ブラックタイド産駒 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



こんにちは
皆さん日本ダービーはいかがでしたか??

私は…指名馬であるワグネリアンが見事に勝利を飾ってくれました!!
…しかし、昨日公開した本気の予想記事では、印もつけていないという…(笑)
とても嬉しいのですが、複雑な感情も交錯しているなんとも謎な状況です

さて、今回はブラックタイド産駒から4+1頭をピックアップしていきますね。





< 1.ブラックタイド産駒の特徴や実績 >

ブラックタイド産駒の代表馬として真っ先に挙がるのはキタサンブラック。
母父は短距離馬のサクラバクシンオーだが、そんな血統がこの怪物を生み出した。
キタサンブラックはG1レースを通算7勝、獲得賞金は18億を超え、歴代最強馬と呼ぶには十分すぎる実績である。

ブラックタイド産駒はキタサンブラックの活躍があってか、今年度から社台系列の生産が急増している。
つまり有力なラインが増えるということで、再度怪物が誕生する可能性が高くなるということである。
これはPOG的には見逃せないポイントであり、一発を狙っているユーザーにとっては要注目となる。

ブラックタイドの全弟はディープインパクト。
まったく同じ血統であるため、種牡馬リーディング上位を狙えるポテンシャルに期待される。

適正距離は1800m~2000mあたりで、長距離も難なくこなすことができるスタミナがある。




< 2.POG2017-2018主な活躍馬(ブラックタイド産駒) >


●マドモアゼル[牝]
今月に開催された芝1400mオープン特別である橘Sを勝利。
重賞ではやや力不足な面があるものの、先行力は確かなものを持っている。





< 2.POG2018-2019注目馬 >


バイザキャットの2016[牡]
父:ブラックタイド 母:バイザキャット

[厩舎]矢作芳人(栗東)
[馬主]---
[生産]下河辺牧場

[私の注目度] 70
[みんなの注目度] 60
[活躍信頼度] 50
[優良血統値] 80
[未知魅力度] 60

*MEMO*
こちらは勢いのある下河辺牧場生産のブラックタイド産駒です。
母バイザキャットの9番仔で、半姉にはアユサン(通算2勝、桜花賞)がいます。
また、今シーズンもクラシック戦線で奮闘していたマウレア(通算2勝、阪神JF3着)も半姉ですね。
こちらの2頭は父ディープインパクト産駒のため、まったく同じ配合となるので活躍に期待できます





マラコスタムブラダの2016[牡]
父:ブラックタイド 母:マラコスタムブラダ

[厩舎]音無秀孝(栗東)
[馬主]野田みづき
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 90
[みんなの注目度] 40
[活躍信頼度] 40
[優良血統値] 70
[未知魅力度] 90

*MEMO*
ノーザンホースパークのセレクトセールで6200万円で落札されたブラックタイド産駒です。
音無調教師と野田みづき氏のタッグは、ミッキーアイルやミッキーロケットなどの重賞ウィナーがいますね。
8頭中4頭が獲得総賞金1億円を超えていますので、かなりの高確率で活躍馬が出ていることがわかります

母マラコスタムブラダは、アルゼンチンのG1を勝利している実績があります。
かなり未知な血統となりますが、なかなかの良血であることには間違いありません。
すでにしがらきに移動しているそうで、早めのデビューに期待できますよ!!





アックアアルタ[牝]
父:ブラックタイド 母:アガルタ

[厩舎]清水久詞(栗東)
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 75
[活躍信頼度] 70
[優良血統値] 90
[未知魅力度] 60

*MEMO*
こちらはブラックタイド産駒×清水厩舎というキタサンブラックと同じラインです。

ダートの怪物ブロードアピールの牝系となります。
兄弟にはプロレタリアト(通算4勝)やマイネルオフィール(5勝)などがおり、全頭が堅実に未勝利を勝ち上がっています。
また、平成最後のダービー馬となったワグネリアン(通算4勝、東京優駿など)が従兄にあたります
ワグネリアンとはまったくの同配合ですから、注目度はうなぎ登りでしょうね~。
順調に調教を積み重ねているようで、夏あたりのデビューが予想されます。





シーオブザムーン[牝]
父:ブラックタイド 母:ムーンフェイズ

[厩舎]金成貴史(美浦)
[馬主]サンデーレーシング
[生産]ノーザンファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 60
[活躍信頼度] 60
[優良血統値] 60
[未知魅力度] 70

*MEMO*
今シーズンの金成厩舎からはイェッツトが京成杯で頑張っていましたね。

母ムーンフェイズ(通算3勝)の7番仔になります。
半兄はオウケンブルースリ産駒で初の重賞制覇を果たしたオウケンムーン(3勝、共同通信杯)
ディープ配合×母父エリシオは、ジュールポレールやファタモルガーナで実績があります。

現在の馬体重は480kg前後で、スムーズに調整できており秋頃のデビューになりそうですよ~。




< 3.管理人イチオシの一頭 >

ハギノアップロード[牡]
父:ブラックタイド 母:ウェイクアップマギー

[厩舎]松田国英(栗東)
[馬主]日隈良江
[生産]社台ファーム

[私の注目度] 80
[みんなの注目度] 30
[活躍信頼度] 40
[優良血統値] 50
[未知魅力度] 80

*MEMO*
松田厩舎×日隈良江氏とのタッグは、相当遡りますがハギノハイグレイド(通算10勝)で実績があります。
最近では、2014年の京都新聞杯を制したハギノハイブリッドも現役で活躍中です。
スポーツ報知のPOGブログによると、師からは馬の形が良いことを評価されているようです。
デビューも早いかもしれないと仰っていたそうなので、穴指名におすすめしたい一頭です








以上がブラックタイド産駒からピックアップした5頭でした。
この産駒からはまたクラシック級が出てくる予感がしますので要注目ですよ!!

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年