【10/6(土)】土曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【サトノアクシス・ランブリングアレー・ブーザーなど】



こちらの記事では、10/6(土)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!

今週からはいよいよ東京・京都開催が始まります!各厩舎の最有力馬も続々と出てくるようで、大注目ですね…!!


▧ ページ案内 ▧ 


1.京都4R ダート1400mデビューの注目馬

▧クインズローズ
▧リリーエンデヴァー

2.京都5R 芝1600mデビューの注目馬

▧サトノアクシス
▧ランブリングアレー
▧アルポルト
▧クロスペンデュラム
▧スウィートミーティア

3.阪神5R 芝1400mデビューの注目馬

▧ブーザー
▧レディグレイ
▧サクラデュエル




1.阪神4R ダート1400mデビューの注目馬



●クインズローズ(牝)
(想定)騎手: 福永祐一

▧父名▧ ヘニーヒューズ
▧母名▧ ケイアイガーベラ
▧母父▧ Smarty Jones

▤厩舎▤ 平田修(栗東)
▤馬主▤ 亀田和弘
▤生産▤ 隆栄牧場


クインズローズの情報・事前評価


◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ A+


「ケイアイノーテックよりも馬格がある。」

◎馬体重は480kg~490kgとベスト。
○母ケイアイガーベラは、ダート重賞2勝を含む通算9勝馬。
◎1つ上の半兄ケイアイノーテックは、今年のNHKマイルCを制覇した非常に能力の高い馬です。

ケイアイノーテックの妹がダート路線でデビューですね。母はダート路線で9勝の実力馬ですから、父がヘニーヒューズに変わるのはむしろプラスかもしれません。マイル王の次はダート路線で活躍馬を出しても全くおかしくない血統で楽しみですね…!!

調教では、意外に動けておらず時計も出ていません。まだ終いの伸びも甘いですし、余裕を感じられない動きです。





●リリーエンデヴァー(牡)
(想定)騎手: 荻野極

▧父名▧ ノヴェリスト
▧母名▧ ハイリリー
▧母父▧ アグネスタキオン

▤厩舎▤ 荒川義之(栗東)
▤馬主▤ サンデーレーシング
▤生産▤ 追分ファーム


リリーエンデヴァーの情報・事前評価


◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ A


サンデーレーシングからはノヴェリスト産駒のリリーエンデヴァーが登場。母ハイリリーは芝の中距離で3勝を挙げた実績があり、非常にキレ味鋭い脚の持ち主でした。そんな母の初仔ということもあり、どのような走りをするか非常に気になります。馬体に素軽さもありそうで、血統的には芝でも大丈夫でしょう。

こちらも調教では終い13秒台後半~が多く、伸びきれていないですね。パワーが不足している印象を受け、現状では芝の方が合っていそうな感じがします。



2.京都5R 芝1600mデビューの注目馬



●サトノアクシス(牝)
(想定)騎手: 福永祐一

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ ヘアキティー("G1"horse)
▧母父▧ Wildcat

▤厩舎▤ 藤原英昭(栗東)
▤馬主▤ サトミホースカンパニー
▤生産▤ ノーザンファーム


サトノアクシスの情報・事前評価


◈総合評価◈  A
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  B-
◈ライン評価◈ S
◈未知魅力度◈ A+

○馬体重は430kg前後とやや小柄。
△母父・母系の実績が皆無のため、信頼度は低い。

このレースの最注目馬は、藤原厩舎のサトノディープ産駒であるサトノアクシスですね。セレクトセールでは1億6,740万円という高額で落札された素質馬で、母は米国の短距離ダートG1を勝利した実績があります。パワーよりもスピードに長けたタイプでマイルまでの距離が向きそうな血統。最終追いはCWで51.9-37.6-12.0(馬なり)という好時計をマークしており、スピード能力の高さが伺えます。

最終追いはCWで51.9-37.6-12.0を馬なりでマーク。1週前にはCWで終い11.9秒をマークしていて好印象です。さすが素質馬といった動きで、初戦から大コケはなさそうです。





●ランブリングアレー(牝)
(想定)騎手: 浜中俊

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ ブルーミングアレー
▧母父▧ シンボリクリスエス

▤厩舎▤ 友道康夫(栗東)
▤馬主▤ 社台レースホース
▤生産▤ 社台ファーム


ランブリングアレーの情報・事前評価


◈総合評価◈  A+
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  S
◈ライン評価◈ A+
◈未知魅力度◈ B


◎馬体重は460~470kgとベスト。
○母ブルーミングアレーは、10'フローラSで3着に入り優駿牝馬への出走も果たしたオープン馬です。
○叔父にトーセンラー・スピルバーグが名を連ねるプリンセスオリビアの米母系。
○ディープインパクト×シンボリクリスエスは、アドミラブルやレトロロックなどと同配合。


1週前の調教では、CW82.3-65.6-51.0-37.5-12.8(一杯)をマークしています。時計の出にくい馬場なのにも関わらず、4ハロン65秒台はとても優秀。ディープインパクト産駒なので、実戦でもその動きの良さを発揮できる可能性が高いですね。キレキレな脚というよりは、力強さが目立つパワー系の末脚を使うタイプであると思います。

