【第3週目】新馬戦2着以下の次走注目馬と評価!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年
こんにちは

こちらの記事では、新馬戦2着以下で今後注目していきたい馬の評価をしています。
対象レースは、06/16(土)・17(日)の新馬戦となります。








<06/16(土)新馬戦の将来注目馬>

ロードワンダー[牡] (父:キンシャサノキセキ)

[出走レース・順位] 函館 /芝1000m 2着

[総合評価] D(期間内1勝クラス)
[将来性] D+

[MEMO]
上がり最速33.8秒の脚を使うも、ウインスピリタスにうまく展開を作られ2着まで。418kgという小柄で早仕上がりのタイプで、馬体の維持が課題となりそうです。期間内での勝ち上がりは大丈夫でしょう。




マルモネオフォース[牝] (父:ワークフォース)

[出走レース・順位] 阪神/ダート1200m 7着

[総合評価] D(期間内1勝クラス)
[将来性] C+(芝替わりで変身予想)

[MEMO]
ダートは合っていない印象を受けました。牝馬ながら488kgと好馬体で、体型からしても芝向きなので、芝替わりになれば好走確率が高いことが考えられます。




ザメイダン[牡] (父:ルーラーシップ)

[出走レース・順位] 東京/ダート1400m 7着

[総合評価] D+(ダートでは期間内1勝クラス)
[将来性] B(芝替わりで変身予想)

[MEMO]
こちらも確実に芝向き。上がり2位の脚は使っているものの、ズブさが目立つ走り。叩き良化型で、使いつつ動きは良化していくでしょう。距離も伸ばした方が良さそうです。




ラサーサ[牡] (父:ゴールドアリュール)
[出走レース・順位] 東京/ダート1400m 3着

[総合評価] C-(ダート期間内2勝クラス)
[将来性] B+

[MEMO]
ラインカリーナには完全に力の差を感じるレースをされ3着まで。血統的には伸びしろ抜群なので、小崎調教師の育成に期待ですね。勝ち上がりは近いでしょう。







<06/17(日)新馬戦の将来注目馬>

カルリーノ[牡] (父:マツリダゴッホ)

[出走レース・順位] 函館/芝1200m 4着

[総合評価] D(期間内1勝クラス)
[将来性] C

[MEMO]
後方から追い込んできた中では一番目立つ末脚で上がり最速をマーク。調教でもいい時計を出していますし、舞台替わりで一変する可能性を秘めています。




ブールバール[牝] (父:ルーラーシップ)

[出走レース・順位] 阪神/芝1600m 2着

[総合評価] C(500万条件通用クラス)
[将来性] C-

[MEMO]
かなり仕上がっていたようで、同じ先行勢の牡馬フォートワズワースに先着したのは評価できる内容。428kgと小柄な馬体のため、クラシック路線を戦い抜くには厳しいですね。レースセンスがあるため、勝ち上がりは間近です。




テルモードーサ[牝] (父:キンシャサノキセキ)
[出走レース・順位] 阪神/芝1600m 3着

[総合評価] C+(期間内2勝クラス)
[将来性] C

[MEMO]
ショウリュウイクゾに次ぐ上がり34.9秒は出走メンバーでは2位。阪神ならばもう少しキレて欲しいところでしたが、素質を感じる走りは魅せていました。

500kgを超える大型馬なので、動きはまだまだこれから良くなっていくでしょう。次走も引き続き期待できると思います。




フォートワズワース[牡] (父:Verrazano)

[出走レース・順位] 阪神/芝1600m 4着

[総合評価] C-
[将来性] B(ダート替わりに魅力)

[MEMO]
血統面・馬体面から見ても適正は間違いなくダートです。1番手を取れるというのは、これからのレースで武器になります。直線が短い北海道開催や中山への適正を感じますので、今後どの条件を使っていくのかが楽しみですね。




ベルクワイア[牝] (父:ロードカナロア)

[出走レース・順位] 東京/芝1600m 2着

[総合評価] C+(期間内2勝クラス)
[将来性] B+

[MEMO]
かなり良いスタートセンスを持っている馬ですね。逃げ馬をしっかりマーク出来ておりレースセンスも感じます。

…ですが、第4コーナーを2番手通過とはいえ、上がり35.3は平凡。3着には0.4秒差を付けていますので、実力を感じる内容ではありました。キレ味勝負では分が悪そうで、レースの上手さで勝ち抜けるタイプではないでしょうか。

強いメンバーが揃っていた訳ではありませんから、次走相手が強化されることがあれば苦戦を強いられるかもしれません。




アマデウス[牡] (父:キンシャサノキセキ)

[出走レース・順位] 阪神/芝1400m 2着

[総合評価] D+(期間内1勝クラス)
[将来性] D+

[MEMO]
直線では粘り強い伸びで勝ち馬ロードアクアに食い下がりました。ほぼ直線での追い比べで決まるレースとなり、1番手で逃げた位置取りが功を奏しました。

期間内で勝ち上がりは確実だとは思いますが、今回は展開に恵まれた印象で、勝ち上がりにはなかなか苦労するかもしれないです。







++管理人のひとこと++
注目馬ベルクワイアは新馬勝ちとはなりませんでしたが、素質は感じる内容で今後の成長が楽しみです…!!

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました
関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年