【10/21(日)】日曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【ワールドプレミア・エスポワール・ディープサドラーズなど】


こちらの記事では、10/21(日)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!





▧ ページ案内 ▧ 


1.京都5R 芝1800mデビューの注目馬

▧ワールドプレミア
▧エスポワール
▧クルージーン
▧ディープサドラーズ
▧ダノンテイオー

2.東京4R 芝1400mデビューの注目馬

▧エスタジ

3.京都4R ダート1200mデビューの注目馬

▧ワールドウォッチ
▧フィールドレイ

4.新潟5R 芝1600mデビューの注目馬

▧トロシュナ


1.京都5R 芝1800mデビューの注目馬



●ワールドプレミア(牡)
(想定)騎手: 武豊

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ マンデラ
▧母父▧ Acatenango

▤厩舎▤ 友道康夫(栗東)
▤馬主▤ 大塚亮一
▤生産▤ ノーザンファーム


✓ワールドプレミアの情報・事前評価


◈総合評価◈  A-
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  A+
◈ライン評価◈ S
◈未知魅力度◈ B


・馬体重は480kg前後。

伝説の新馬戦と期待される一戦の主役はこちらのワールドプレミアでしょうか。友道厩舎×ノーザンファーム生産の鉄板ラインに、全兄に皐月賞2着のワールドエースを持つ血統背景。馬主さんも全兄と同じですね。母系からはブーザーがすでに今季の新馬戦を強い競馬で勝利しており、日本の芝適正への高い母系であることが伺えます。

調教では9月中旬からなかなかの時計を出しています。新馬勝ちした僚馬ランブリングアレーにも勝る手応えですから、これは期待してもいいでしょう。武豊騎手とのコンビで初陣を迎えるというのが良いですね…!!





●エスポワール(牝)
(想定)騎手: M.デムーロ

▧父名▧ オルフェーヴル
▧母名▧ スカーレット
▧母父▧ シンボリクリスエス

▤厩舎▤ 中竹和也(栗東)
▤馬主▤ 近藤英子
▤生産▤ ノーザンファーム


✓エスポワールの情報・事前評価


◈総合評価◈  A
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  A+
◈ライン評価◈ A+
◈未知魅力度◈ A


「走りそのものが良い。」

・馬体重は480kg~490kgですが、まだまだ細いようです。

オルフェーヴル産駒からの刺客はエスポワール。中竹厩舎(角居厩舎)×近藤英子氏×ノーザンファーム生産のラインはとても強力。2歳上の兄はダービー3着のアドミラブル。順調なローテであればダービー馬にもなれたはずの逸材ですね。叔父にはヴィクトリーやリンカーンなどがおり、早めから活躍できるため血統は高く評価しています。

月曜には坂路で54.3-38.6-24.6-12.2(馬なり)で終い◎。最終追いはCWで67.9-51.5-37.9-12.2(強め)と時計を詰めてきました。サートゥルナーリアには遅れてしまいましたが、あちらは一杯に追っているようですからね。仕上がりとしては十分でしょう。






●クルージーン(牡)
(想定)騎手: 藤岡佑介

▧父名▧ ロードカナロア 
▧母名▧ エリンコート("G1"horse)
▧母父▧ デュランダル

▤厩舎▤ 藤岡健一(栗東)
▤馬主▤ 社台レースホース
▤生産▤ 社台ファーム


✓クルージーンの情報・事前評価


◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A+


藤岡厩舎からもロードカナロア産駒の有力馬クルージーンがデビュー。母エリンコートは11年のオークス馬です。母の産駒成績はともに1勝ですが、ロードカナロア×母父デュランダル…マイルの鬼になりそうな配合でとても魅力的ですね。

これまでの調教は目立ちませんでしたが、最終追いはCWで83.8-67.7-52.4-38.7-11.8(一杯)で3頭併せの最先着。とても優秀な内容で、態勢はバッチリ整っているでしょう。まだカナロア産駒を指名していない方は検討しても良い一頭です。





●ディープサドラーズ(牡)
(想定)騎手: C.ルメール

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ メイキアシー
▧母父▧ Sadler's Wells

▤厩舎▤ 藤原英昭(栗東)
▤馬主▤ 廣崎利洋HD
▤生産▤ 社台ファーム


✓ディープサドラーズの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ A+
◈未知魅力度◈ A


「素直で優等生タイプ。」

・馬体重は470kg前後。

"軽さのある長い脚を使えるタイプ"と師から評価を受けるのがディープサドラーズ。叔父に英ダービーホースのプールモアがおり、兄弟の勝ち星は5・3・0・2勝と上々の成績。晩成血統で本格化は遅めだと思いますので、POGの指名にはあまり適していないかもしれません。

