ジャスタウェイ産駒(牝馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



こんにちは

この記事では、
ジャスタウェイ産駒の注目牝馬から6頭を紹介していきますね。

ジャスタウェイ産駒はつい先日に、
アウィルアウェイがスプリントで強い勝ち方をしたので要注目ですよ~!!





< ジャスタウェイ産駒最新注目馬!! >

トスアップ[牝]
父:ジャスタウェイ 母:トップライナーⅡ

[厩舎]池江泰寿(栗東)
[馬主]シルクレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 70
[みんなの注目度] 70  
[活躍信頼度] 30
[優良血統値] 70
[未知魅力度] 80

*MEMO*
池江厩舎×シルクレーシングの有力ラインですね。

このラインは、先日にストロングタイタンが鳴尾記念を勝利しており縁起が良いです。

1個上の全姉ステラーインパクトはディープインパクト産駒で未勝利停滞中。

こちらはすぐに馬体が減ってしまうタイプで、体質に難がある馬でした。

現在は成長待ちで放牧に出されているようです。

5月時点で馬体重は420kgほど…
馬体の写真を見ても少し物足りない印象を受けます。

トスアップも上と同じように体調のコントロールが難しそうなので、
POGには不向きかもしれませんね。

とはいえ、
名門池江厩舎のジャスタウェイ産駒ということでデビューが待ち遠しいです…!!




ワイオラの2016[牝]
父:ジャスタウェイ 母:ワイオラ

[厩舎] 中内田充(栗東)
[馬主] 東京ホースレーシング
[生産] ノーザンファーム

[私の注目度] 40
[みんなの注目度] 60
[活躍信頼度] 40
[優良血統値] 60
[未知魅力度] 80

*MEMO*
中内田厩舎×東サラがコンビを組むジャスタウェイ産駒です。

セレクトセールでは2,200万円という値段で落札された馬ですね。

母ワイオラの初仔であるトレジャーステイトは、英×米配合でダート路線で3勝。

全姉のマカレアとミリラニはともに410kgほどの馬体重で非力なタイプでした。

父がジャスタウェイ産駒に変わった当馬は、
上2頭よりは馬体重があるようです。

今後の成長力に期待されているようで、
本格化はまだまだ先のことであると予想されます。




ファナティック[牝]
父:ジャスタウェイ 母:グレイトフィーヴァー

[厩舎] ---
[馬主] キャロットファーム
[生産] 社台コーポレーション白老ファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 65
[活躍信頼度] 75
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 60

*MEMO*
こちらはグレイトフィーヴァーの13番仔になります。

母の産駒は複数勝利を挙げている馬が7頭もおり、重賞クラスも輩出しています。

全姉のシャルールは10番仔ながら、
古馬重賞戦線で活躍した実績がありますからね。

素晴らしい繁殖牝馬で、
まだまだ力のある馬を生み出せる繁殖力に期待ができます。

四肢が長く長距離向きの馬体をしていますから、
クラシックレースの条件に適正を感じます。

デビューする時期については未定のようですが、
順調に調整は進んでいるようです。




レイザーズエッジ[牝]
父:ジャスタウェイ 母:ファニーモーク

[厩舎] 松田国英(栗東)
[馬主] ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
[生産] 辻牧場

[私の注目度] 85
[みんなの注目度] 60
[活躍信頼度] 50
[優良血統値] 50
[未知魅力度] 100

*MEMO*
エポカドーロで勢いのある一口クラブからの一頭ですね。

松田厩舎は生産牧場に関係なく名馬を輩出しますから期待が高まります。


レイザーズエッジは母ファニーモークの8番仔にあたります。

母の産駒で最も活躍したのは、
父サクラバクシンオーのシンフォニア(現役・通算3勝)。

兄弟たちを見ると、
父の適正を堅実に引き出している馬が多いという印象を受けます。

その点から考えると、
新種牡馬で一番評判が良いと言われているジャスタウェイ産駒との配合は妙味があります。

5月下旬生まれの馬ですから、
デビュー・仕上がりともに遅い時期になるかもしれないですね。




ヴィルデフラウ[牝]
父:ジャスタウェイ 母:ニンフⅡ

[厩舎] 須貝尚介(栗東)
[馬主] G1レーシング
[生産] 追分ファーム

[私の注目度] 70
[みんなの注目度] 80
[活躍信頼度] 60
[優良血統値] 65
[未知魅力度] 70

*MEMO*
父であるジャスタウェイを育てた須貝厩舎から期待の一頭。

叔父には種牡馬となったヨハネスブルグがいます。

1個上の全兄は、
実戦でのデビューが叶わないまま怪我で引退してしまいました。

異様に首が長く、
明らかに競馬向きの体型ではなかったですからね…。

ヴィルデフラウにはそういった点は見られないため、
体型的には問題ないでしょう。

現状ではまだまだスタミナ不足な面があるそうで、
しばらくはそこが課題となりそうです。

ジャスタウェイのことを最もよく知る須貝調教師…
ヴィルデフラウはどのように育て上げるのか楽しみです…!!





< 2.管理人イチオシの一頭 >

ムーンシェイプト[牝]
父:ジャスタウェイ 母:ウーマンシークレット

[厩舎]尾関知人(美浦)
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 100
[みんなの注目度] 80
[活躍信頼度] 70
[優良血統値] 85
[未知魅力度] 80

*MEMO*
レッドファルクスで名を上げた尾関厩舎から期待のジャスタウェイ産駒。

クールな名前だけでもう指名したくなっちゃいます…笑

叔母に名牝ラヴズオンリーミー
Rumplestiltskinなど錚々たる顔ぶれです。

日本の芝に充分対応できる牝系なだけに、
クラシック適正を秘めていることが期待できます。

15-15も消化できており、
順調に調整が進められていることが伺えます。

現在の馬体重は460kgを超えているようです、
欲を言えばあと10kgほど欲しいところ…!!





以上がジャスタウェイ産駒(牝馬)期待の6頭でした。

新種牡馬のなかでは、
関係者からの評判はナンバーワンのようですからPOGの指名にも適しています。

クラシック路線を賑わせる存在も登場する可能性は充分にありますからね…!!

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年