キングカメハメハ産駒(牡馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



<キングカメハメハ産駒の特徴!>

基礎能力の高さと様々な馬場に対応できるため、芝・ダート問わず活躍できる。

2017年には、キングカメハメハ産駒のレイデオロがダービーを制覇し話題を呼んだ。
しかし、2017-2018seasonの産駒のクラシック活躍は厳しい状況にある。
とはいえ、素質の片鱗を見せた馬は多いため、引き続き期待したい種牡馬である。

今回はキングカメハメハ産駒の牡馬から要注目の6頭を紹介します。





<2017-2018season主な活躍馬>

●レッドヴェイロン
アーリントンC3着。まだまだこれからの馬だが、NHKマイルでの活躍に期待できる。

●ビッグスモーキー
ダートで未勝利・500万条件を連勝。芝2200mのすみれSでも3着に入線した。




<キングカメハメハ産駒の注目馬!>

●ブラヴァス
父:キングカメハメハ 母:ヴィルシーナ
厩舎:友道康夫 馬主:佐々木主浩 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:70 POG注目度:100 信頼度:80
良血値:90 未知魅力度:50

*MEMO*
ヴィクトリアマイル連覇を達成したヴィルシーナの初仔が登場です。
今後も多くの重賞ウィナーを産み出すであろう牝系で、この馬にかかる期待も相当なもの。
さらに、佐々木オーナーの所有馬ということもあり、POG的にもかなりの人気になりそうです。
佐々木オーナー×友道厩舎という黄金タッグで牡馬クラシック制覇は叶うのか楽しみです!




●ヴァンランディ
父:キングカメハメハ 母:ハッピーパス
厩舎:藤沢和雄 馬主:サンデーレーシング 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:70 POG注目度:95 信頼度:80
良血値:90 未知魅力度:10

*MEMO*
ハッピーパスの8番仔は兄弟であるコディーノやチェッキーノと同じキングカメハメハ産駒。
全兄コディーノは皐月賞3着、全姉チェッキーノはオークス2着とクラシック最前線で活躍してきました。
全体的にいきなり走る馬が多く、早熟傾向にもありますのでPOGにはピッタリかもしれません。
昨年の仔であるルーラーシップ産駒ラボーナは期間内ではイマイチでしたが、父が戻ったので再度期待したいですね。
現在の馬体重は450kg前後。まだまだ成長途上の段階で、デビューは秋頃になることが予想されます。




●スカテナート
父:キングカメハメハ 母:アンチュラス
厩舎:- 馬主:- 生産者:追分ファーム

私的注目度:80 POG注目度:20 信頼度:30
良血値:60 未知魅力度:90

*MEMO*
ここで穴馬になりそうな一頭を紹介します。
母は阪神ジュベナイルFで掲示板に入っているアンチュラスの初仔です。
叔母であるワンダーレディアンエルはアメリカンオークス(G1)を制覇しています。
生産は最近重賞を制覇したペルシアンナイトやサングレーザーで勢いのある追分ファーム。
適正距離は短~中距離あたりになりそうですが、NHKマイルC制覇を狙って指名したい一頭です!




●ダンスディライト
父:キングカメハメハ 母:ダンスインザムード
厩舎:松永幹夫 馬主:社台レースホース 生産者:社台ファーム

私的注目度:30 POG注目度:20 信頼度:30
良血値:80 未知魅力度:30

*MEMO*
母は桜花賞馬ダンスインザムード、姉に秋華賞3着のカイザーバルなどがいます。
ここ2年の産駒であるムードメーカー、シャンデリアスピンは未勝利を脱出できていません。
ですが、父がキングカメハメハに変わったことは大きなプラス材料だと感じます。
母の9頭目の子ではありますが、繁殖力がまだまだ健在であることを証明して欲しいですね。




●カウディーリョ
父:キングカメハメハ 母:ディアデラノビア
厩舎:堀宣行 馬主:キャロットファーム 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:50 POG注目度:70 信頼度:60
良血値:85 未知魅力度:20

*MEMO*
名牝ディアデラノビアの仔と堀厩舎の熱いコンビですね。
基本的には晩成の馬が多いですが、兄ドレッドノータスのように早い時期からも活躍が期待できます。
姉であるエルディアマンテは未勝利ながら強い競馬をしており、確実にこれから活躍してくれるでしょう。
この一族は全体的に気性が難しいため、そこが気がかりとなる点です。
ですが、絶対的な能力は高いことは間違いなく、無難に指名するならばオススメできる一頭です!




●ボッケリーニ
父:キングカメハメハ 母:ポップコーンジャズ
厩舎:- 馬主:- 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:75 POG注目度:60 信頼度:40
良血値:70 未知魅力度:60

*MEMO*
G1馬ラブリーデイを産んだポップコーンジャズの9番仔です。
まだ入厩はしておりませんが、馬主は恐らく金子真人オーナーかと思われます。
ここ最近の産駒は奮いませんが、全兄であるパンコミードは未勝利戦で重賞レベルの走りを見せていました。
まだまだ母ポップコーンジャズから大物が登場することに期待できそうです!

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年