【11/18(日)】日曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【オーラクルム・カフジジュピター・テンペスタージなど】

-
馬の上にも三年


こちらの記事では、11/18(日)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!

❏ MENU ❏

 

1.京都5R 芝2000mデビューの注目馬

▧オーラクルム
▧カフジジュピター
▧スカーフェイス
▧インナーハート

2.東京5R 芝1800mデビューの注目馬

▧テンペスタージ
▧アップライトスピン
▧ブレーヴユニコーン
▧モッズストーン

3.東京6R 芝1400mデビューの注目馬

▧コールザチューン
▧ラブイズブラインド




1.京都5R 芝2000mデビューの注目馬


❑オーラクルム(牡)

 
▧父名▧ ハービンジャー
▧母名▧ デグラーティア("G3"horse)
▧母父▧ フジキセキ

▤厩舎▤ 須貝尚介(栗東)
▤馬主▤ サンデーレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  C+
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ A
◈未知魅力度◈ A

✓オーラクルムの情報


母が08'小倉2歳Sを制したデグラーティアのオーラクルムがこちらで初陣を迎えます。1歳上の兄ドミナートゥスが素質抜群で、ついこの間に怒涛の3連勝でオープンに到達しましたね。長距離適正の高さと、先行しても発揮できる末脚の精度が高いお兄さんの下というのは心強い要素です。

ハービンジャー×母父フジキセキは、今季はすでに堀厩舎のエアジーンが新馬勝ちを果たしている配合。主戦場はやはり長距離路線になるでしょう…!

最終追いはCWにて81.8-66.1-52.1-39.3-13.0(強め)をマークしています。ラスト3ハロンがやや甘いですが、ハービンジャー産駒が稽古でここまで動けていれば上々で実戦に期待ですね。



❑カフジジュピター(牡)

 
▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ レインデート
▧母父▧ Unbridled's Song

▤厩舎▤ 矢作芳人(栗東)
▤馬主▤ 加藤守
▤生産▤ チャンピオンズファーム

◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  A-
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ B-
◈未知魅力度◈ A+

✓カフジジュピターの情報


チャンピオンズファームが送り出すディープインパクト産駒のカフジジュピター。母系にはタップダンスシチーや多くの海外G1ホースが名を連ねています。母父Unbridled's Songは、中~長距離適性をプラスしてくれる優良な配合ですね。

最終追いはCWで81.8-66.2-51.5-37.0-12.6(一杯)と水準以上の時計で、重賞馬ドレッドノータスに食い下がる動きを見せています。

ゲート試験を合格から放牧なしで出走へ…想像よりも動きが良かったからでしょうか。いきなりから勝利してもおかしくはない動きと素質がありますよ🎶



❑スカーフェイス(牡)

 
▧父名▧ ハーツクライ
▧母名▧ スプリングサンダー
▧母父▧ クロフネ

▤厩舎▤ 橋田満(栗東)
▤馬主▤ グランド牧場
▤生産▤ グランド牧場

◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B-
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ B+

✓スカーフェイスの情報


・馬体重は450kg前後。

橋田師がフットワークの良さを称賛しているのがハーツクライ産駒のスカーフェイス。橋田厩舎×グランド牧場は、当馬の叔父にあたるスズカマンボで一発を出しているラインですね。母スプリングサンダーは重賞戦線でも活躍した実力派の短距離馬です。

最終追いは坂路で52.6-38.2-24.7-12.4という好時計を馬なりでマークしています。小柄な牝馬で仕上がり早な新馬向きのタイプでしょう。初戦から楽しみがある一頭です。



❑インナーハート(牡)

 
▧父名▧ ハーツクライ
▧母名▧ Treat
▧母父▧ Barathea

▤厩舎▤ 吉村圭司(栗東)
▤馬主▤ ゴドルフィン
▤生産▤ Godolphin

◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ B-
◈未知魅力度◈ A+

✓インナーハートの情報


・馬体重は500kg前後。

こちらはゴドルフィン氏の所有するハーツクライ産駒です。情報は少ないですが、1週前追いではCWで66.2-51.8-38.5-11.8(一杯)を大外をまわりマーク。最終追いでも坂路で1000万条件のマスターコードに0.3秒の先着をしており、好勝負に期待できる動きを見せている一頭になります。

 

2.東京5R 芝1800mデビューの注目馬


❑テンペスタージ(牡)

 
▧父名▧ オルフェーヴル
▧母名▧ ディラローシェ
▧母父▧ デインヒル

▤厩舎▤ 戸田博文(美浦)
▤馬主▤ G1レーシング
▤生産▤ 追分ファーム

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ A

✓テンペスタージの情報


こちらには戸田厩舎の大物候補が田辺騎手とのコンビで参戦します。テンペスタージは兄にG1ホースのフェノーメノを持つオルフェーヴル産駒の良血馬になります。不安要素はフェノーメノ以降の兄弟4頭が未勝利と不振であることでしょうか。ここらでもう一発出て欲しいところですが…。

