【12/15(土)】土曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【イルヴェントドーロ・ラヴィアンレーヴなど】

-
馬の上にも三年


こちらの記事では、12/15(土)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!

❏ MENU ❏

 

1.阪神5R 芝1600mデビューの注目馬

▧イルヴェントドーロ/M.デムーロ
▧ミッドサマーハウス/岩田康誠

2.阪神6R ダート1200mデビューの注目馬

▧クイーンハーツ/国分優作

3.中山5R 芝1800mデビューの注目馬

注目馬が多すぎるので、簡潔にさらっと紹介!

▧ラヴィアンレーヴ/R.ビュイック
▧サトノフォース/C.ルメール
▧キタサンハイドン/北村宏司
▧バスクベレー/C.デムーロ

4.中山6R ダート1800mデビューの注目馬

▧ムキムキムッキー/C.デムーロ

5.中京5R ダート1800mデビューの注目馬

▧リトミカメンテ/川又賢治




1.阪神5R 芝1600mデビューの注目馬


❑イルヴェントドーロ(牝)

 
▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ エーシンメンフィス
▧母父▧ Medaglia d'Oro

▤厩舎▤ 池添学(栗東)
▤馬主▤ 兼松康太
▤生産▤ 栄進牧場

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ B

✓イルヴェントドーロの情報


・馬体重は430kg~440kg。

冒頭で紹介するのは、池添学厩舎の期待馬であるイルヴェントドーロ。

母のエーシンメンフィスは12'愛知杯で3連勝目を飾ったG3ホースですね。芝・ダートでも先行して展開を作ることができる武器を持っていました。

祖母のテネシーガールもG3ホースということで、超良血馬という訳ではありません。
ですが、最終追いの坂路では52.9-38.5-24.8-12.2を馬なりでマークしていますので、母親譲りのスピード能力が炸裂する準備は整っていそう🎶
 



❑ミッドサマーハウス(牝)

 
▧父名▧ Heart's Cry
▧母名▧ ミッドサマーフェア
▧母父▧ タニノギムレット

▤厩舎▤ 鮫島一歩(栗東)
▤馬主▤ ゴドルフィン
▤生産▤ Godolphin

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ B-
◈未知魅力度◈ A+


✓ミッドサマーハウスの情報


こちらも重賞馬を母に持つハーツクライ産駒の期待馬ですね。
外国からの逆輸入馬なので、○外という扱いになります。

母であるミッドサマーフェアは、君子蘭賞→フローラS(G2)のローテーションを連勝しオークスへと駒を進めたG2ホースです。上手に脚を溜めることができれば、格上を相手にも通用する一発の決め手が武器でした。

一発のある初仔・ハーツクライの長距離適正・母親と母父譲りのキレ味がうまく調和すれば、オークスはそう遠くない舞台であると思います。鮫島厩舎とゴドルフィン氏という組み合わせもまた味があっていいですよね~。
 


2.阪神6R ダート1200mデビューの注目馬


❑クイーンハーツ(牝)

 
▧父名▧ キングカメハメハ
▧母名▧ カワカミプリンセス
▧母父▧ キングヘイロー

▤厩舎▤ 西浦勝一(栗東)
▤馬主▤ ターフ・スポート
▤生産▤ 三石川上牧場

◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ C-
◈未知魅力度◈ A

✓クイーンハーツの情報


注目度が低めなダート戦ですが、なんとG1馬の仔が出走するんですよ~。

その母は06'牝馬クラシック2冠馬であるカワカミプリンセス。デビューから秋華賞までの接戦をすべて勝ち取り無傷の5連勝を果たした、とんでもない勝負強さの持ち主でした。

母父がキングヘイローとなってしまうので、繁殖としては難しい部分もあるのですが…それでもいつか相性の合う配合が見つかると思っています。

今回はキングカメハメハということで、これまでとは一転して初の王道種牡馬を付けてきましたよ。王と姫の配合、少しでも夢を見せて欲しいですね。
 


3.中山5R 芝1800mデビューの注目馬


❑ラヴィアンレーヴ(牡)

 
▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ レーヴディマン
▧母父▧ Highest Honor

▤厩舎▤ 田村康仁(美浦)
▤馬主▤ キャロットファーム
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ B


✓ラヴィアンレーヴの情報


注目馬が続々登場するこちらのレース…まずはディープインパクト産駒のラヴィアンレーヴから!

母のレーヴディマンは、競走馬としての実績はありませんが、母として海外G1ホースのBethrahを輩出しています。
馬名に"レーヴ"が付いている通り、祖母はレーヴドスカーを輩出した名牝系を繋ぐ血統となっています。

レーヴディマンの仔は、日本よりも海外適正の方が強いように感じますが…ディープインパクトとの仔では初の牡馬ですから、一変に期待しましょう🎶

調教に関してはまだまだ動きの甘さが目立つようですね。たくさんの経験を積んで着実に成長してほしい一頭です…!



