ロードカナロア産駒(牝馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



こんにちは

先日のオークスは見どころが盛りだくさんのレースでしたね!!
勝利したアーモンドアイの異次元の走りには衝撃を受けるばかりです。。
初年度から牝馬3冠候補を生み出すロードカナロア産駒は本当に強力ですね


…今回はそんなロードカナロア産駒の牝馬からピックアップした6頭を紹介します。






<1.POG2017-2018主な活躍馬(ロードカナロア産駒の牝馬)>


●アーモンドアイ
桜花賞と優駿牝馬を圧勝し、牝馬クラシック3冠候補へと名乗りを上げる。
出走した5レースのすべてで上がり3F最速をマークしており、秋華賞も相手探しとなるか。

●アンヴァル
2歳スプリント路線で3連勝。距離を延長したフィリーズレビューでも4着に健闘した。
桜花賞は大敗となったが、スプリント路線に戻れば再度活躍が期待できる。






<2.POG2018-2019注目馬>


●ベルクワイア
父:ロードカナロア 母:スカーレットベル

厩舎:国枝栄(美浦) 馬主:キャロットファーム 生産者:ノーザンファーム

私の注目度:80  みんなの注目度:100   活躍信頼度:70
優良血統値:80    未知魅力度:60


*MEMO*
アーモンドアイと同様な国枝厩舎×ノーザンファームのラインですね。
日刊競馬POGでは、すでに指名者の数が100名を突破している人気馬です

通算5勝の母スカーレットベルの6番仔となります。
半兄には、昨年まで重賞戦線で何度も馬券に絡んできたダノンリバティがいますね。
半姉のクロフネ産駒フォンターナリーリもダート路線ですが、オープン入りを目前としています
ダート色の強い牝系ではありますが、ロードカナロア産駒であれば芝の適正も十分にあるでしょう。
6/17の東京開催マイル条件でのデビューを予定しているそうなので、すぐに走る姿が見れそうですね。






●エスタジ
父:ロードカナロア 母:マリーシャンタル

厩舎:木村哲也(美浦) 馬主:吉田勝己  生産者:ノーザンファーム

私の注目度:75  みんなの注目度:50   活躍信頼度:60
優良血統値:90    未知魅力度:60


*MEMO*
木村厩舎のロードカナロア産駒は、今シーズンにステルヴィオが大活躍していますね。
今年もとても勢いのある厩舎ということで、信頼度も高くなっています

母マリーシャンタルは名牝ダイナカール一族で、なんとエスタジはその11番仔になります。
兄弟たちの半数が複数の勝利を挙げており、母の繁殖力が確かであることが伺えますね。
半兄ランガディアは9番仔ですが、そのうち重賞に顔を出してきそうなくらい素質がありますからね。
まだまだ見限れない一族ですので、一発に期待しての指名をしてみるのもいいかもしれませんよ!!




●レーヴドゥラメール
父:ロードカナロア 母:レーヴディソール

厩舎:松下武士(栗東)  馬主:サンデーレーシング  生産者:ノーザンファーム

私の注目度:60  みんなの注目度:80   活躍信頼度:40
優良血統値:100    未知魅力度:80


*MEMO*
レーヴドスカーの牝系であるレーヴディソールの2番仔ですね。
初仔のアラバスターは池添厩舎でしたが、こちらは松下厩舎とのタッグになります。

母レーヴディソールは、阪神JFを勝利するなど通算4勝を挙げています。
怪我により4歳での引退となってしまいましたが、2歳時のインパクトのある走りは多くのファンを虜にしました。
レーヴドゥラメールにも母の高水準な能力が受け継がれていることでしょう。
松下厩舎は重賞実績が少ないですが、この大きなチャンスを逃さないで頑張って欲しいですね。
デビューは秋くらいになるでしょうか。素質は間違いないはずなので、順調にいけば活躍してくれるはずです






●スカーヴァティ
父:ロードカナロア 母:クッカーニャ

厩舎:西園正都(栗東)  馬主:サンデーレーシング  生産者:ノーザンファーム

私の注目度:70  みんなの注目度:40   活躍信頼度:30
優良血統値:60    未知魅力度:80


*MEMO*
続いて今月にヴィクトリアマイルをジュールポレールで見事勝利した西園厩舎の一頭です。
母は芝中距離でオープン入りまで通算5勝を挙げたクッカーニャ。
1400mから1800mまでの条件で勝ち鞍があり、東京で1600万条件を勝ち上がっていますから実力がありますね。

kingmambo3×4のクロスもなかなか面白そうなポイントですね。
馬体を見る限り、マイルあたりに適正がありそうな体型をしています。
POG人気はかなり控えめですが、活躍の可能性は十分に秘めている一頭だと思います






●ロンギングエレン
父:ロードカナロア 母:ダイワパッション

厩舎:---  馬主:---  生産者:田上徹

私の注目度:80  みんなの注目度:60   活躍信頼度:40
優良血統値:70    未知魅力度:80


*MEMO*
こちらは今シーズンの皐月賞を制覇したエポカドーロの半妹ですね

母ダイワパッションが産んだ、6番仔にして初の牝馬にもなります。
母はダイワメジャーとの仔を4頭産んできましたが、いまいち結果を残せませんでした。
しかし、父がオルフェーヴルに変わったエポカドーロがいきなり皐月賞制覇ですから面白いですよね
父がロードカナロアとなったロンギングエレンにもかなり期待して良いと思いますよ。
まだ厩舎・馬主ともに決まっておらず、情報も少ない馬ではありますが、魅力はたっぷりです。






●レッドシルヴァーナ
父:ロードカナロア 母:シルバーフォックス

厩舎:松田国英(栗東)  馬主:東京ホースレーシング  生産者:ノーザンファーム

私の注目度:80  みんなの注目度:75   活躍信頼度:60
優良血統値:60    未知魅力度:60


*MEMO*
最後は松田国英厩舎から期待のロードカナロア産駒となります。
母はクロフネ産駒の通算1勝馬シルバーフォックスです。
父ロードカナロア×母父クロフネの組み合わせでは、今シーズンにレッドレグナントがなかなかの結果を残していますね。
全姉のレッドシャーロットはフィリーズレビューでは7着でしたが、勝ち馬との差は0.4秒に加えて、上がり3F2位をマークしていますからとても良い脚を持っています。

馬体は牝馬ながら500kgを超えており、すでに完成度が高く迫力満点です
現在はゲート試験合格に向けてのメニューを順調に消化しているようですよ~。
松田厩舎×東サラの注目ラインですので、今後の動向に注目です!!






以上がロードカナロア産駒からピックアップした6頭でした。
牡馬・牝馬ともにクラシック級を出してくる種牡馬なので、必ず押さえておきたいところですね!!
ちなみに私はこちらで紹介したアカネサスを指名しています


それでは、最後まで見てくださりありがとうございました

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年