"2歳馬(クラシック)世代"種牡馬別・勝ち上がり頭数ランキング【牝馬リーディング編】

-
馬の上にも三年



POG fav.への訪問ありがとうございます🌟
こちらのページでは、来年のクラシック世代である2歳馬の種牡馬別勝ち上がり頭数をランキング形式にてまとめています。また、ランク外の新種牡馬に関しても取り上げていますので、興味がある方はぜひ最後までご覧ください。牡馬編はこちらになります。

来季のPOGに向けて傾向を頭に入れておいたり、新馬戦の予想にも役立てることができますので、意外と楽しめる記事になっていると思います🎶

※データは自身の手動入力により算出しているもので、数値のミスなどが発生している場合もありますのでご了承ください。

最終更新日:11/08(木)
1回/月の更新を予定しております。

❏ MENU ❏



種牡馬別・勝ち上がり頭数ランキングTOP10【牝馬編】
気になる新種牡馬の勝ち上がり頭数は…?




✓種牡馬別・勝ち上がり頭数ランキングTOP10


1位:ディープインパクト産駒・14頭(芝14頭・ダート0頭)
2位:ロードカナロア産駒・9頭(芝9頭・ダート0頭)
3位:キンシャサノキセキ産駒・8頭(芝5頭・ダート3頭)
4位:ハーツクライ産駒・7頭(芝7頭・ダート0頭)
-位:ジャスタウェイ産駒・7頭(芝6頭・ダート1頭)
-位:ルーラーシップ産駒・7頭(芝6頭・ダート1頭)
-位:ダイワメジャー産駒・7頭(芝6頭・ダート1頭)
8位:ヴィクトワールピサ産駒・6頭(芝6頭・ダート1頭)
-位:ノヴェリスト産駒・6頭(芝6頭・ダート0頭)
10位:スウェプトオーヴァーボード産駒・5頭(芝4頭・ダート1頭)
--位:スクリーンヒーロー産駒・5頭(芝5頭・ダート0頭)
--位:ブラックタイド産駒・5頭(芝5頭・ダート0頭)

(11/08時点)

牝馬部門のこちらもディープインパクト産駒が圧倒的な1位として独走しています。牡馬部門で上位にランクインしているゴールドアリュール・ヘニーヒューズ産駒はこちらには入らずでした。オルフェーヴル牝馬の勝ち上がりはわずかに2頭で、勝ち上がり8頭の牡馬と比べて不振気味ですね。

🌟PICK UP🌟ディープインパクト産駒


【主な有力馬】
・グランアレグリア(サウジアラビアRC勝ち馬)
・ダノンファンタジー(ファンタジーS勝ち馬)
・レッドベレーザ(ファンタジーS5着)
・コントラチェック(バウンスシャッセの弟)

牡馬・牝馬部門の2冠はやはりディープインパクト産駒。すでにグランアレグリアやダノンファンタジーが重賞を勝利しており、牝馬クラシック最前線で活躍できる走りを魅せています。勝ち上がった産駒はどの馬も昇級して通用する素材が揃っており、クラシックへ駒を進める馬はどれだけ出てくるか楽しみです。

🌟PICK UP🌟ロードカナロア産駒


【主な有力馬】
・ドナウデルタ(ドナウブルーの仔)
・ルガールカルム(フルーキーの妹)
・ココフィーユ(京王杯2歳S4着)

ディープインパクト産駒に喰らいつく2位は9頭のロードカナロア産駒。2勝目を挙げた産駒はまだいませんが、なかなかの粒揃い。ルガールカルムは田村師からもかなりの高評価を受けており、昇級しても即通用する素質があります。

🌟PICK UP🌟ヴィクトワールピサ産駒


【主な有力馬】
・エールヴォア(アルテミスS3着)
・レッドアネモス(サフラン賞勝ち馬)
・ヴィクトリアピース(ブラストワンピースの妹)
・ウィクトーリア(ブラックエンブレムの仔)

今季はヴィクトワールピサ産駒の勢いが目立っていますね、牝馬は現時点で6頭が勝ち上がっています。勝ち馬のラインナップを見ても非常に豪華で、大きな舞台でも有力な素材が揃っています。





🌟PICK UP🌟スウェプトオーヴァーボード産駒


【主な有力馬】
・ベルスール(ファンタジーS2着)
・ウィンターリリー(くるみ賞勝ち馬)

仕上がり早なコンパクトな馬体から繰り出す高いスピード能力を持つスウェプトオーヴァーボード産駒が10位にランクイン。強豪スプリンターであるレッドファルクスを輩出した種牡馬なだけに、一発も秘めている魅力がありますね。POG的にはダイワメジャーやキンシャサノキセキよりも狙える種牡馬だと思います🎶

🌟PICK UP🌟ノヴェリスト産駒


【主な有力馬】
・コスモカレンドゥラ(アイビーS2着)
・ローゼンクリーガー(ダリア賞2着)

牝馬部門で良績を残しているのがノヴェリスト産駒。地味ながらも6頭がすでに勝ち上がりを果たしています。スタミナを必要とする馬場に滅法強く、重賞の舞台でも馬場のコンディション次第では出番があるかもしれません。



✓気になる新種牡馬の勝ち上がり頭数は…?

❄主な新種牡馬の産駒勝ち上がり頭数【牝馬編】

ジャスタウェイ産駒・7頭(芝6頭・ダート1頭)
ダンカーク産駒・3頭(芝3頭・ダート0頭)
トーセンラー産駒・1頭
トーセンジョーダン産駒・1頭
レッドスパーダ産駒・1頭

(11/08時点)

牝馬部門ではジャスタウェイ産駒がダントツで優秀な成績となっています。トーセンジョーダン産駒の唯一の勝ち馬は、小倉2歳Sで2着のアズマヘリテージ。これからの勝ち馬にも少し期待したいですね。

🌟PICK UP🌟ジャスタウェイ産駒


【主な有力馬】
・アウィルアウェイ(京王杯2歳S2着)
・ラブミーファイン(函館2歳S2着)
・トスアップ(アルテミスS5着)
・エイシンゾーン(中京2歳S2着)

新種牡馬からはジャスタウェイ産駒がハーツクライ産駒などと同率の4位にランクイン。アウィルアウェイやラブミーファインなど、重賞の舞台でも通用する能力の高さを証明しており今後も要注目の種牡馬になります。



✓最後に…



以上が""2歳馬(クラシック)世代"種牡馬別・勝ち上がり頭数ランキング【牝馬リーディング編】"でした!
来季はスウェプトオーヴァーボード産駒の牝馬を狙ってみようかなと思ったり。。

この記事がみなさんへの参考になっていれば幸いです。
それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました。


関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年