【第2週目】新馬戦の勝ち馬評価!!【POG2018-2019】



こんにちは。
いつも見てくださりありがとうございます!!
怒涛のG1ウィークが終了し、宝塚記念まではG3が続き落ち着きますね。
私は今年なかなか重賞で馬券が当たらず苦悶しております…笑。

さて、今回はさっそくPOG2週目の勝ち馬評価を行っていきますね。





« 06/09(土)の勝ち馬評価 »

アウィルアウェイ[牡]
[勝利レース] 阪神/芝1200m
[騎乗騎手] M.デムーロ
[勝ち時計] 1.10.3

[総合評価] B+(2歳重賞制覇クラス)
[将来性] A
[対戦相手レベル] 並
[路線予想] 朝日杯FS路線

[MEMO]
ジャスタウェイ産駒から初の勝利馬が誕生。
スタートは出足がつかずに大出遅れ、最後方からのレースとなった。
かなりのロスとなったが、鞍上のデムーロ騎手がすぐさま鞭を数発入れて馬群へ。
直線では、そんな出遅れがあったことを感じさせない脚力で先頭へ立ち快勝。
上がり3Fも34.0で2着とは0.5秒の差を付けていますし、ここでは一頭だけ次元の違う競馬をしていたように見える。

距離はもっと伸びても大丈夫でしょうし、出遅れ癖がついていなければ今後とても楽しみな一頭です。
次走2歳重賞ならば、かなりの好勝負を見せてくれるはずです…!!






レノーア[牝]
[勝利レース]東京/芝1400m
[騎乗騎手] 石川裕紀人
[勝ち時計] 1.23.7

[総合評価] D(期間内2勝疑問クラス)
[将来性] D+
[対戦相手レベル] 極低
[路線予想] 条件戦を堅実に

[MEMO]
好スタートを切り、道中は内の楽な位置をキープ。
直線に向くと素軽くもダイナミックなフォームで素晴らしい伸びを披露。
上がり33.0秒は一見優秀に見えるも、1400m戦で1000m通過61.0秒はかなりのスローペース。
そういった点や、400kgを超えるのがやっとな馬体を考慮してこの評価としています。

しかし、牡馬混合戦でフェルシュテルケンなどの有力馬がいる中での勝利は大きいですね。
そして、スクリーンヒーロー産駒にしてはコンパクトな体型で新たなタイプ…。
石川騎手とのタッグともあって今後の成長が楽しみです…!!





« 06/10(日)の勝ち馬評価 »


サートゥルナーリア[牡]
[勝利レース]阪神/芝1600m
[騎乗騎手] M.デムーロ
[勝ち時計] 1.37.2

[総合評価] S+(クラシック有力クラス)
[将来性] S
[対戦相手レベル] 並
[路線予想] 牡馬クラシック王道

[MEMO]
単勝オッズ1.1倍に支持された超良血馬が期待に応える鮮やかな勝利。
ゲートの出が早くスムーズに先団へ、道中はゆったりとしたペースの中でしっかりと折り合いをつける。
直線では、隣にいたタガノジェロニモに並びかけると併せる間もなくあっさりと交わしそのまま突き抜けてゴールイン。

ペースがかなり遅かったせいか着差はそれほどありませんでしたが、間違いなく着差以上に強い内容でした。
欲を言えば、上がり3Fタイムが最速であって欲しかったのですが…最後は流していましたからね。
全兄であるエピファネイアやリオンディーズのように後ろからキレる脚も使えそうですし、様々な展開にも対応できそうですね。

馬体重も488kgと、今後のクラシック戦線を戦っていくには充分です。
今年のシーザリオの仔はどこまで突き進んでくれるのでしょう…今後の動向に注目ですね!!







アガラス[牡]
[勝利レース]東京/芝1800m
[騎乗騎手] C.ルメール
[勝ち時計] 1.51.2

[総合評価] B(2歳重賞通用クラス)
[将来性] A
[対戦相手レベル] 低
[路線予想] ホープフルS路線

[MEMO]
サンデーレーシングで人気のブラックタイド産駒が期待に応える勝利。

4番手あたりからのレース運びとなり、道中は1000m通過63.9秒という超スローペース。
直線からよーいドンという展開で、他の馬と併せることなく突き抜ける快勝。
展開に一番恵まれていたようにも感じますが、それでも直線の伸びは素晴らしかったです。
対戦相手には他にこれといった馬はいませんでしたが、2着に0.4秒差を付ける圧勝は当然評価する価値があります。

とにかくパドックでは、雄大なスケールで艶のある青鹿毛が輝いて見えていました。
大物感もありますし、大きな舞台で活躍してほしい一頭ですね。





++管理人のひとこと++

なんだか今年は強い馬が確実に勝利を飾っている気がしますね!
グランアレグリアやサートゥルナーリアの対決などもすぐに見れそうな気がします!!

それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年