ハービンジャー産駒(牝馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年
こんにちは
この記事では、ハービンジャー産駒の注目牝馬から5頭を紹介していきますね!





< 1.POG2017-2018主な活躍馬(ハービンジャー産駒の牝馬) >

ノームコア
[期間内獲得賞金]約3,900万円

新馬戦を圧勝後のアスター賞も突破し、2連勝で迎えたフラワーCでは3着に入線。
その後のフローラSも3着に入線し、勝ち馬とのタイム差は0.1秒という接戦を演じた。
牝馬クラシックレースへの出走は果たせなかったものの、一線級と好勝負をできるだけの素質がある。







< 2.POG2018-2019注目馬 >

グラディーヴァ[牝]
父:ハービンジャー 母:カノーロ

[厩舎]角居勝彦(栗東)
[馬主]近藤英子
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 70
[みんなの注目度] 70
[活躍信頼度] 55
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 80

*MEMO*
角居厩舎と近藤英子氏がタッグを組む注目の産駒です。
母はディープインパクト産駒のカノーロ(通算1勝)
2戦で引退してしまいましたが、新馬戦では小柄な馬体ながら素質を感じさせる勝ち方をしていました。
ノヴェリスト産駒の半姉ノッテステラータは5戦して勝ち星がなく、未勝利脱出の目処が付いていない状況です。
父がハービンジャーに変わることで全く違うタイプの走りを見せてくれることでしょう。
グルーヴ一族の牝系ですし、厩舎・生産のラインなど活躍する要素は多く一発に期待できる一頭です。






ラディアントパレス[牝]
父:ハービンジャー 母:アドマイヤセプター

[厩舎]中内田充
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 80
[活躍信頼度] 60
[優良血統値] 90
[未知魅力度] 75

*MEMO*
中内田厩舎×サンデーレーシングというラインです。
こちらは名牝アドマイヤグルーヴの牝系となります。
つまり、叔父にはダービー馬ドゥラメンテがいるということですね。
母は重賞でも好勝負を演じていたアドマイヤセプター(通算5勝)
2歳から活躍していた母の初仔ですので、こちらも早い時期からの活躍が期待されます。
活躍する要素は満点で、牝馬クラシック路線での活躍を見込んだ指名におすすめです。






コパカティ[牝]
父:ハービンジャー 母:アロマティコ

[厩舎]佐々木晶
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 70
[活躍信頼度] 60
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 90

*MEMO*
キズナでお馴染みの佐々木厩舎から期待の一頭です。
母は秋華賞やエリザベス女王杯で3着という実績のあるアロマティコ(通算6勝)
G1戦線でもキレキレの末脚を発揮していた母の初仔ですから期待が持てますね。
ハービンジャー×母父キングカメハメハはモズカッチャンを輩出している配合。
夏の北海道開催でのデビューを視野に調整が進められているそうです。
母と同じようなキレ脚が受け継がれていれば、かなり面白い存在になりそうですね。






グルファクシー[牝]
父:ハービンジャー 母:レクレドール

[厩舎]堀宣行(美浦)
[馬主]G1レーシング
[生産]社台コーポレーション白老ファーム

[私の注目度] 50
[みんなの注目度] 60
[活躍信頼度] 65
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 60

*MEMO*
堀厩舎×G1レーシングというラインのハービンジャー産駒。
母は重賞2勝のレクレドール(通算4勝・04'ローズS)
全兄には、こちらも重賞馬のベルーフ(通算3勝・15'京成杯)
兄弟である上7頭のうちの5頭は複数勝利を挙げており、活躍信頼度は高い。
体質に難があり、慎重な調整が必要となる点が不安点となるかもしれません。
古馬になってから馬体が完成するようなタイプだと考えられ、POG的には指名し辛い一頭です。





< 2.管理人イチオシの一頭 >

シビックテック[牝]
父:ハービンジャー 母:ブリッジクライム

[厩舎]萩原清(美浦)
[馬主]吉田照哉
[生産]社台ファーム

[私の注目度] 100
[みんなの注目度] 50
[活躍信頼度] 50
[優良血統値] 70
[未知魅力度] 80

*MEMO*
私のイチオシは社台ファーム生産のハービンジャー牝馬になります。
萩原厩舎×吉田照哉氏のコンビはミトラ(通算9勝・15'金鯱賞)などで実績があります。
母はブリッジクライム(通算4勝)で、芝路線で1600万条件まで勝ち上がっています。
スタミナが求められる芝の長距離条件でもかなり良い末脚を披露していました。
母のように長距離適正とスタミナ・末脚を兼ね備えた仔であれば、クラシック路線でも楽しみですよ。




以上がハービンジャー産駒(牝馬)期待の5頭でした。
ハービンジャー牝馬はこれからも重賞級が続々と登場しそうですから要注目ですね。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年