ハーツクライ産駒(牡馬) 最新注目馬【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年


<産駒特徴>
豊富なスタミナで長距離適性が高いため、クラシック適性は抜群。
しかし、全体的に晩成型の傾向があり、本格化は古馬になってからという馬が多い。
それでも素質だけでクラシックシーズンを戦える素材が揃っている。

今回はハーツクライ産駒の牡馬から要注目の5頭を紹介します。






<2017-2018season主な活躍馬>
●タイムフライヤー
ホープフルSの勝ち馬。どの位置からでも発揮できる末脚が魅力的。

●グレイル
京都2歳S勝ち馬。馬場状態を問わない力強い走りで皐月賞も6着に入線している。




<2018-2019season注目馬>

●バイキングクラップ
父:ハーツクライ 母:マジックストーム
厩舎:堀宣行 馬主:サンデーレーシング 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:90 POG注目度:100 信頼度:90
良血値:120 未知魅力度:5

*MEMO*
ラキシスやサトノアラジンなど、高確率で重賞級を輩出している超良血。
ハズレがない血統なだけに、今年もかなりの注目を集めるかと思います。
父がハーツクライに変わってどうなるか、楽しみですね。大コケはないハズ。
馬体重は500kg前後で、秋開催の東京や中山でのデビューが予想されます。




●イニティウム
父:ハーツクライ 母:ゴールデンドックエー
厩舎:須貝尚介 馬主:社台レースホース 生産者:社台コーポレーション白老ファーム

私的注目度:60 POG注目度:60 信頼度:50
良血値:75 未知魅力度:60

*MEMO*
母は米G1を1勝している米国産馬。兄弟に重賞2勝のアルバートドック。
馬体を見る限り、とても頑丈そうな作りであるように思えました。
早いうちにデビュー出来るようであれば面白い一頭ですね。





●アテンポラル
父:ハーツクライ 母:
厩舎:池江泰寿 馬主:G1レーシング 生産者:社台コーポレーション白老ファーム

私的注目度:70  POG注目度:70 信頼度:40
良血値:85 未知魅力度:50

*MEMO*
兄弟にAJCC覇者のタンタアレグリア。
昨年の産駒であるタンタフエルサはデビューが遅くなり期間内の活躍は果たせなかった。
しかし、当馬はすでに乗り込みを進めており、早期デビューが期待できる。
ハーツクライ産駒×池江厩舎はサトノクロニクルが活躍しましたし楽しみですね。




●アルテヴェルト
父:ハーツクライ 母:アルテリテ
厩舎:庄野靖志 馬主:サンデーレーシング 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:40  POG注目度:70 信頼度:20
良血値:70 未知魅力度:80

*MEMO*
米G1を勝利しているアルテリテの初年度産駒。
中距離~長距離レースを得意としていたため、クラシックの距離適性はありそうですね。
最近では、庄野厩舎のハーツクライ産駒はスワーヴリチャードが大活躍しました。
この手の高額馬は当たり外れが大きいため、しっかりと見極めていきたいところです。




●レッドクレオス
父:ハーツクライ 母:サセッティ
厩舎:藤沢和雄 馬主:東京ホースレーシング 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:30  POG注目度:40 信頼度:40
良血値:50 未知魅力度:50

*MEMO*
レッド×藤沢厩舎のタッグのハーツクライ産駒。
母は安定して走る馬を輩出しているサセッティ。
馬体重は450kg前後と控えめだが、既にしっかりと乗りこめている様子です。
母の繁殖力がだんだんと弱まっているかもしれませんが、思い切って狙ってみたくなる一頭です。




関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年