❑サトノフォース(牡)

 
▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ ビタースウィート
▧母父▧ Afleet Alex

▤厩舎▤ 藤沢和雄(美浦)
▤馬主▤ サトミホースカンパニー
▤生産▤ 桜井牧場

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A+

✓サトノフォースの情報


・馬体重は450kg前後。

藤沢和雄厩舎×桜井牧場生産というラインは非常に珍しいですね。ましてやディープインパクト産駒ですから珍しさ増し増しです…!

母はダート路線で3勝しており、平均的に走る馬といったイメージ。母父はダート色の強いアフリート系で、血統的な相性は疑問に感じます。

陣営からは、小柄でもフットワークが大きいこと・乗り味の良さ・走ってきそうな雰囲気を評価されています🎶
 



❑キタサンハイドン(牡)

 
▧父名▧ ロードカナロア
▧母名▧ アルテシア
▧母父▧ サンデーサイレンス

▤厩舎▤ 清水久詞(栗東)
▤馬主▤ 大野商事
▤生産▤ 社台ファーム

◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A

✓キタサンハイドンの情報


・馬体重は500kg前後。

このレースにはロードカナロア×母父サンデーサイレンスの"アーモンドアイ配合"が2頭出走します!

1頭目は"キタサンブラック"ラインのキタサンハイドン。
上の兄弟8頭の勝ち星は、1・0・0・0・2・2・0・0と今ひとつ。

ですが、マイナー種牡馬との配合がほとんどですので、
今回の配合であれば、母の代表産駒になれる可能性はありそうです✶



❑バスクベレー(牡)

 
▧父名▧ ロードカナロア
▧母名▧ エイグレット
▧母父▧ サンデーサイレンス

▤厩舎▤ 黒岩陽一(美浦)
▤馬主▤ 吉田勝己
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ A

✓バスクベレーの情報


・馬体重は440kg前後。

"アーモンドアイ"配合2頭目は黒岩厩舎のバスクベレー。

兄弟には15'金鯱賞(G2)などで通算9勝を挙げた歴戦の古馬ミトラがいます。雄大な馬体から繰り出される身体能力の高さがとんでもない一頭でした。

そんな兄の下であるバスクベレーは、小柄で非力な面があるようですが…黒岩師からは将来性の高さを大きく評価されていますね(^^)
 


4.中山6R ダート1800mデビューの注目馬


❑ムキムキムッキー(牡)

 
▧父名▧ クロフネ
▧母名▧ マザーシップ
▧母父▧ コンデュイット

▤厩舎▤ 加藤征弘(美浦)
▤馬主▤ イージス
▤生産▤ 千代田牧場

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ A+

✓ムキムキムッキーの情報


とてもインパクトのある珍名さん…笑
これでも母系がしっかりとしている血統馬です!

母であるマザーシップは1戦でターフを去ってしまいましたが、祖母のグローバルピースはホエールキャプチャやパクスアメリカーナを輩出した名繁殖といって良い存在。

パクスアメリカーナは先週のリゲルSで圧勝した次世代のマイル路線を担ってくれる逸材ですね。クロフネと相性抜群な母系ですから、ムキムキムッキーさんにも名前負けしないような走りを見せてもらいたいです🎶

ちなみに1週前追いは、南ウッドで1000万条件のサニーダンサーとの一杯併せを先着する好内容でした!◎
 


5.中京5R ダート1800mデビューの注目馬


❑リトミカメンテ(牝)

 
▧父名▧ オルフェーヴル
▧母名▧ カルマート
▧母父▧ シンボリクリスエス

▤厩舎▤ 高野友和(栗東)
▤馬主▤ サンデーレーシング
▤生産▤ 社台コーポレーション白老ファーム

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A


✓リトミカメンテの情報


こちらはサンデーレーシング×白老ファーム出身のオルフェーヴル産駒✶ オルフェーヴル×シンボリクリスエスという配合からは予想も付かないダートデビューになりましたね。

母のカルマートは、11'紫苑S(OP)を勝利した実績がある3勝馬。鋭い決め手はないものの、自在性の高いレースセンスのある一頭でした。

サンデーサイレンス奇跡の血量を持つオルフェーヴル産駒ということで、怪物の遺伝子が爆発する可能性を秘めた馬ですね。ただ、この血統でダートデビューということは重厚なパワータイプなのかもしれませんね。
 



以上が12/15(土)の注目馬でした。
気になる馬は見つかりましたか?

ディアドラの妹であるシャルマントは除外のようで残念…。
最後まで記事をご覧くださりありがとうございました✴

関連記事