ハーツクライ産駒(牝馬)最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



こんにちは
当サイトを訪れていただきありがとうございます
この記事では、ハーツクライ産駒の注目牝馬から6頭を紹介していきますね。





< 1.POG2017-2018主な活躍馬(ハーツクライ産駒の牝馬) >

ミュージアムヒル[牝]
POG期間内に出走した7レースすべてで連対を果たす。
上がり3Fタイムもすべて2位以内でその実力は確かなものがある。
惜しくもクラシック出走権は得られなかったが、古馬路線では活躍できる素質馬。





< 2.POG2018-2019注目馬 >

グロリアーナ[牝]
父:ハーツクライ 母:ベネンシアドール

[厩舎]木村哲也(美浦)
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 100
[活躍信頼度] 70
[優良血統値] 90
[未知魅力度] 60

*MEMO*
ハーツクライ産駒の牝馬では、POG指名1番人気ではないでしょうか。
木村厩舎×サンデーR×ノーザンFはステルヴィオが素晴らしい活躍を見せましたね。
今後もこのラインからクラシック級が出ることは間違いないでしょう。

母ベネンシアドールの初仔には重賞2勝馬デニムアンドルビー(通算3勝、フローラS・ローズS)
昨年の産駒であるキタノコマンドール(通算2勝・皐月賞5着)が半兄となります。
キタノコマンドールは皐月賞・東京優駿ともに3番人気に支持されるほどの素質馬ですからね

馬体重が500kgを超えるハーツクライ産駒らしい大型馬ですから、期待は高まりますね!!





スイープセレリタス[牝]
父:ハーツクライ 母:スイープトウショウ

[厩舎]藤沢和雄(美浦)
[馬主]シルクレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 50
[みんなの注目度] 75
[活躍信頼度] 40
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 70

*MEMO*
母はG1馬であるスイープトウショウ(通算8勝、秋華賞・宝塚記念など)
スイープセレリタスはその7番仔となります。
スイープトウショウの産駒は1勝止まりが多いのですが、素質がある仔が揃っています。

藤沢厩舎×ハーツクライ産駒のラインは、昨シーズンにゴーフォザサミットが活躍しました
馬体重は牝馬ながら480kgと十分で、すでに坂路入りしているようで順調に来ていますね。
いつ大物が出てもおかしくない血統ですし、G1馬の仔として才能が開花してほしいですね!!





ホットチャチャの2016[牝]
父:ハーツクライ 母:ホットチャチャ

[厩舎]---
[馬主]---
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 70
[活躍信頼度] 60
[優良血統値] 85
[未知魅力度] 70

*MEMO*
こちらはセレクトセールで7,000万円で落札されたハーツクライ産駒牝馬です。
母ホットチャチャは米G1馬で、海外では重賞3勝を含む通算6勝を挙げています。
ステイゴールド産駒の半兄エタリオウは、先日のダービーで4着に入りましたね
後方15番手からの上がり3F2位という相当強い競馬をしていましたから、すぐに重賞も勝てる馬ですね。

連続して重賞級の仔が出てきてもおかしくない血統です。
父がハーツクライ産駒に変わった当馬もクラシック路線での活躍に期待です!!





キートス[牝]
父:ハーツクライ 母:レインボーダリア

[厩舎]二ノ宮敬
[馬主]G1レーシング
[生産]追分ファーム

[私の注目度] 50
[みんなの注目度] 60
[活躍信頼度] 30
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 70

*MEMO*
こちらは追分ファームから期待のハーツクライ産駒です。
2012年のエリザベス女王杯の覇者である母レインボーダリアと同じ二ノ宮厩舎になります。
父ハーツクライ×母父ブライアンズタイムは、マジックタイムやタイムフライヤーで実績があります。

半兄コスモダリアは中央未勝利で、馬体重が410kgくらいで軽い負荷でもすぐに減ってしまう体質です。
キートスにもそういった体質が引き継がれているようで、クラシックを戦い抜くには厳しいかも…。
注目馬であることは間違いないのですが、POG的には指名を見送ったほうがいいかもしれませんね。





サマーナイトシティの2016[牝]
父:ハーツクライ 母:サマーナイトシティ

[厩舎]西園正都(栗東)
[馬主]G1レーシング
[生産]社台コーポレーション白老ファーム

[私の注目度] 60
[みんなの注目度] 60
[活躍信頼度] 20
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 70

*MEMO*
西園厩舎×G1レーシング×社台白老Fというラインになります。
このラインは今年のマイル女王ジュールポレールと全く一緒ですね
当馬はそんなジュールポレール(通算6勝・ヴィクトリアマイル)の半妹にあたります。
半兄には2012年のマイル王者サダムパテック(通算6勝・マイルCS)もいます。
同じ母からマイルG1王者が2頭誕生するのはとんでもないですよね~。

当馬はハーツクライ産駒ですから、長距離適正は少なくともプラスされているでしょう。
問題点は、昨年ボーンシスト(発育不良)を発症していたということですね
これにより競争能力を十分に発揮できることが保障されないため、確実な選択をしたいのであれば指名は避けた方が良いです。





< 2.管理人イチオシの一頭 >

シャドウディーヴァ[牝]
父:ハーツクライ 母:ダイヤモンドディーバ

[厩舎]斎藤誠(美浦)
[馬主]Shadow
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 100
[みんなの注目度] 40
[活躍信頼度] 50
[優良血統値] 60
[未知魅力度] 75

*MEMO*
美浦斎藤厩舎から私イチオシの一頭です
セレクトセールで7,776万円という高額で落札されたハーツクライ産駒。
馬主は"シャドウ"冠の飯塚知一氏だと思いますが、こちらは"Shadow"名義ですね。

斎藤厩舎×ハーツクライ産駒は、樫の女王ヌーヴォレコルト(通算6勝・優駿牝馬)がいます。
母であるダイヤモンドディーバはイギリスで重賞2勝含む通算6勝を挙げています。
半姉には、現役でオープン入りを目前としているハウメア(通算3勝)がおります。
クールな馬名と父ハーツクライに似た品のある馬体には期待を隠せません…!!





以上がハーツクライ産駒(牝馬)期待の6頭でした。
今回はダウントーン気味なメモが多かったかもしれませんが、指名する価値は十分にあります

@今週からはいよいよ新シーズンが開幕しますね!!
一通り注目馬を紹介し終えたら、新馬戦の予想や勝ち馬評価についての記事も投稿していく予定ですので、チェックしていただけると嬉しいです。
それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました

関連記事

馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年