稽古ではまだまだ走りの完成度が高くないようで、師からは先々の成長に期待しているようです。最終追いの芝コースではなかなかの時計が出ていましたが、どのような走りをしてくるか楽しみです。



❑アップライトスピン(牝)

 
▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ オリジナルスピンⅡ
▧母父▧ Distorted Humor

▤厩舎▤ 池上昌和(美浦)
▤馬主▤ キャロットファーム
▤生産▤ 社台コーポレーション白老ファーム

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C+
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ B+

✓アップライトスピンの情報


・馬体重は470kg前後。

遅い生まれながら池上師が中距離路線での活躍に期待しているディープ牝馬のアップライトスピン。母の産駒は1・1・2・2・0勝と堅実な勝ち上がり率ですが、重賞では物足りない印象。

最終追いは南Wで71.7-55.4-40.9-13.2(馬なり)をマークしています。母父の影響でキレ味がかき消されていそうな感じで、時計ももう一段階詰めたいところですね。



❑ブレーヴユニコーン(牡)

 
▧父名▧ ルーラーシップ
▧母名▧ リコリス
▧母父▧ シンボリクリスエス

▤厩舎▤ 久保田貴(美浦)
▤馬主▤ 諸江幸祐
▤生産▤ ノーザンファーム

◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A

✓ブレーヴユニコーンの情報


POGの隠し玉に向いているのはこちらの一頭。2歳上の全兄キングズラッシュは、デビューから新馬戦→芙蓉Sを連勝した素質馬で面白い血統。久保田厩舎×ノーザンファーム生産というラインも妙味があります。

1週前追いは南Wで54.2-39.8-12.8(直線仕掛け)をマークしています。時計は目立たないですが、新馬勝ちした兄もデビュー前は同じような時計でしたから態勢は整っているでしょう。



❑モッズストーン(牡)

 
▧父名▧ ネオユニヴァース 
▧母名▧ ブリーボーンズ
▧母父▧ Hesabull

▤厩舎▤ 武井亮(美浦)
▤馬主▤ 吉田和美
▤生産▤ 畠山牧場

◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ S

✓モッズストーンの情報


・馬体重は480kg前後。

注目度低めなところからもう一頭ピックアップ🎶 こちらはノーザンファームが北海道トレーニングセールにて落札したネオユニヴァース産駒になります。それだけで気になってしまいますね。武井師からは長距離路線での活躍に期待をされており、稽古では南Wで69.6-54.4-40.2-12.7(一杯)と負荷を十分にかけた調整を行っています。

ネオユニヴァース産駒から久々の大物が誕生してほしいところです…!

 

3.東京6R 芝1400mデビューの注目馬


❑コールザチューン(牝)

 
▧父名▧ ロードカナロア
▧母名▧ グッドチョイス
▧母父▧ フレンチデピュティ

▤厩舎▤ 上原博之(美浦)
▤馬主▤ 社台レースホース
▤生産▤ 社台ファーム

◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ B-
◈未知魅力度◈ A

✓コールザチューンの情報


東京の1400m戦に登場する社台レースホースのロードカナロア産駒コールザチューン。近親にはフェブラリーSの覇者グレープブランデーなど、ダート路線の馬が多い母系となっています。母父フレンチデピュティは、父の持つ適正にしっかり応じてくれる優秀な配合ですので芝適正については大丈夫そうですね。

1週前には南Wで55.4-40.9-12.9を馬なりでマークしています。余裕のある調整過程ですが、態勢は整っているでしょう。



❑ラブイズブラインド(牝)

 
▧父名▧ ジャスタウェイ
▧母名▧ アドマイヤラブ
▧母父▧ アドマイヤムーン

▤厩舎▤ 林徹(美浦)
▤馬主▤ ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
▤生産▤ 辻牧場

◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C-
◈未知魅力度◈ A+

✓ラブイズブラインドの情報


・馬体重は480kg前後。

最後に紹介するのは、林師が初戦から好走に期待しているジャスタウェイ産駒のラブイズブラインド。母父がアドマイヤムーンというのが足枷になるかもしれませんが、師からは操縦性の高さと終いの反応を高く評価されています。

1週前の坂路では52.5-38.3-12.3という水準以上の時計を馬なりでマークしています。この出来であれば、初戦から期待したくなるのも納得がいきますね🎶 芝の短~中距離での活躍に期待です。




以上が11/18(日)の注目馬でした。
気になる馬は見つかりましたか?

カフジジュピターの動きの良さからは大物感が伝わってきて楽しみです。
それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました。


関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年