兄弟のディープ産駒のデビュー時の馬体重は、姉のフロレットアレーが408kg、兄トルネードアレイが440kgで物足りない印象がありました。一方で、ランブリングアレーは470kgという迫力十分の馬格を誇りますので、かなり期待できそうです。





●アルポルト(牝)
(想定)騎手: 北村友一

▧父名▧ ルーラーシップ
▧母名▧ ガラアフェアー
▧母父▧ ダイワメジャー

▤厩舎▤ 須貝尚介(栗東)
▤馬主▤ 黒川暁子
▤生産▤ ノーザンファーム


アルポルトの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ S

「走りそうな感じがある。」

○馬体重は450kg前後と標準。
○ヴィクトワールピサ・ローブティサージュを輩出した母系の出身。

須貝厩舎×ノーザンファーム生産となかなか良好なラインのルーラーシップ産駒。母父はダイワメジャーということもあり、スピード能力も高いようです。1週前追い切りでは、CWで66.9-51.6-38.1-12.6(仕掛)と水準以上の時計を出しています。4週連続で僚馬に先着しているのも良いですね。距離の融通も利きそうな血統で、穴指名に適している一頭でしょう。





●クロスペンデュラム(牝)
(想定)騎手: 藤岡佑介

▧父名▧ ロードカナロア
▧母名▧ ザレマ("G3"horse)
▧母父▧ ダンスインザダーク

▤厩舎▤ 角田晃一(栗東)
▤馬主▤ 吉田照哉
▤生産▤ 社台ファーム


クロスペンデュラムの情報・事前評価


◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ B+


母ザレマは、多くの重賞で入着経験のあるG3ホースです。破竹の4連勝でオープン入りを果たしたミッキーオリビエを輩出していますね。父の適性が強く出る血統なので、高いスピード能力と安定感に期待ができます。

1週前の芝追いでは、64.4-54.1-40.0-12.6(馬なり)と不良馬場も苦にしない走りを披露しており上々の仕上がりです。





●スウィートミーティア(牝)
(想定)騎手: 加藤祥太

▧父名▧ ルーラーシップ
▧母名▧ ホワイトミーティア
▧母父▧ ゼンノロブロイ

▤厩舎▤ 庄野靖志(栗東)
▤馬主▤ 伊東純一
▤生産▤ ノーザンファーム


スウィートミーティアの情報・事前評価


◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ A


ルーラーシップ×母父ゼンノロブロイは、パイオニアバイオが重賞制覇を目の前にした配合で気になります。祖母のガヴィオラはアメリカの芝1800mG1を勝利していますし、芝適性は問題なし。ラインも良好ですし、坂路ではラスト3ハロン38秒台を3週連続で出していてなかなか良さそうですよ。



3.東京5R 芝1400mデビューの注目馬



●ブーザー(牡)
(想定)騎手: J.モレイラ

▧父名▧ マンハッタンカフェ 
▧母名▧ マンドゥラ
▧母父▧ Danehill Dancer

▤厩舎▤ 堀宣行(美浦)
▤馬主▤ 金子真人ホールディングス
▤生産▤ ノーザンファーム


ブーザーの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ S
◈未知魅力度◈ A+


「初戦から好勝負。」

○馬体重は510kg前後と大型気味。
◎堀厩舎×金子真人HD×ノーザンファーム生産という鉄板ライン。
○母系には、フランスとイギリスのG1レースを制したManduroや、ワールドエースなどがいます。幅広い舞台で活躍ができる一族ですね。
△母父Danehill Dancerは、まだ日本での実績が少なく信頼度という点には劣ります。


うちの看板馬さま(日刊POG指名馬)がついに登場します…!ラインに関しては申し分がなく、"大酒飲み"から由来する馬名にも大物感を感じます。不安点があるとすれば、母父実績の少なさでしょうか。1400mから使うというのは、手薄なところで確実に新馬勝ちを…という考えであると勝手に解釈しています。楽しみです…!





●レディグレイ(牝)
(想定)騎手: C.ルメール

▧父名▧ キンシャサノキセキ
▧母名▧ ティフィン
▧母父▧ トワイニング

▤厩舎▤ 宗像義忠(美浦)
▤馬主▤ キャロットファーム
▤生産▤ 社台コーポレーション白老ファーム


レディグレイの情報・事前評価


◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  C
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ A


母父はトワイニングとダート向きの印象ですが、母系からはアルナスラインなど芝での活躍馬も出ています。1週前追いは、南Wで54.2-40.3-13.2(一杯)と水準級の時計を出しており態勢は整っているでしょう。





●サクラデュエル(牡)
(想定)騎手: 横山典弘

▧父名▧ メイショウサムソン
▧母名▧ サクラメガ
▧母父▧ サンデーサイレンス

▤厩舎▤ 金成貴史(美浦)
▤馬主▤ さくらコマース
▤生産▤ 谷岡スタット


サクラデュエルの情報・事前評価


◈総合評価◈  C-
◈調教評価◈  D
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ B-
◈未知魅力度◈ B+


"サクラ"一族のこちらはG2ホースであるサクラメガワンダーやサクラアンプルールの弟になります。ラインに関してもすべて同じで、父がメイショウサムソンになりました。非常に優秀な母ですが、11番仔というのは流石に厳しい…なんて思いつつも、、応援したい一頭です。







以上が10/6(土)の注目馬でした。
気になる馬は見つかりましたか?


それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました🎶

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年