【第1週目】新馬戦の勝ち馬評価!!【POG2018-2019】



こんにちは

8月追記:評価はシートにまとめる形式に変更しました。
新馬戦・未勝利戦の勝ち馬評価はすべて下記のページでまとめております!


2歳勝ち馬全頭の一覧と評価!


今週からPOG新シーズン開幕ということで、新世代の新馬戦も始まっております!
こちらのカテゴリでは、新馬戦の勝ち馬評価ということを行っていきたいと思います。
「優馬」さんの"優馬2歳馬&3歳馬チェック"や、「日刊競馬POG」さんの"放談的勝ち馬評価"ような感じですね。

POGの指名馬が勝ったという方はぜひこちらで評価を確認してみてくださいね!
(低めの評価となっている可能性もありますが…笑)

…それではさっそく評価に入りたいと思います。





ジャミールフエルテ[牡]
[勝利レース]阪神/芝1600m
[騎乗騎手]C.ルメール
[勝ち時計]1.35.9

[総合評価]S(重賞勝利クラス)
[将来性]A
[対戦相手レベル]並
[路線予想]クラシック王道

[MEMO]
スタートが悪く出遅れて最高方からレースを進める形となった。
しかし、直線ではムチを入れずにグングンと加速し、先頭を走っていたファビュラスギフトを簡単にかわす。

勝ち時計は平凡ですが、ここでは力が違うというような勝ち方でした。
晩成傾向のオルフェーヴル産駒がこの時期に新馬勝ちするというのもかなり期待できますね。

師からはクラシックを狙っていきたいというコメントもありました。
大久保厩舎×C.ルメール×ノーザン生産のラインということで活躍できる要素は充分。
中山にも対応できそうな走りだったので、ホープフルS路線を歩んでほしいという期待もあります。
クラシックを戦い抜くには馬体重の増加は必須なので、440kg台である当馬の課題はそのあたりでしょう。




ジョディー[牝]
[勝利レース]東京/芝1600m
[騎乗騎手]武藤雅
[勝ち時計]1.35.9

[総合評価]C(2歳重賞活躍クラス)
[将来性]C
[対戦相手レベル]低
[路線予想]阪神JF路線

[MEMO]
素晴らしいスタートでスムーズに1番手を確保。
直線では早仕掛けをしたナーゲルリングに一度かわされるが、追い出しを始めるとすぐに抜き返す。
3着以下には0.8秒差をつけており、スピード能力の高さを存分に発揮できた競馬でしたね。
次走は新潟2歳Sのようですね。昨年の覇者フロンティアと同じダイワメジャー産駒ですから楽しみです。
将来を期待されている武藤騎手とのタッグでこのまま初の重賞制覇を達成して欲しいですね~!

クラシック路線で活躍…というよりは、2歳でがっぽりポイントを稼いでくれるタイプだと思います。





●シングルアップ[牡]
[勝利レース]阪神/芝1400m
[騎乗騎手]松山弘平
[勝ち時計]1.21.8

[総合評価]D(期間内2勝クラス)
[将来性]C
[レースレベル]極低
[路線予想]堅実勝ち上がり路線

[MEMO]
スタートはまずまずで5番手あたりからの競馬。
道中はしっかりと折り合いをつけて、直線ではすぐに先頭に立ちそのまま押し切り勝ち。
2着のハッピーアワーには0.3秒差をつけており、上がり最速での快勝は評価できる内容ですね。
しかし、相手にはこれといった有力馬がおらず、メンバーレベルはかなり低めのレース。
今の時期では充分に戦っていけそうですが、500万条件や重賞では苦戦する可能性が高いです。
寺島厩舎×坂東牧場生産というラインなので、堅実に500万条件勝利を目指してほしいところです。




グランアレグリア[牝]
[勝利レース]東京/芝1600m
[騎乗騎手]C.ルメール
[勝ち時計]1.33.6

[総合評価]A(重賞活躍クラス)
[将来性]S
[レースレベル]並
[路線予想]クラシック王道

[MEMO]
大外枠でしたが、スタートが良かったですね。
すぐに好位に取りつき、中団からのレースとなりました。
直線では対抗のダノンファンタジーとの差を縮めさせない圧倒的な末脚を披露。
現状では何度対戦してもグランアレグリアが勝利するくらいの実力の差を見せつけましたね。

時計が出る馬場とはいえ、新馬でこれだけの時計を出せるのは素晴らしいですね。
3着以下には約1秒差をつけていますから、流石にここでは力が違うという感じでした。
ルメール騎手×藤沢厩舎とのタッグで、レイデオロのような活躍が期待されます。




アカネサス[牝]
[勝利レース]東京/芝1400m
[騎乗騎手]M.デムーロ
[勝ち時計]1.23.7

[総合評価]C(2歳重賞活躍クラス)
[将来性]A
[レースレベル]低
[路線予想]クラシック王道

[MEMO]
単勝オッズ1倍台前半に支持されて期待に応える勝利。
直線では他馬に前を塞がり追い出しが出来ないという状況に。
しかしデムーロ騎手の好判断によるコース切り替えにより、なんとか先頭でフィニッシュ。
不利が無ければ上がり最速の脚を使えていたでしょうし、さらに余裕のある勝利になっていたと思います。
並みの競走馬であれば着外という展開を差し切ったことはかなり大きいことです。
馬格は牝馬ながら500kgと大型で迫力たっぷりで、牝馬クラシックになんとか駒を進めてほしいです…!!





++管理人のひとこと++

開幕初週から大物候補が続々と登場しましたね~!
ここからどれだけの馬が重賞で活躍するか楽しみでなりません。

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年