリノヒマラヤオーはダート1600万条件を含め計5勝。
5番仔のクリノライメイはまだ現役ダート1600万条件で勝ち上がりを狙っています。

母父はディアドラと同じスペシャルウィークで、配合もしっかりとしています。
芝・ダートどちらでデビューするかはわかりませんが、芝で出走してくるならば一発を秘めたロマンのある馬ですよ!!



関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年