【10/27(土)】土曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【レディマクベス・アックアアルタ・レッドベルディエスなど】


こちらの記事では、10/27(土)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!

この日はブラックタイド産駒の期待馬が続々登場します…!!





▧ ページ案内 ▧ 


1.東京4R 芝1600mデビューの注目馬

▧レディマクベス
▧レッドベルディエス
▧レーヌシャドウ
▧イルヴェントデーア
▧キートス

2.京都4R ダート1200mデビューの注目馬

▧ポンペイワーム
▧ミエルミエーレ

3.京都5R 芝2000mデビューの注目馬

▧アックアアルタ
▧レイズアフラッグ
▧サトノライジン
▧カズマークセン



1.東京5R 芝1600mデビューの注目馬



●レディマクベス(牝)
(想定)騎手: J.モレイラ

▧父名▧ ハーツクライ
▧母名▧ レディオブオペラ
▧母父▧ シングスピール

▤厩舎▤ 藤沢和雄(美浦)
▤馬主▤ ゴドルフィン
▤生産▤ ダーレー・ジャパン・ファーム


✓レディマクベスの情報・事前評価


◈総合評価◈  A+
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  A+
◈ライン評価◈ S
◈未知魅力度◈ S


「フットワーク良く、反応も抜群。」

・馬体重は470kg前後。

藤沢和雄厩舎とゴドルフィン氏がタッグを組むハーツクライ産駒。昨季のタワーオブロンドンが期間内に活躍したラインなので魅力がありますね。母は500万条件からオープンまで怒涛の4連勝を飾ったレディオブオペラ。重賞ではストレイトガールとも好勝負を演じた実力馬です。

レディマクベスは、サンデーサイレンスの2×4という重厚なインブリードが特徴的で、体質や気性に問題がなければ大物の可能性に期待ができます。現時点ではそのようなコメントは出ていないようですので、その点に関しては大丈夫だと思います。

最終追いは南Wで69.2-53.5-39.3-12.8をマーク。1600万条件のトレクァルティスタを2秒追走し先着しており、かなりの好内容で能力の高さが伺えます。

日刊競馬POGで私が指名している一頭で、陣営からのコメントトーンも高くどんな走りを魅せてくれるかとても楽しみです…!!





●レッドベルディエス(牝)
(想定)騎手: C.オドノヒュー

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ レッドファンタジア
▧母父▧ Unbridled's Song

▤厩舎▤ 鹿戸雄一(美浦)
▤馬主▤ 東京ホースレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム


✓レッドベルディエスの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ B


「馬体は数字以上に大きく見せる。」

・馬体重は440kg前後。

鹿戸厩舎×東サラから期待のディープインパクト産駒ですね。ディープインパクト×Unbridled' Songはマイルまでの距離でスピードを生かせるダノンプラチナなどと同じ配合です。全姉のレッドベルローズは、昨季のフェアリーSの3着馬でなかなかの素質馬です。馬格は姉にやや劣りますが、数字以上に大きく見せる点を師から評価されています。

最終追いは南Wで軽く、日曜に南Wで67.8-51.7-38.0-12.4を馬なりでマークしていますから、持っている能力には確かなものがあると感じます。





●レーヌシャドウ(牝)
(想定)騎手: 武豊

▧父名▧ ブラックタイド
▧母名▧ カロンセギュール
▧母父▧ Forest Camp

▤厩舎▤ 加藤征弘(美浦)
▤馬主▤ Shadow
▤生産▤ ノーザンファーム


✓レーヌシャドウの情報・事前評価


◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C+
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ A


こちらはノーザンファーム生産のブラックタイド産駒。1つ上の兄は新馬→500万条件を2連勝し、ダート路線での活躍に期待されるイダペガサスです。

最終追いは南Wで53.8-39.7-12.9(馬なり)をマーク。水準レベルには達していますから、新馬戦でも楽しみはありそうですよ。





●イルヴェントデーア(牝)
(想定)騎手: 北村宏司

▧父名▧ エイシンフラッシュ
▧母名▧ デヴェロッペ
▧母父▧ ボストンハーバー

▤厩舎▤ 金成貴史(美浦)
▤馬主▤ Gリビエール・レーシング
▤生産▤ ディアレストクラブ


✓イルヴェントデーアの情報・事前評価


◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ S


所有している全8頭の中にエタリオウとジェネラーレウーノという驚異的な引きを誇るGリビエール・レーシングからはエイシンフラッシュ産駒が出走します。こちらは3歳上の姉にG2ホースのクロコスミアがおり、普通に注目したい血統となっています。

最終追いはポリトラックコースで軽めの内容。まだまだ水準レベルには達していませんね。厩舎×生産ラインの弱さもありますが、エイシンフラッシュ産駒の大物になってくれる期待もあり楽しみな一頭ですね。



2.京都4R ダート1200mデビューの注目馬



●ポンペイワーム(牡)
(想定)騎手: C.ルメール

▧父名▧ Itsmyluckyday
▧母名▧ Briecat
▧母父▧ Adcat

▤厩舎▤ 石坂正(栗東)
▤馬主▤ 吉田和美
▤生産▤ Spendhrift Farm LLC


✓ポンペイワームの情報・事前評価


◈総合評価◈  C-
◈調教評価◈  D
◈血統評価◈  C-
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A+


