新種牡馬ダンカーク産駒 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



こんにちは

この記事では、
18'新種牡馬ダンカーク産駒の注目馬から5頭をピックアップしていきます。

先日デビューしたダンカーク産駒である、
シークレットランがとても良い馬でしたからね。

私は完全にノーマークだったのですが、
今後も要注目の新種牡馬となる予感…!!





< ダンカーク産駒最新注目馬! >


レジーナミノル[牝]
父:ダンカーク 母:ダイワエンジェル

[厩舎] 本田優(栗東)
[馬主] 吉岡實
[生産] フジワラファーム

[私の注目度] 75
[みんなの注目度] 75
[活躍信頼度] 70
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 90

*MEMO*
17'桜花賞馬の全妹のダンカーク産駒です。

厩舎・馬主・生産のラインもまったく同じですね。

2つ上の全姉にレーヌミノル(通算3勝・17'桜花賞)

ダイワエンジェルの仔は勝ち上がり率がとても高い(10頭中8頭)ので、レジーナミノルも堅実に走ってくることが考えられます。

1つ上の全兄サトノプライドは、
ハードスパン産駒ですがダートで高い能力を見せています。

どんな父でも高い能力を発揮できる血統ですので、
ダンカーク産駒のレジーナミノルもかなり期待できそうです…!!






カトルジュール[牡]
父:ダンカーク 母:パッシフローラ

[厩舎] 角田晃一(栗東)
[馬主] サンデーレーシング
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 70
[活躍信頼度] 50
[優良血統値] 60
[未知魅力度] 85

*MEMO*
サンデーレーシングから注目のダンカーク産駒です。

母パッシフローラの初仔となります。
パッシフローラは、芝2600mの500万条件で勝ち鞍のある2勝馬です。

叔母には、重賞馬マジックタイム(通算6勝・16'ダービー卿チャレンジ)もいます。

母父がディープインパクトなので、
やはり芝での走りが見てみたいですね。
体型的には、父よりも母似で芝への適正がありそうなので…!!

品のある好馬体ですから、かなり良い走りを見せてくれるでしょう。




ムーンレット[牝]
父:ダンカーク 母:スターゲイジング

[厩舎] 尾関知人(美浦)
[馬主] ミルファーム
[生産] ミルファーム

[私の注目度] 60
[みんなの注目度] 30
[活躍信頼度] 40
[優良血統値] 50
[未知魅力度] 80

*MEMO*
尾関厩舎×ミルファームがコンビを組む一頭。

母は短距離で2勝を挙げたスターゲイジング。

母父ホワイトマズルは、スマートレイアーで実績のある配合。
18'NZT覇者のカツジもそうですね。

父と母ともに豊富なパワーを持っているタイプで、
ムーンレットも500kg近い馬体であることが推測できます。

ダート色の強い血統ですが、
芝でも充分に走りそうな雰囲気です。

現在は坂路で調整を進めており、4Fタイム53.8秒を出していますので、かなり近いうちにデビューすることが予想されます。






シーディドアラバイの2016[牡]
父:ダンカーク 母:シーディドアラバイ

[厩舎] ---(-)
[馬主] ---
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 60
[みんなの注目度] 20
[活躍信頼度] 40
[優良血統値] 55
[未知魅力度] 80

*MEMO*
ノーザンファーム生産のダンカーク産駒。

まだ厩舎・馬主ともに決まっておりません。

3つ上の全姉ロッカフラベイビーは、
昨年に1600万条件を勝ち上がりオープン入りしています。
重賞戦線では苦戦していますが、実力は充分にある馬です。

母父ジャングルポケットは、ソルヴェイグ(通算4勝・16'スプリンターズS3着)を輩出している配合ですね。

情報は少ないですが、目に留めておきたい一頭です。







< 2.管理人イチオシの一頭 >


ロイヤルヴォルトの2016[牡]
父:ダンカーク 母:ロイヤルヴォルト

[厩舎] ---(-)
[馬主] ---
[生産] 千代田牧場

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 15
[活躍信頼度] 30
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 100

*MEMO*
千代田牧場生産のダンカーク産駒ですね。

こちらも厩舎・馬主ともに未定となっています。
4月下旬産まれですから、始動も遅めなのでしょうか。

ロイヤルヴォルトの初仔となります。
母は未勝利馬ですが、かなりの良血馬です。

母父はディープインパクト。
母母レディジョアンは、米G1を勝利しています。

Unbridledの3×4のクロスも珍しく、
かなり面白い血統ではないでしょうか…!!

未知な要素が多いのですが、追いかけてみたい一頭です。






以上がダンカーク産駒から期待の5頭でした。

ダートでの活躍を期待されているダンカーク産駒ですが、
芝でも充分に戦えそうなので、未知な魅力がありますね。


それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました

関連記事

馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年