【06/17(日)新馬戦】注目馬のまとめと評価 函館5R・阪神5R編【POG2018-2019】

こちらの記事では、06/17(日)に開催される函館・阪神の新馬戦から私の注目馬をピックアップします!!
前日にPOG馬を指名する際の参考などにしてご活用ください










<1.阪神5R(混合戦・芝1600m)の注目馬>

フォートワズワース[牡]
父:Verrazano 母:Opulence

[厩舎] 西村真幸(栗東)
[馬主] シルクレーシング
[生産] Chelston

[私の注目度] 90
[みんなの注目度] 85
[調教評価] 90
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 100

*ひとことメモ*
シルクレーシングから期待の海外生産馬が出走します。

母Opulenceの母は、アメリカのクラシックレースであるベルモントSなど、米G1を4勝しているRags to Riches。

Giant's Causewayの3×2というクロスをはじめ、合計5つのクロス持ちという凄まじい配合です…。

最終追い切りでは、栗東坂路で52.5-37.5-24.7-12.4という猛時計をマーク。芝がダメでもダートで確実に走るでしょうね。

西村調教師もこの馬にはかなり期待しているようで、気性・動き・完成度すべてを高く評価している様子です。

500kg近い馬体の持ち主で、芝よりはダートが合っていると思うのですが、芝でどこまでいけるか楽しみです…!!





ショウリュウイクゾ[牡]
父:オルフェーヴル 母:ショウリュウムーン

[厩舎] 佐々木晶(栗東)
[馬主] 上田亙
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 85
[みんなの注目度] 80
[調教評価] 85
[優良血統値] 90
[未知魅力度] 80

*ひとことメモ*
こちらは重賞3勝馬であるショウリュウムーン(通算5勝・11'京都牝馬Sなど)の初仔となります。

厩舎はショウリュウムーンと同じ佐々木厩舎です。生産は母とは違いノーザンファームというのが良いですね。

調教では、坂路で3Fタイム38秒台をクリアしており、終いのキレ味がとても鋭い動きを魅せています。すでにかなりの素質を感じますよ。

ここで見事に新馬勝ちを飾れば、すぐさまクラシック路線を視野に入れても良いという大注目の一頭です。





ブールバール[牝]
父:ルーラーシップ 母:ヨゾラニネガイヲ

[厩舎] 大久保龍(栗東)
[馬主] 寺田寿男
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 90
[みんなの注目度] 75
[調教評価] 85
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 80

*ひとことメモ*
大久保厩舎からノーザンファーム生産のルーラーシップ産駒です。

母母には、ミッキーアイル(通算8勝・16'マイルチャンピオンS)の母であるスターアイル。ミッキーアイルは叔父ということになります。

母父アドマイヤムーンという配合は大きな実績がありませんので、そのあたりが留意点でしょうか。

一週前調教では、CWで68.1-51.8-37.7-11.8という時計を迫力たっぷりのフォームでマーク。

レースには仕上がりの良い素質馬が多く揃っているので、厳しい戦いになることが予想されますが、POGで指名すればかなり楽しめるかと思います…!!





<その他の注目馬・一行評価>

●ゴットパシオン
まだまだ動きが良化途上ですね。オルフェーヴル産駒なので先々の活躍に期待できるタイプかと思います。

●テルモードーサ
最終追いのラスト1F11.9秒はかなり評価できます。吉田勝己氏×ノーザンファーム生産ということで期待も膨らみます。

●キタサンルージュ
師からは総合力の高さを評価されています。ですが調教はまだ終いが甘いという印象を受けます。









<2.函館5R(混合戦・芝1200m)の注目馬>

ファイアーボーラー[牡]
父:メイショウボーラー 母:ユメノハコブネ

[厩舎] 武幸四郎(栗東)
[馬主] シルクレーシング
[生産] 浜本幸雄

[私の注目度] 30
[みんなの注目度] 70
[調教評価] 50
[優良血統値] 30
[未知魅力度] 80

*ひとことメモ*
武幸四郎厩舎×武豊騎手という注目ラインのメイショウボーラー産駒が登場です。

ダート馬の育成がメインの生産者のため、クラシックでの活躍は見込めないと思います。

シルクレーシングの一口馬ということもあり、注目度が先行しており想定オッズもかなり低いですね。

母ユメノハコブネの8番仔となります。産駒実績が少なく信頼度はかなり低めなので、POGの指名には向いていない一頭です。

それでも応援したくなるコンビでの出走ですから、ファンの期待に応える良い走りを見せて欲しいですね…!!






ナンヨーイザヨイ[牡]
父:エイシンフラッシュ 母:シャルルヴォア

[厩舎] 松永幹夫(栗東)
[馬主] 中村徳也
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 40
[みんなの注目度] 50
[調教評価] 40
[優良血統値] 60
[未知魅力度] 75

*ひとことメモ*
昨シーズンにラッキーライラックを輩出した松永厩舎からノーザンファーム生産のエイシンフラッシュ産駒が登場。

母は長距離路線で通算3勝を挙げたシャルルヴォアです。上の兄弟3頭のうち2頭が1つずつ勝ち星を挙げていますね。血統は断然長距離なので、短距離への適正は未知数となりますね。

調教はまだまだ時計が出ていませんので、仕上がり途上感があります。すべて馬なりで軽くの調整ですから、フルに力を発揮できるのはまだ先のことだと思います。

助手からは前向きな気性を評価されていますので、初戦から気合は充分にレースに臨めるでしょう。






デンバーテソーロ[牝]
父:Violence 母:Cloud of Smoke

[厩舎] 栗田徹(美浦)
[馬主] 了徳寺健二ホールディングス
[生産] Debbie Collum & Patricia Fairbairn

[私の注目度] 70
[みんなの注目度] 65
[調教評価] 70
[優良血統値] 60
[未知魅力度] 100

*ひとことメモ*
海外生産馬を多く所有する了徳寺健二ホールディングスからカナダ生産の一頭が登場します。

母Cloud of Smokeに関しては情報が少ないのですが、海外で11勝と充分な実績があります。母父にはSmoke Glacken…これは来月にジャパンダートダービーに出走するビッグスモーキーと同じですね。

北海道の芝にはかなり適性がありそうで、調教でもかなり動けるようになってきたとのことですから、新馬勝ちの可能性も充分にあります。

未知魅力な血統なので、一発に期待できる馬です。短距離路線でポイントを多く稼いでほしいですね…!!










<その他の注目馬・一行評価>

●タカノアンジェラス
追い切りを見る限り函館の芝はかなり合いそうです。新種牡馬ダノンバラード産駒ですから注目したいですね。

●ラインリンクス
昨年はヴァーミリアン産駒のリュウノユキナが北海道適正を見せていましたので、こちらも条件はかなり合っているはずです。




++管理人のひとこと++

阪神の新馬戦はハイレベルな戦いが期待できそうですね…!!
JRA-VAN POGでショウリュウイクゾやブールバールあたりを指名しようか迷っています

それでは、最後まで記事を見てくださりありがとうございました。
関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年