こちらは石坂厩舎の外国産馬、気になるので一応抑えておきましょう🎶 名前が少し奇妙ですが、どうやら深海生物の一種のようです。。

父は米ダート中距離路線で活躍。ダート1800mのG1レースを1勝を含め海外通算7勝の成績を残しています。

調教では全体的に時計が足りておらず、遅れも目立ちますから仕上がりはイマイチでしょう。





●ミエルミエーレ(牝)
(想定)騎手: 池添謙一

▧父名▧ ゴールドアリュール
▧母名▧ スイートジュエリー
▧母父▧ キングカメハメハ

▤厩舎▤ 大久保龍(栗東)
▤馬主▤ KTレーシング
▤生産▤ 下河辺牧場


✓ミエルミエーレの情報・事前評価


◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A+


大久保厩舎×KTレーシングさんのゴールドアリュール産駒です。同じラインのジャミールフエルテは今週の萩ステークスに出走しますね。母スイートジュエリーは短距離ダート路線でオープンまで到達した5勝馬です。

調教では同ラインのジャミールフエルテと一緒に併せたりしています、さすがに手応えは負けていますが…。最終追いは坂路で55.2-40.4-26.1-13.3(一杯)と少し足りない印象を受けます。



3.京都5R 芝2000mデビューの注目馬



●アックアアルタ(牝)
(想定)騎手: C.ルメール

▧父名▧ ブラックタイド
▧母名▧ アガルタ
▧母父▧ キングカメハメハ

▤厩舎▤ 清水久詞(栗東)
▤馬主▤ サンデーレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム


✓アックアアルタの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ A


・馬体重は450kg~460kg。

こちらはブラックタイド産駒×清水厩舎の楽しみな一頭。サンデーR×ノーザンファーム生産とラインに関しては申し分なしですね。血統は昨季のダービー馬ワグネリアンと父は違えど同血になります。兄弟からはプロレタリアト・マイネルオフィールとオープン馬が2頭出ています。1歳上のダブルフラットもオープン級の素質馬ですから、非常に信頼度の高い血統ですね。

調教は1週前が抜群で、CWにて80.1-65.9-52.4-38.7-12.1(一杯)とかなり期待できる好時計をマークしています。地力はかなり高いことが伺え、POG的にも面白いでしょう。





●レイズアフラッグ(牡)
(想定)騎手: 松山弘平

▧父名▧ キングカメハメハ
▧母名▧ レディシャツィ("秘G1"horse)
▧母父▧ Privately Held

▤厩舎▤ 平田修(栗東)
▤馬主▤ G1レーシング
▤生産▤ 社台コーポレーション白老ファーム


✓レイズアフラッグの情報・事前評価


◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  D
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ B- 
◈未知魅力度◈ A


G1レーシングから期待のキングカメハメハ産駒。母はペルーの年度代表馬となった実績があるレディシャツィ。姉のパルクデラモールは500万条件馬ですが、ようやく決め手が開花してきてオープン間近までは行きそうです。

調教ではまだ終いのバテが目立ちます。終い1ハロン12秒台が出るようになるまで長い目で見たい一頭です。





●サトノライジン(牡)
(想定)騎手: 和田竜二

▧父名▧ ブラックタイド
▧母名▧ プロフェシーライツ
▧母父▧ アフリート

▤厩舎▤ 南井克巳(栗東)
▤馬主▤ サトミホースカンパニー
▤生産▤ フジワラファーム


✓サトノライジンの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ B 
◈未知魅力度◈ A+


こちらもまたまたブラックタイド産駒の期待馬。今回はブラックタイド産駒特集のようになってますね~(^-^;)

南井厩舎×フジワラファームのサトノ馬は、昨季のきさらぎ賞を制覇したサトノフェイバーと同じラインですから要注目です。

調教はCWで5ハロン65秒台、坂路でも4ハロン51秒台と抜群の時計を出しています。一発こそ出ていない血統ですが、調教の内容からは大物感が漂います。





●カズマークセン(牡)
(想定)騎手: 福永祐一

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ ディヴィナプレシオーサ("智G1"horse)
▧母父▧ Crocker Road

▤厩舎▤ 西浦勝一(栗東)
▤馬主▤ 雅苑興業
▤生産▤ 追分ファーム


✓カズマークセンの情報・事前評価


◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C-
◈未知魅力度◈ A+


最後に紹介するのは、セレクトセールで1億円超えのディープ産駒。母ディヴィナプレシオーサは、チリのG1ホースになります。調教ではまだ目立った時計は出ておらず、最終追いでようやく坂路4ハロン39秒台をクリアしました。走ってくるとしても当分先ではないでしょうか。







以上が10/27(土)の注目馬でした。

気になる馬は見つかりましたか?
個人的にはサトノライジンが気になります🎶

それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました。

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年