最終追いはCWで82.7-66.5-51.6-38.5-11.8(一杯)で500万条件のリシュブールに楽々と先着。完成度は高そうで、さすが高額馬という内容です。






●ダノンテイオー(牡)
(想定)騎手: 浜中俊

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ セリメーヌ("仏G3"horse)
▧母父▧ Dr Fong

▤厩舎▤ 大久保龍(栗東)
▤馬主▤ ダノックス
▤生産▤ 社台ファーム


✓ダノンテイオーの情報・事前評価


◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A


こちらは勢いあるダノックスのディープ産駒ですね。近親であるアルテリテは米G1ホースですが、その初仔であるアルテヴェルトがイマイチなところを見ると、やはり海外向きな母系であると思ってしまいます。

最終追いはCWで85.9-68.4-52.8-38.9-11.9(一杯)をマーク。実力は発揮できる仕上がりだとは思います。



2.東京4R 芝1400mデビューの注目馬




●エスタジ(牝)
(想定)騎手: 内田博幸

▧父名▧ ロードカナロア
▧母名▧ マリーシャンタル
▧母父▧ サンデーサイレンス

▤厩舎▤ 木村哲也(美浦)
▤馬主▤ 吉田勝己
▤生産▤ ノーザンファーム


✓エスタジの情報・事前評価


◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C+
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ A


・馬体重は430kg前後。

こちらのレースの有力馬は木村厩舎のエスタジ。祖母にダイナカールを持つ良血のロードカナロア産駒で、母父にはサンデーサイレンスと大物感ある配合。兄弟の勝ち星は3・2・2・4・0・6・4・1・4・1と、勝ち上がりにはまず苦労しない良績。11番仔ですが、まだまだ期待できる血統ですね。

最終追いは南Wで53.7-39.1-12.5(一杯)をマーク。マイルまでの舞台が主戦場になりそうなスピードタイプですね。




3.京都4R 芝1200mデビューの注目馬



●ワールドウォッチ(牡)
(想定)騎手: J.モレイラ

▧父名▧ Iffraaj
▧母名▧ Baldovina
▧母父▧ Tale of the Cat

▤厩舎▤ 藤岡健一(栗東)
▤馬主▤ 青山洋一
▤生産▤ Chasemore Farm


✓ワールドウォッチの情報・事前評価


◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ S


「典型的なスピードタイプ。」

・馬体重は460kg前後。

芝の短距離で未知なる走りを期待できるのがイフラージ産駒のワールドウォッチ。父は海外スプリント路線で活躍した英G2ホース。叔母にはジュエラー、近親にカレンブラックヒルがいる母系です。

最終追いはCWで83.5-67.5-52.3-38.6-12.3(一杯)。3頭併せで遅れましたが、時計としては及第点です。距離延長を狙った朝日杯FS路線を見越して狙ってみたい一頭、、○外枠としての指名をしようか悩みます…!!





●フィールドレイ(牝)
(想定)騎手: C.ルメール

▧父名▧ ロードカナロア 
▧母名▧ フィールドメジャー
▧母父▧ ダイワメジャー

▤厩舎▤ 西園正都(栗東)
▤馬主▤ 地田勝三
▤生産▤ ノーザンファーム


✓フィールドレイの情報・事前評価


◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B-
◈ライン評価◈ B-
◈未知魅力度◈ B+


ノーザンファーム生産のロードカナロア産駒ということで抑えておきたいフィールドレイ。最終追いは坂路で54.1-39.9-25.9-13.0(一杯)とまだまだ動きの重さを感じさせる時計です。




4.新潟5R 芝1600mデビューの注目馬



●トロシュナ(牝)
(想定)騎手: 横山武史

▧父名▧ スクリーンヒーロー
▧母名▧ スーヴェニアギフト("米G3"horse)
▧母父▧ Souvenir Copy

▤厩舎▤ 大竹正博(美浦)
▤馬主▤ サンデーレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム


✓トロシュナの情報・事前評価


◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ A


個人的に注目しているのが新潟でデビューするトロシュナ。こちらはノーザンファーム生産のスクリーンヒーロー産駒で、兄弟には重賞級が4頭もいます(重賞勝利はゼロですが…)。兄弟の勝ち星は1・5・2・6・4・0・5・5勝とかなり堅実に走る血統です。様々なタイプの父にも対応できる母系ですので、スクリーンヒーローでも面白そうですね。穴指名にはピッタリです。

調教はすべて馬なりですが、1週前に南Wで82.2-67.0-52.0-37.9-12.9と楽に水準をクリアしていますので、秘めている能力はやっぱり高そうですよ…!!






以上が10/21(日)の注目馬でした。
気になる馬は見つかりましたか?


それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました。



関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年